マグを持つ女の子

焙煎する前のコーヒー生豆であるグリーンコーヒーは、健康と美容に効果的なだけではなく、ダイエットにも効果を発揮するのでは?ということで知られています。

 

ダイエット目的でグリーンコーヒーを飲むのであれば、効果を最大限に引き出す飲み方を知っておきましょう。

 

本記事では、痩せる可能性のある飲み方の5つのポイントをご紹介します。

 

コーヒー生豆
コーヒー生豆の購入はアリかナシか【生豆が秘めるメリットと魅力】
2018.10.12
一般にコーヒー豆をイメージするとその色は”茶褐色”ではないでしょうか。ご存知の人も多いかと思いますが、コーヒー豆の茶褐色は焙煎という工程を経て浮かび上がったものなのです。それでは本来のコーヒー豆の色は何色なのでしょうか? 本来のコーヒー豆は「生豆」として日本に輸入され主に焙煎所などに卸されます。生...…

ダイエットに効くクロロゲン酸が豊富

コーヒー生豆

ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、コーヒーの苦みのもとです。クロロゲン酸と一口に言ってもその種類はさまざまで、カフェオイルキナ酸・フェルロイルキナ酸・ジカフェオイルキナ酸などがコーヒー生豆に多く含まれています。

 

グリーンコーヒーはクロロゲン酸を豊富に含んでおり、ダイエット効果はこのクロロゲン酸によってもたらされます。

 

ただし、クロロゲン酸は熱に弱く、コーヒー豆を焙煎すると分解されて少なくなるという特徴があります。そのため、ダイエット目的でコーヒーを飲むのであれば、焙煎された後のコーヒー豆よりも焙煎する前の状態であるグリーンコーヒーがおすすめです。

クロロゲン酸で痩せる理由

クロロゲン酸には、脂肪燃焼を促進する働きがあります。通常、体内の脂質は肝臓や筋肉の細胞内にあるミトコンドリアの酵素の働きによって燃焼し、エネルギーに変えられます。

 

クロロゲン酸は、脂肪燃焼に関わっているミトコンドリアへの脂肪の取り込みを促進します。脂質が効率よく燃焼するのを助けるクロロゲン酸により、体脂肪を減らすことが可能になります。

 

また、コーヒーに含まれるクロロゲン酸には、すい臓から分泌される消化酵素・リパーゼを阻害する作用があります。リパーゼは血液中の中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解し、脂肪細胞内に取り込みやすくします。

 

取り込まれた脂肪酸とグリセロールは、脂肪細胞内で再度結合して貯蔵され、皮下脂肪や内臓脂肪になります。

ですから、クロロゲン酸がリパーゼを阻害して脂肪の分解と吸収を抑制することで、体内で余分な脂肪が貯蔵されるのを防ぐことができます。

 

コーヒーダイエットは「クロロゲン酸と適度な運動」がキモになる
2018.4.18
コーヒーをよく飲む方なら「コーヒーダイエット」という言葉を耳にしたこともあるでしょう。 昨今、話題のコーヒーダイエットとは、コーヒーに含まれている脂肪燃焼の性質を利用して運動と組み合わせて痩せるというものです。運動とコーヒーの組み合わせでダイエットできるなんて、コーヒー好きな方にとっては嬉しい話で...…

痩せる目的で飲むときに気をつけたいポイント

ドリップコーヒー

脂肪燃焼と脂肪の蓄積を防ぐ効果を持つグリーンコーヒー。ダイエット目的で飲むのなら、効果を最大限に引き出すためにも下記の点に気をつけましょう。

食事前に飲む

焙煎されたコーヒーと同じく、グリーンコーヒーにも空腹感を抑える働きがあります。

 

わたしたちが空腹を感じるのは、ホルモンの影響によるものです。しかし、コーヒーを飲むことでグレリン・レプチン・ペプチドYYなどのホルモンを操作して、空腹感を抑えることができます。

 

グリーンコーヒーを飲むなら、食欲を低減してドカ食いを避けることができるでしょう。ダイエットのために飲むのであれば、空腹を感じやすい食事前に飲むことをおすすめします。

軟水を使用する

グリーンコーヒーを淹れる際には、軟水を使用するようにしましょう。硬水に含まれるミネラルはクロロゲン酸と結びつき、化学変化を起こしてしまいます。

 

その点、軟水であればミネラルが少ない分だけクロロゲン酸が多く抽出されます。

ぬるめのお湯で淹れる

ポリフェノールは熱に弱い特性を持ちますが、クロロゲン酸も例外ではありません。沸かしたてのお湯でグリーンコーヒーを淹れた場合、熱によってクロロゲン酸が分解される恐れがあります。

 

そのため、グリーンコーヒーに含まれるクロロゲン酸の働きで痩せようと思っているのであれば、沸かしたてではなく、少しぬるめのお湯を使ってコーヒーを淹れるようにしましょう。

ペーパードリップで淹れる

インスタントコーヒーとドリップコーヒーを比べると、ドリップコーヒーのほうがクロロゲン酸を多く含みます。

 

また、コーヒーメーカーとペーパードリップの場合には、ペーパードリップで淹れたほうがクロロゲン酸が多く含まれたコーヒーを淹れることができます。

 

グリーンコーヒーの粉を入手した際には、ぜひペーパードリップで淹れるようにしましょう。

砂糖やはちみつは使わない

痩せる目的でグリーンコーヒーを飲んでいるのなら、砂糖やはちみつを入れてカロリーを摂取するのは控えたほうが良いでしょう。砂糖やはちみつのカロリーなど微々たるものかもしれませんが、1日に何杯もコーヒーを飲む人の場合、気をつける必要があります。

 

もしもそのままでは「味気ない」「飽きてきた」というのであれば、シナモンやレモンで風味を加えてみてはいかがでしょうか。

 

ダイエット成功のカギは、「続けること」です。飽きずに続けるためにも、ちょっとした工夫を凝らして楽しくダイエットを続けましょう。

グリーンコーヒーを飲んでいつまでも若々しく

朝日とコーヒーカップ

 ダイエット効果のあるグリーンコーヒーは、飲み方次第で効果アップを狙うことができます。

 

また、ダイエット以外にも、グリーンコーヒーにはさまざまな健康・美容効果が認められています。

 

糖尿病予防や抗酸化作用による老化防止にも効果があるとされていますから、いつまでも若々しくいるためにも積極的に摂取したいですね。

 

ただし、クロロゲン酸には胃液の分泌を活発にする作用があります。

 

胃液の分泌が多くなると胃に負担がかかりますから、胃酸過多の人や胃潰瘍を患っている人の場合には、グリーンコーヒーを飲むことは控えたほうが良いでしょう。

 

話題の完全無欠珈琲『バターコーヒー』って? 効果や味・作り方を紹介!
2018.2.19
『バターコーヒー』という名前だけ見ると高カロリーで太りやすそうなコーヒーと感じますが、じつはダイエット効果抜群のコーヒーとして話題になっているのをご存知ですか? ダイエット以外にも健康効果があるとされ、東京・代々木駅にオープンしたバターコーヒー専門店『最強のバターコーヒー』は、連日大盛況となっていま...…

 

参照サイト:https://grecobe.com

      https://www.stylecraze.com

 

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ベトナムの風景
    【あまーいコーヒー】ベトナム式コーヒーとは?おうちでおいしく淹れる方法
  • 【コーヒーが広まった理由】コーヒーの深い歴史を掘り起こせるのか(2)
  • コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
  • 【珈琲特急便体験】おうちで本格カフェが楽しめる!珈琲特急便は果たして美味しいのか!?
  • thirdwave
    知ったかぶり厳禁!今更聞けないコーヒー業界のサードウェーブってなに?
  • シナモン
    スパイス入りコーヒーのすすめ【好みのスパイスで気の向くままに】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
そろそろ新しい珈琲屋さんを新規開拓したいなと思ってた時、ちょうど今コラムを書いてるこの【cafend】で、行きたいお店を見つけたの。今度行っ...
カフェっ子リカちゃん
むかつくし、切ないし、どうにも出来ない自分にも腹が立つ。 聞いてくれる?私の大事な友達の話。 友達が引っ越したっていうので、その街まで遊び...