cafe

カフェのメニューでよく目にする水出しコーヒーですが、ドリップアイスコーヒー(以下アイスコーヒー)といったい何が違うのか、疑問に思う方も多いでしょう。

 

一見同じに見えるこの2種類のコーヒー、実は抽出方法に大きな違いがあるのです。

 

今回は、2つの冷たいコーヒーの抽出の仕方についておはなしします。

ゆっくりと時間をかけて抽出される水出しコーヒー

cafe

アイスコーヒーはあらかじめ作っておいた濃い目のコーヒーに氷を入れ、急速に冷やして作ります。

 

それに対して水出しコーヒーは専用の器具を使い、最初から冷たい水でゆっくりと時間をかけて作ります。その時間は約8時間から12時間とおよそ半日くらい。

 

じっくりと時間をかけて抽出されるため、豆の成分がたっぷり溶け込んでいます。そして、水出しコーヒーとアイスコーヒーの抽出方法の違いは、それぞれの味にも違いをもたらします。

 

ゆっくり時間をかけて抽出される水出しコーヒーはえぐみも無くまろやかな味わい。その口当たりの良さは、今までコーヒーが苦手で飲めなかった方も、あっさりと飲めてしまうくらいです。

 

また、一見作り方が難しそうに見える水出しコーヒーですが、その作り方はとっても簡単!

専用のポットがあれば自宅でも気軽に楽しめます。日持ちもするので、一度にたくさんの量を作ってもOK!冷蔵庫にしまっておけばだいたい1週間は保存できます。

自宅で作る水出しコーヒー・アイスコーヒーは豆と焙煎がポイント!

カフェで出される水出しコーヒーは特別な器具を使って抽出されていますが、ウォータードリップコーヒーサーバーなどの器具さえあれば、自宅でも簡単に作れるのです。また、自宅で冷たいコーヒーを作るときは、酸味の少ない豆を選ぶのがポイント。

 

アイス用に向いている豆は

 

・ブラジル

・インドネシア

・コロンビア

 

こちらの原産国の豆は、酸味が少ないうえに苦味がしっかり出てコクもあるのが特徴で、冷たいコーヒーを作るのに向いています。

 

また、豆の焙煎もより深いタイプがおすすめ。焙煎には段階が8つあり、焙煎をかけるほど苦味とコクが増していきます。冷たいコーヒーにはかなり深煎りした「フレンチロースト・イタリアンロースト」が適しています。

 

水出しコーヒーは最初から冷えているので、氷を入れて冷やす必要がなく、溶けた氷で中身が薄くなることもありません。最後まで味が濃い状態で楽しめるのがとても魅力的なコーヒーです。

どちらのコーヒーを選ぶかはあなた次第

温かい濃い目のコーヒーを冷やして作られるアイスコーヒー。

冷たい水でゆっくり時間をかけて作られた水出しコーヒー。

 

日常の苦みを忘れてさっぱりしたい気分…そんなときは水出しコーヒーを選んでみると良いかもしれません。

 

どちらを選ぶかは、好み次第。今日のあなたはどっちの気分?

 

 

 

 

 

 

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • coffee_beans
    コーヒーの知られざる歴史。日本にコーヒーが広まった理由とは?
  • 酸味?コク?香り?コーヒー豆の種類について知る
  • コーヒーの成分
    焙煎時間で変化する?コーヒーに含まれる成分の不思議
  • 『コーヒー品種一覧』豆が改良を繰り返す理由とは?【アラビカ種・ロブスタ種などの特徴】
  • 自宅でアイスコーヒーをおいしく作るための3つのポイントは?
  • コーヒーワークショップ入門のススメ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前の続き。 私の仲良しの女友達の話なんだけど。この前までのをざっくり話すと長年(8年も)付き合った彼を振って、職場の後輩と結婚した彼女...