コロナウイルス感染拡大の影響を受け、おうちで過ごすことが多くなってきた中、少しでも有意義な時間を過ごせるようにと、多くの方が工夫されているかと思います。

 

そんな中、特に需要が増えつつあるのが、「家飲みコーヒー」。

 

宝島社が発行する雑誌『MonoMaster』6月号では、”家で楽しめるコーヒー”を紐解き、コーヒーの基本的な知識はもちろん、コーヒー豆の選び方やコーヒー豆の挽き具合、淹れ方まで、たっぷり計40ページのボリュームで特集が組まれています。

大特集・珈琲の教科書

自宅で究極の一杯を嗜む、珈琲の教科書と題しており、家で味わう名店の豆、使うほど愛着が湧く道具、美味しく淹れる極意まで、プロが詳しく解説してくれています。

 

これまでコーヒーをドリップして飲む習慣がなかった人でも、どの器具を購入すればよいのかや、コーヒーを抽出する際のコツなどもレクチャーされているため、この一冊ですぐにコーヒーフリークになれるコンテンツが盛りだくさん。

 

お家で過ごす時間が多くなり退屈に感じてる方がいらっしゃいましたら「家飲みコーヒー」は、気軽に始められるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか? 美味しいコーヒーを飲めば、気持ちもリフレッシュされるのでおすすめです。

 

 

 ■宝島社の雑誌 MonoMaster(モノマスター)

宝島社が発行する大人のモノ雑誌「MonoMaster(モノマスター)」(毎月25日発売)は、本物”を愉しむ大人のモノ雑誌をコンセプトにした月刊誌です。

 

※過去のバックナンバーはこちら。

 

 

最新号の表紙は、俳優の佐々木蔵之介氏。渋くてカッコ良い、大人俳優の代表格ですよね。

オンラインでも購入可能です。

created by Rinker
宝島社
¥8,042 (2022/06/30 20:26:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

読んでみて……

宝島社からのご好意で送って頂けたので、GWの間に読ませていただきました。

 

さすが、モノマスターというだけあって、「素敵!」と思うようなグッズが沢山載っています。また著名な方々の家飲みコーヒーシリーズはコーヒーが主役なんだけど、みなさんの自宅のインテリアが、めちゃくちゃどれもセンスがよくて真似したくなります。

 

まだまだ他にも、個人的には、町田康さんのコラムが読めて嬉しいのと、特集のコーヒー以外に大人な男性がチョイスしてほしい粋なスーツや時計、車の紹介がずらり。

 

タケオキクチの長財布は、収納がたっぷりなのでカード整理用として重宝しそう。

 

モノマスター6月号は、まだまだコンビニで販売しているので、気になる方は、ぜひご購入を。

関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • 台湾カステラ専門店「台楽蛋糕(タイラクタンガオ)」が東急プラザ銀座にオープン!台湾淡水の老舗の味を再現!
  • Decaf&Co_main
    コーヒーのスタートアップが作る、カフェイン量のコントロールをテーマにしたデカフェのD2Cブランド『Decaf & Co.』正式販売を開始。
  • ニュージーランド発 オールプレス・エスプレッソにてバレンタイン・ホワイトデー限定クリームキスを販売!
  • コーヒーのサブスク「PostCoffee」が大型アップデート!世界中のコーヒーからあなたの好みを届けるサービスへ
  • 新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1
    新生coresの“本気”が詰まった『ゴールドコーンフィルター&サーバー』でコーヒーライフを豊かに!/cores新製品レビューVol.1

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう