“カフェ”と“喫茶店”。この二つの言葉は同じだと思われがちですが、じつは明確な違いがあることをご存知でしょうか。まずは“喫茶店”と“カフェ”の言葉の成り立ちから解説します。

“喫茶”という言葉は約千年前から使われていた?

喫茶店と聞くと『ひと昔前のカフェの呼称』というイメージを持っている人も多いかと思います。“喫茶”という言葉は調べてみるとひと昔前どころではなく、なんと鎌倉時代から使われていたと言われています。

 

当時の意味としては“緑茶を飲んで、その効用を得ること”や“お茶の習慣や作法”を指す言葉だったそうです。現在では緑茶だけではなく、コーヒーや紅茶も喫茶にカテゴライズされ、それを提供する店、つまり“喫茶店”になったというわけです。

日本のカフェの原型「カフェー・プランタン」はどんなお店?

“カフェ”という言葉が日本で使われるようになったのは明治の終わり頃とされています。明治44年、東京・銀座で「カフェー・プランタン」というお店が誕生しました。プランタンはパリのカフェをモデルにしており、そのモダンな造りが評判を呼び全国各地にカフェが誕生しました。

 

しかし、当時のカフェはコーヒーよりもアルコールの提供を中心としており、現在のカフェとは異なる業態だったとされます。そして、90年代後半、シアトル系カフェの台等により、日本でも現在に続くカフェ文化が浸透しました。

 

いよいよ本題!カフェと喫茶店の違いとは?

“喫茶店”と“カフェ”の呼称の成り立ちを解説しましたが、この二つの言葉は具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?それは“提供できる飲み物”に違いがあります。

 

喫茶店で提供できる商品はコーヒーや紅茶等の飲み物、菓子やフルーツ、軽食に限定されますが、カフェはこの他にもアルコール類の提供も可能になります。

喫茶店を営業する場合は「喫茶店営業許可」の申請が必要となり、

カフェを経営する場合は「飲食店営業許可」の申請が必要になります(前者の申請のほうが通りやすい)。

 

このように営業許可は区分されていますが、屋号に「喫茶店」または「カフェ」と名乗ることに規定はありません。

 

たまに耳にする純喫茶ってどんな喫茶店?

日本で始めて“カフェ(カフェー)”と名乗ったのは「カフェー・プランタン」と解説しましたが、先述したようにプランタンはアルコール類の提供が中心で、カフェというよりバーのような空間だったそうです。

「このようなカフェは本来のカフェではない」ということから誕生したのが「純喫茶」と呼ばれるものです。

純喫茶はアルコールの提供はせず、コーヒーを中心とした喫茶店で現在の“喫茶店”“カフェ”の原型になったと言われています。

 

若者はそんな言葉を使わない

一回り年下の知人との会話中「うわぁ、ジェネギャっすね」と言われた。僕はよく聞き取れず「じぇね...ってなに?」と問うと、彼は「ジェネレーションギャップの略っすよ」などと言うではないか。

 

僕が続けて「ふぅん、ジェネギャプねぇ」と言うと、「いやいやいや、ジェネギャプじゃなくて、ジェネギャ。ジェネギャプなんて言ったらかなり寒いっすよ」と言われてしまった。

 

そもそも僕の若い時分、ジェネレーションギャップという言葉を使っていることが最先端だった。少し年上の人間と話しては「うわぁ、ジェネレーションギャップっすね」と嘲笑っていたことを思い出した。しかし中年となった僕は、逆に青年から嘲笑われる対象となっていたのだ。

悔しさからだろうか?

僕は廃れかけているジェネレーションギャップという言葉を守りたい心境に駆られていた。

 

ところで、今「喫茶店」という言葉も廃れかけている。きっと若者たちは「カフェ」などと西洋かぶれの言葉を好んで使っているのであろう。先ほどの一回り年下の知人に「君は喫茶店のことをカフェと呼ぶか?」と問うたところ、「どっちも言わないっすね~。普通スタバとか店名とかで言うんじゃないっすかぁ?」と言われてしまった。

その通りだ。若者とは流行の言葉を使うというより、使いやすい言葉を柔軟に使う。僕は凝り固まってしまった頭を掻きながら、ただただ彼の前で笑うしかなかった。

 

関連記事:老舗名店『喫茶店TOP』 渋谷駅近辺で純喫茶を巡る

関連記事:路地裏、魅惑の喫茶店を巡る旅―渋谷区 幡ヶ谷編―

関連キーワード
  • カフェイン
    【飲み過ぎダメ絶対!?】ブラックインソムニアコーヒーに迫る
  • もうすぐ夏だからこそ「コーヒーと水筒」の選び方を考えてみた
  • 渋谷変なカフェ
    馴れ馴れしい接客無し! というより従業員無しの『変なカフェ』に行きました。
  • thirdwave
    知ったかぶり厳禁!今更聞けないコーヒー業界のサードウェーブってなに?
  • 簡単アレンジ自在!コーヒー酒の作り方とその楽しみ方
  • 【男の体験記】マシュマロ・コーヒーの作り方|思い切って大胆アレンジしてやったぜ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
なんだかなぁって思うことって、生きてると誰にでもあるわよね。 しかも、聞いてるだけで虫唾が走る話も、なかなかあったりなかったり。 今日はね、...
カフェっ子リカちゃん
子供連れが集まる街ってあるわよね。 この前、同じ地元の友達と映画を観にいったんだけど、その街がまさにそんな感じでね。家族が遊びに来る街を想...
カフェっ子リカちゃん
嘘の味は、苦い。珈琲みたいって言う人もいるけど、そんなことない。 珈琲はもっとコクのある苦味で、深みもある。そんな嘘だとしたら、珈琲に例えて...