今、家庭用のコーヒーメーカーって人気ですよね。今回は、Makuakeで先行予約販売中の3D循環ドリップ製法のコンパクトコーヒーメーカー『Brewer Mug ブリュワーマグ』が気になったのでお借りすることにしました。販売前ですが、一足早く、使い勝手も含めてレビューをお届けします。

 

『Brewer Mug ブリュワーマグ』は、イギリスのブランド『KOPIPRESSO』製で、タンブラー型のコーヒーメーカーです。特別なテクニックは必要なく誰でもどこでも、たった1分で美味しいコーヒーが淹れられる優れものとのこと。

 

USB給電タイプで、自宅はもちろん、アウトドアでも使える持ち運び可能なコーヒーメーカーです。

 

それでは、いってみましょう。

 

『Brewer Mug ブリュワーマグ』レビュー!ごついフォルムが、かっこいい。

真っ黒で、ずっしりとしたデザインは、かなりのインパクト。手にとった感じは、少し重ためですが、アウトドアで持ち運ぶには難なく持っていけそうです。

 

 

それでは、使っていきましょう。

 

使い方は、上部のノズルになっている部分を回すと、下の画像のようなコーヒーの粉を入れるカップフィルターがついているので、その中にコーヒーの粉をいれます。

 

コーヒー粉の挽き方は、中挽き程度にしてみました。説明書に分量の記載はなかったので、多めに投入。

(※商品には日本語説明書が入ります。説明書には目安分量も記載します。)

 

コーヒー粉を入れたら、蓋を閉めます。

 

コーヒーメーカーの上部にセット。これで準備完了。あとはお湯を注ぐだけ。

 

横からの写真。お湯がこぼれないようにしっかりと、セッティングしてください。

 

抽出の際に、逆さまにするので、ここできちんとハマっていないと失敗してしまいます。

 

あらかじめ沸かしておいたお湯を注ぎます。メーカーに問い合わせしたところ、おすすめのお湯の分量は、200ccが良いとのこと。

 

(推奨は200ccですが、今回300ccで作っても、とても美味しくできました)

 

上からの見た目はこんな感じ。使うコーヒーによって、お湯の量を調整。

 

USBコンセントにコードを繋げましょう。

 

 

 

コーヒーメーカーを逆さまにします。逆さまにした状態で、丸いボタンのスイッチを押します。

 

このとき、絶対に上を向けたまま、スイッチを入れないでください。吹きこぼれてしまいます!

 

そして待つこと1分。「キュ〜〜ン」という音が鳴って少しびっくりしますが、あっという間に抽出完了です。

 

上部を取り外せば、タンブラーとして飲むことが可能です。

 

スマホの電源でも作ることができるので、アウトドアでコーヒーが飲みたいときは、これさえあれば簡単に楽しむことができますね。

 

淹れたコーヒーもしっかりと抽出されて、とても美味しくいただくことができました。

 

 

最大500ccの抽出ができるので、オフィスで抽出して、他の人とシェアして楽しんでも良さそう!

 

 

Makuakeでは、2月27日まで先行予約が可能です。気になる方は、チェックしてみてください。2月16日付けで、274名のサポーター申し込みがあり、その注目度の高さが伺えます。

 

【Makuake】3D循環ドリップ製法 淹れたてのコーヒーをどこででも!コンパクトコーヒーメーカー

【Makuake先行予約販売!】3D循環ドリップ製法 淹れたてのコーヒーをどこででも!コンパクトコーヒーメーカー『Brewer Mug ブリュワーマグ』を1月16日より販売開始

 

 

 

 

 

 

 

 

関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • 『TRAVEL TUMBLER』に新サイズ500mlが登場。長時間の外出にもぴったり!
  • FirstDrip
    コーヒー生豆ECサイト「First Drop」をリリース
  • 「それぞれをそのままに」リニューアルしたcoresの新商品発表会&イベントが開催
  • 人気のドリッパー、Cores『シングルカップゴールドフィルター』に新色が登場!
    人気のドリッパー、Cores『シングルカップゴールドフィルター』に新色が登場!
  • 鋳物の重厚感がカッコイイ! ブリュワースタンドが登場

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう