コーヒーチェリー

コーヒーショップのメニューに記載されている『シングルオリジン』という言葉を、見たことある人も多いのではないでしょうか。「もったいぶったイメージだけど、シングルオリジンコーヒーって具体的にどんなコーヒーなの? 」という人のために、本記事ではシングルオリジンコーヒーの特徴をはじめ、ストレートコーヒーやスペシャルティコーヒーとの違いについてご紹介します。

 

難しい説明や細かい説明は避け、とても簡単にイメージしやすく説明していきます!

 

関連記事:至福の味?最近よく耳にするスペシャルティコーヒーとは?

関連記事:【高品質・最高峰】サードウェーブの代名詞『スペシャルティーコーヒー』の歴史と定義とは?

「シングルオリジン」のコーヒーの特徴とは?

コーヒー豆

コーヒーや紅茶にはシングルオリジンと呼ばれるタイプの製品があり、「単一産地」や「単一品種」、「単一農園」のものであることを意味します。

 

下記に、シングルオリジンコーヒーの特徴を詳しくまとめてみました。

コーヒー豆の個性が際立っている

品種が異なるコーヒー豆をいくつか混ぜて作られたブレンドコーヒーに対し、シングルオリジンコーヒーは、「1つの地域で生産されたコーヒー豆のみ」を使用したコーヒーのことを指します。例えば、ブラジルのコーヒーとひと口にいっても、地域ごとに気温は違いますし、農園ごとに土壌環境が異なります。

 

シングルオリジンコーヒーは、コーヒー農園がその地域に適した品種をその地域に適した生産方法で作るため、コーヒー豆の個性が際立っているのが最大の特徴です。

生産者の顔が見える

シングルオリジンコーヒーの特徴に、生産者の顔がはっきりわかることも挙げられるでしょう。原産国や生産地だけではなく、農園名や生産者の名前を付けて販売されているのが、シングルオリジンコーヒーなのです。

 

しかし、「シングルオリジンコーヒーが個性的なのはわかっているけれど、好みに合わなかったらどうしよう…」と思うこともあるでしょう。そんなとき、「とりあえずブレンドを頼んでおけば安心だ」となってしまうかもしれません。確かに、ブレンドコーヒーは安定した味になるよう、異なるコーヒー豆を掛け合わせて作られており、個性がダイレクトに伝わるシングルオリジンコーヒーとは違って、全体的に甘味や酸味、コクや香りのバランスが良いコーヒーに仕上げられています。

 

しかし、ブレンドコーヒーは、コーヒー生産者の顔がぼやけて見えません。「生産者が誰かなんて、たいして重要なことではない」と感じるかもしれませんが、生産者が明確であることはコーヒーの品質に大きな影響を与えます。

ストレートコーヒーとの違い

シングルオリジンコーヒーとは、似て非なる言葉にストレートコーヒーがあります。ストレートコーヒーは、同じ地域で採れたコーヒー豆を使用して作ったコーヒーのことです。シングルオリジンコーヒーはほかの農園で生産されたコーヒー豆をブレンドすることはありませんが、ストレートコーヒーの場合は、同じ地域にある違う農園のコーヒー豆をブレンドしていることがあります。

 

例えば、キリマンジャロコーヒーとは、タンザニアのキリマンジャロ山域で生産されたコーヒーのことを指しますが、この地域にはたくさんのコーヒー農園が存在します。キリマンジャロコーヒーがストレートコーヒーと呼ばれているのは、それらのコーヒー農園で生産されたコーヒー豆をブレンドして、キリマンジャロコーヒーというブランドで販売しているためです。同様に、ジャマイカのブルーマウンテンやコロンビアのエメラルドマウンテンも、ストレートコーヒーに分類されます。

シングルオリジンコーヒーを極めてコーヒー通に

コーヒー農園

シングルオリジンコーヒーのおいしさの秘密とは、いったい何なのでしょうか。

【スペシャルティとは違う?】生産者のお墨付きコーヒー

一般的に、シングルオリジンコーヒーは品質が高く、ブレンドコーヒーやストレートコーヒーなどよりも値段が高いといわれています。シングルオリジンコーヒーを販売するということは、コーヒーの味に責任を負うということ。コーヒーを生産する側にコーヒーへのこだわりと、「うちの農園で採れたコーヒー豆から作ったコーヒーはおいしい」という自信がなければ、シングルオリジンコーヒーを世に送り出すことはできません。

 

中には、スペシャルティコーヒー とシングルオリジンコーヒーは同じものだと思っている人もいるようです。当然のことながら、最近のスペシャルティコーヒーの主流トレンドがシングルオリジンであることを考えれば、勘違いをしてしまうのも無理はありません。しかし実際には、スペシャルティコーヒーの中にはブレンドも存在し、すべてのスペシャルティコーヒーがシングルオリジンコーヒーである訳ではないのです。

 

関連記事:スペシャルティコーヒーでアイスコーヒーをもっとおいしく楽しもう!

コーヒー文化を発展させるシングルオリジンコーヒー

シングルオリジンコーヒーを好んで飲む人の中には、ただ単においしいから、という単純な理由だけではない人もいるようです。シングルオリジンコーヒーを飲むことは、「コーヒー文化」のさらなる発展に繋がることになります。シングルオリジンコーヒーを支持すれば、コーヒー農園に協力できるのはもちろん、コーヒー豆の品質維持と向上に貢献できます。

いつもとは違うコーヒーを注文してみては?

海外のカフェ

これまでブレンドしか飲んでこなかったという人でも、シングルオリジンコーヒーのことを理解すれば、「ちょっと飲んでみたいかも? 」と興味が湧いたのではないでしょうか。自分好みのコーヒーにめぐり合うためには、ときには冒険も必要です。

 

いつもと違うコーヒーを注文して、お気に入りの農園や生産者に出会い、いま以上に豊かなコーヒーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:【カフェの注文で困らない】世界のコーヒーアレンジを知ろう!

関連記事:これで完璧!海外のカフェでコーヒーを注文する時に役立つフレーズをご紹介【英語・スペイン語・マレーシア語】

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【カプセル式コーヒーメーカー】ネスカフェ・ドルチェ グスト®シリーズの種類や特徴を比較しました
  • coffee
    【考察】コーヒーの値段はなぜ店によってあんなに違うのか?
  • コーヒーミル・グラインダー
    ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう
  • キャニスター入りコーヒー
    電動式?それとも手動式?家庭用コーヒー焙煎機のススメ【焙煎初心者でも大丈夫】
  • 【現役ライターも実践中】集中力が上がる「ギーコーヒー」の作り方

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう