~名古屋初の公園内店舗で、Bianchi(ビアンキ)とコラボのサイクルカフェ~

 

タリーズコーヒージャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社⾧:小林義雄、以下:タリーズコ ーヒー)は、9 18 日(金)に、名古屋の新しいシンボルとしてオープンする「RAYARD Hisaya-odori Park 内に、「タリーズコーヒー RAYARD Hisaya-odori Park 店」をオープンします。 同店舗は、タリーズコーヒーで6店舗目の公園店舗で、名古屋では初となります。

イタリアの自転車メーカー『ビアンキ』とコラボ

RAYARD Hisaya-odori Park」は、公園と店舗が一体となった施設です。

 

同店舗においては、イタリアの高 級自転車メーカー『ビアンキ』とコラボし、自転車とカフェを融合させたサイクルカフェとして展開、タリー ズとビアンキのコラボは 2018 年オープンのプレイアトレ土浦に続いて 2 例目となります。

 

店舗デザインは、海外のガレージをイメージした開放的な空間で、ビアンキのツールドフランス使用モデル の自転車や選手のサインジャージなどを展示したほか、ビアンキのイメージカラーである青緑色「チェレステ カラー」を随所に採用しています。

 

さらに、外の気持ちよさを感じていただけるテラスや、バイクスタンド、 ドッグポールも完備し、公園、自転車、カフェの融合を存分にお楽しみいただける特別な空間に仕上げました。

■自転車コラボのグッズやイベントを展開

さらに、(タリーズ サイクルカフェ)でしか手に入らない限定グッズを販売するほか、ビアンキの新車お 披露目会や自転車乗り方講座など、ここならではのイベントも計画しています。

(左)「スタウト エア(ブラック)」 1,900 円+税 (右)「バキュームフラスク ステム(シルバー)」4,000 円+税 。サイクリング時にはもちろん、アウトドアにもおすすめな 限定ボトル。

タリーズコーヒーでは、地域社会に根差したコミュニティーカフェとなるを理念に、各店がご来店いただく お客様や地域特性に合わせた店舗づくりを続けています。

 

同店舗も、公園をご利用になるお客様や地元の方々 に親しまれるお店をめざして、寛ぎのひと時をご提供いたします。

【店舗情報】

店舗限定ドリンク「ヨーグルトスムージー マンゴー」 トールサイズ 680 円+税。 ヨーグルトと豆乳のスムージーで、トロトロの食感が特徴。 マンゴーの優しい甘さが感じられます。

 

■店  :タリーズコーヒー RAYARD Hisaya-odori Park

■所  :愛知県名古屋市中区丸の内三丁目 18 11

■先  :66 (全席禁煙)

■店舗面積 :50

■営業時間 :全日 10:00-19:00

 

 

関連キーワード
  • ニューヨークコーヒーフェスティバル
    コーヒー好きなら一度は行ってみたい!The New York Coffee Festivalの魅力に迫る
  • KINTOの新作『DAY OFF TUMBLER』が登場
    いつも持ち歩きたくなるかわいさ!KINTOの新作『DAY OFF TUMBLER』が登場
  • 金属加工品の最高峰・TSUBAMEブランドの手挽きミル『コーヒーピクニック』
  • セラフィルター01
    『有田焼のセラフィルター』布や紙のフィルターを使わないコーヒーフィルター
  • 「Scrop COFFEE ROASTERS 青山店」 コーヒー定額制サービスを期間限定でスタート!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう