コーヒーマグとシガレット

コーヒーを飲むとタバコが吸いたくなる人や、タバコを吸うとコーヒーを飲みたくなる人も多いのではないでしょうか。一般的に、コーヒーとタバコの相性は抜群に良いといわれています。

 

そこで本記事では、コーヒーとタバコの相性が良い理由と、コーヒー好きな人が禁煙すべき理由について詳しくご紹介します。

 

関連記事:コーヒーが寿命を延ばす?! ドリップコーヒーが健康に良い理由とその歴史とは?

関連記事:毎日コーヒーを飲むのは健康に良い? コーヒーの成分と主な効果を解説します!

コーヒーとタバコの相性が良い理由

コーヒーとタバコ

コーヒーとタバコの組み合わせが最高においしく感じるのには、いったいどのような理由が考えられるのでしょうか。

ドーパミンが分泌されるから

「コーヒーとタバコで一服すると幸せな気分になる」、もしくは「コーヒーを飲んでタバコを吸った後は、やる気がみなぎって仕事がはかどる」といった声をよく耳にします。これは、コーヒーとタバコにドーパミンを分泌させる働きがあるからです。神経伝達物質のドーパミンには、やる気を引き出したり、幸福感をもたらしたりするほか、集中力をアップさせるなどの効果も。

 

面白いことに、そろそろコーヒーでも飲もうかと考えただけで、わたしたちの脳内ではドーパミンの生成と分泌がはじまっているといいます。そして、お気に入りのコーヒーショップや喫茶店に向かっている最中にも、ドーパミンの分泌は増えていくのだそう。さらに、タバコを吸うとニコチンがドーパミンの分泌を促して、脳の特定の部位を刺激し、達成感や快感を得られます。

カフェインの苦味に鈍感になるため

わたしたちは舌には、味蕾と呼ばれる食べ物や飲み物の味を認識する器官が1万個ほど存在します。ところが、タバコを吸うと有害物質が蓄積して、味蕾の機能を低下させるだけでなく、味蕾の再生を阻む可能性があるといいます。

 

タバコを吸っている人は、特にカフェインの苦味を検出しにくくなります。苦味に鈍感になってしまうと、苦いコーヒーでも気にせずに飲めるように。むしろ、タバコを吸って痛んだのどを潤すのに、より苦味の強いコーヒーを求める傾向があるそうです。

コーヒー好きが禁煙すべき3つの理由

タバコ

喫煙は体に悪いと知りながら、なかなかやめられないという人も少なくありません。ですが、コーヒーが大好きなら、いますぐタバコと決別すべきでしょう。ここでは、コーヒー好きな人が禁煙したほうが良い3つの理由についてご紹介します。

コーヒー本来の味を味わうため

タバコを吸う度に、200種類以上もの有害物質が含まれている煙を吸い込む訳ですから、知らず知らずのうちに味覚センサーに異常が発生するのも当然だといえるでしょう。喫煙の習慣がある人はカフェインの苦味が感じられなくなる以外にも、繊細な味の違いを楽しめなくなるのだとか。ですから、コーヒー本来の味を味わいたいのであれば、禁煙することをおすすめします。

 

ひと口にコーヒーといってもその味わいは非常に豊かで、酸味や苦味だけではなく、チョコレートやナッツの風味、スパイスやフルーツの風味、そして花の風味などがあります。たくさんの風味を楽しめるのは、コーヒー豆の種類や焙煎の度合いはもちろん、お湯の温度や淹れ方によっても味が変わるから。禁煙が成功すれば、好みのコーヒーの味も変わってくるかもしれませんね。

体に負担がかかるから

コーヒーとタバコの相性は良いものの、両方を摂取し続けるのは体に負担をかけることに。タバコに含まれているニコチンは、副腎からカテコールアミンと呼ばれる神経伝達物質を分泌させて血管収縮や血圧上昇を引き起こし、脈拍を増加させて心臓に大きな負担をかけます。

 

一般的にタバコを吸うとコーヒーが飲みたくなる人も多いようですが、コーヒーの飲みすぎはカフェインの摂取過剰を招くことに。カフェインを摂り過ぎると、不眠や吐き気だけでなく、心拍数を増加させるので心臓に負担がかかります。また、コーヒーとタバコには、それぞれ交感神経を優位にさせる作用があります。交感神経が高まった状態が長く続くと体が休まらず、消化機能や内臓機能の低下を招くといった体の不調に繋がります。

口臭がひどくなるから

残念ながら、コーヒーとタバコのコンビはわたしたちの体に負担をかけるだけでなく、口臭をも悪化させるようです。成人の口の中には、およそ300~700種類もの細菌がいて、これらの細菌が口臭の原因のひとつだといわれています。

 

じつは、コーヒーとタバコで交感神経が優位になると、唾液の水分量が減少し、粘液性の唾液が分泌されます。口の中の水分量が少なくなると、口臭を発生させる菌が口の中で増えるため、口臭がきつくなります。口臭ケアをするのも良いですが、ひどい口臭に対処するためには禁煙が効果的だといえるでしょう。

 

関連記事:健康に悪い?缶コーヒーの体への影響を徹底解明【缶コーヒーがやめられないあなたへ】

 

おいしくコーヒーを飲むために

カフェ

共に大人の嗜好品であるコーヒーとタバコですが、相性抜群とはいえ、体のことを思うなら一緒に摂取するのは控えたほうが良いでしょう。程度の差こそあれ、コーヒーのカフェインもタバコのニコチンも依存性のある物質なので、いつしか「やめたくても、やめられない」状態になってしまう恐れも。

 

どんな依存症であれ、一度依存症になってしまったら治療は難しいものです。心身ともにいつまでも健康でいるためにも、そしていつまでもおいしくコーヒーを飲むためにも、禁煙を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:コーヒー効果で健康維持。体に優しいコーヒー「豆知識」

関連記事:【コーヒー好きに最適】ダイエットコーヒーのおすすめランキング7選

 

参照サイトURL:

https://aissy.co.jp/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒー初心者が味を知る ~味覚・焙煎・豆の種類による違いとは?~
  • 自宅でアイスコーヒーをおいしく作るための3つのポイントは?
  • コーヒー豆の挽き方の種類とミル(器具)について
  • コーヒーシロップ超便利な使い道
    パンケーキにも!コーヒーシロップ超便利な使い道
  • カフェラテとカフェオレ
    今更聞けないカフェラテとカフェオレの違いとは?【知らなきゃ恥?】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう