coffee

キャンプやバーベキュー、アウトドアスポーツでコーヒーを楽しみたい! 景色や空気の良いところで飲むコーヒーは格別ですよね。

 

しかし、なにかと不便なアウトドアの環境では、思い通りにコーヒーを美味しく入れるのは難しいもの。そんな悩みを持つ方に向けて、今回は、アウトドアでコーヒーを楽しむためのコツをお教えします。

 

関連記事:【エアロプレスが活躍!?】アウトドアでコーヒーを楽しむいくつかの方法

アウトドアコーヒーのコツ〜外でこそ温度管理をキッチリと〜

アウトドアでコーヒーを淹れる時、ほとんどの場合ドリップ方式になるでしょう。そして、ドリップで美味しいコーヒーを淹れる時に大事なのが「お湯の温度」です。

 

お湯の温度が高ければ酸味を出しやすく、逆に温度を低くすれば酸味は出づらくなります。豆の個性や自分の好みで調整してみると、安定して美味しいコーヒーを淹れることができるでしょう。

 

アウトドアで楽しむ際は特に、いつも使っているドリップセットはかさlばるので持ち出せないという場合が多いと思います。ドリップケトルは大きいので、アウトドア用のクッカーでお湯を注いだり、折りたたみ式のドリッパーを使ったり…… その際、デジタル温度計をツールに加えること!

 

サイズも重量もそれほどないのに、温度を守ることができるので、コーヒーの失敗は大幅に減らせるでしょう。

アウトドアコーヒーのコツ〜肩肘張らずにドリップパックを使ってみよう〜

アウトドアでのコーヒーは、仲間にも振舞って一緒に楽しみたい! という場合も多いですよね。そんなとき、ついついコーヒーファンのコダワリが出て、手間のかかるコーヒー作法を踏んでしまう人は要注意。周りの人に「そんなにこだわってくれなくても……」なんて思われてしまってはせっかくの雰囲気も台無しですよね。

 

最近では、スペシャルティコーヒーを使用したプレミアムなドリップバッグが気軽に手に入るようになりました。挽きたてコーヒーとは少し違うかもしれませんが、驚くほど美味しいものもありますので是非ともお試しあれ。

 

関連記事:【おしゃれギフトに最適】おすすめコーヒードリップパックを紹介します!

アウトドアコーヒーのコツ〜アイスコーヒーは自宅で淹れるのもアリ〜

夏のアウトドアではアイスコーヒーが大活躍! 美味しいアイスコーヒーを飲むには、何も旅先でドリップする必要はありません。

 

アイスコーヒーは自宅のしっかりとした環境で淹れ、氷を入れずに保温性のある水筒へ。旅先でロックアイスなどとグラスに注いで飲みましょう。暖かいコーヒーと違い、アイスコーヒーは水筒内での劣化が少ないのです。そのため無理にその場で淹れるよりも、慣れた自宅で淹れた方が安定した美味しいコーヒーになりやすいと言えるでしょう。

 

関連記事:水出しコーヒーってアイスコーヒーと何が違うの?

アウトドアコーヒーのコツ〜まとめ〜

不便な環境だからこそ、手間や荷物をいかに減らして美味しいコーヒーを淹れられるかがキモです。コダワリと美味しさのバランスがアウトドアコーヒーの奥深いところでしょう。

 

とはいえ、不便さを楽しむのもアウトドアの醍醐味。じっくり時間をかけてコーヒーを淹れる動作自体を楽しむのもまた魅力的なのかもしれません。同行する仲間や楽しみ方によって使い分けられると、あなたはもはやアウトドアコーヒーの上級者でしょう。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 意外や意外のくり返し!日本のカフェの歴史とは
  • コーヒーを飲んだあとに動悸を感じたら要注意!その原因や対処法・治し方を解説します
  • コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。
  • 蓄音機
    相性バッチリ! コーヒーを飲みながら聴きたいジャズ10選
  • hawaii
    コナコーヒーやカウコーヒー?ハワイに行ったらお土産に買いたいおすすめのコーヒー
  • 渋谷トップ
    老舗名店『喫茶店TOP』 渋谷駅近辺で純喫茶を巡る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
始まる恋もあれば、終わる恋もある。 今日は、私の友達の話を聞いてちょうだい。 久しぶりに会った彼女は、ずいぶんやせ細っていた。 何事にも...