——いい香りに誘われて向かったその先に待っていたのは素敵な移動珈琲屋さん。店主は行く先々で、一杯一杯、丁寧に、誠実に、心を込めて珈琲を淹れながら、人生に少し傷ついた人たちの心を癒していく……。

 

そんな人間模様を描いた、珈琲好きなら見逃せない注目のドラマ『珈琲いかがでしょう』をご存知でしょうか。

 

本記事では、原作漫画が人気を呼び実写化された、現在放映中の『珈琲いかがでしょう』の見どころやあらすじをご紹介したいと思います。

ドラマ概要・見どころ

「珈琲いかがでしょう」 毎週月曜 夜116分~夜1155

202145日スタート全8話 テレビ東京系)

出演: 中村倫也、夏帆、磯村勇斗、光石研 ほか

原作: コナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデン刊)

 移動珈琲店「たこ珈琲」の店主、青山一(あおやまはじめ)を中村倫也さんが演じています。

 

移動販売車の珈琲屋として街に現れては、美味しい珈琲を振る舞い人々の心を癒す青山。その一方で、お店に訪れる、お客様には何やら訳ありの過去があることが描かれていきます。

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

ストーリーは、オムニバス形式。一話あたり2つのエピソードで展開され、各エピソードにはバラエティ豊かな豪華俳優陣が出演しています。各話、珈琲にからめたメッセージがあるのも見どころです!

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

ちなみに、ドラマで見られる数々の美味しい珈琲についての技術協力は、猿田彦珈琲、平岡佐智男さんが務められています。

 

以下では、すでに放送となったいくつかのエピソードを紹介します。

第一話あらすじ

エピソード①「人情珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

 垣根志麻(夏帆)は、誠実・丁寧・義理・人情をモットーに働くOL。取引先へのお礼も丁寧な手書きのお礼状を出すのが常。だが、効率重視の部長(井上肇)からは「そんなもの誰も読まないよ!」と毎日のように怒られている。もてはやされるのは、いつも、明るくて要領がいい後輩・馬場(足立梨花)ばかり。

 

ある日、垣根が一人寂しくランチタイムを過ごしていると、どこからともなく珈琲のいい匂いが漂ってくる。香りの先には、青山一(中村倫也)が営む移動珈琲店「たこ珈琲」があった。一杯一杯丁寧に淹れる青山の所作と珈琲の美味しさに感動した垣根は、「私も丁寧な仕事をしたいけど、そんなもの誰にも必要とされない」と愚痴をこぼしてしまう。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

そんな垣根に、「見てる人はちゃんと見てくれます」と、青山は美味しい珈琲と笑顔で励ました。するとその後、青山の言葉通り、垣根の誠実さが評価されるときが訪れて……。

 

エピソード②「死にたがり珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

「得意なことは、ただ心を無にして謝ること」という早野美咲(貫地谷しほり)はクレーム電話のオペレーター。ある休みの日、美咲はベランダで「こんな昼下がりは死にたくなる……」とぼやいていると、どこからか珈琲の香りが漂ってきた。マンションの真下を見ると移動珈琲店の青山の姿。美咲はのぞき込んだ拍子に干していたガードルを落としてしまい……。

 

恥ずかしさのあまり顔を赤くしながら、美咲は青山のもとへガードルを取りに行く。お詫びに珈琲を注文する美咲は、いろいろ悩みつつも結局いつも通りのカフェオレを頼む。「いつも無難な選択をしてしまう。私はどうせ個性のないカフェオレ女」と美咲はぼやく。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

そんな美咲に、「カフェオレは、没個性なんかじゃないですよ。カフェラテともカプチーノともまた違うマイルドで優しい味わいになる。同じ豆でも飲み方はいろいろ。個性もいろいろです」と青山が伝える。

 

青山は美咲をある場所に連れて行き、カフェオレをふるまい、そのカフェオレには、ガラムマサラがほんの少し足されていた。ただそれだけで美咲の飲んだことのない美味しい飲み物になった。「ほんの少し変化を足すだけで世界ががらりと変わるんだ」と美咲は、自分も少しずつ変わっていこうと決意する。

 

第二話あらすじ

エピソード①「キラキラ珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

ある日の青山一(中村倫也)はみかん畑に囲まれた田舎道で営業を終え、深夜、車で東京へ移動していた。すると、その車に、髪をピンク色に染めたみかん畑の娘・大門雅(山田杏奈)が、こっそり乗り込んでいた。青山は家に帰るように諭すも、雅は「田舎がイヤ!東京で何かしらになりたい」と引き下がらない。

 

早朝、東京に到着すると、青山は雅に、キラキラしたピンク色のかわいい珈琲・ロサメヒカーノを淹れるのだった。雅は、インスタで知り合った、礼(臼田あさ美)の世話になることになっていた。原宿でスカウトされたり、かわいいものに囲まれたり、東京への期待感がますます高まるばかりの雅。だが、雅はキラキラしているように見えた東京の現実を思い知る――。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

礼の斡旋によって売春をさせられそうになった雅。間一髪のところで雅を救ったのは、青山だった。青山に助けられた雅は、今度はロサメヒカーノでなくストレートの珈琲を飲ませてもらう。

 

「美味しい。ロサメヒカーノが美味しかったのは青山さんの作る珈琲がちゃんとしていたからだったんだね。何かしらになりたいなら、何かしらをちゃんとやらないとダメなんだ。根っこがちゃんとしてないとダメなんだね」と雅は実家へと帰っていった。

 

エピソード②「だめになった珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

犯罪めいたことに手を出す礼(臼田あさ美)に愛想をつかして、ルームメイト・ヤイ子(三浦透子)は礼のもとを去っていった。独りぼっちになった礼の部屋に、青山が「雅さんが部屋にスマホを忘れたそうです」と訪れてくる。青山が早速スマホを探し始めると、古びたエスプレッソマシンが出てきた。

 

「これ、あの頃から動かないんだよね」と礼は、かつて画家を目指して美術学校に通っていた頃の話をする。画家になりたいと必死に夢を追うものの、なかなか報われない日々。華々しく活躍する同級生との差は開くばかり。妬み・嫉み・ひがみ――様々な負の感情が礼の心を蝕みいつの間にか絵を描かなくなった。エスプレッソマシンが動かなくなったのも、ちょうどその頃だった。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

「このエスプレッソマシン、直せますよ」と青山。そう言って青山は、機械にたまっていた石灰を徐石灰剤で溶かしだす。白いドロドロを吐き出すエスプレッソマシン。それと同じように礼は、心の底のドロドロした思いを吐き出した。

 

そんな礼に青山は「苦みを知ったからこそ描けるものがあるのでは?」と励ます。そして礼は、動き出したエスプレッソマシンとともに、再び画家として歩み出すのであった。

 

第三話あらすじ

エピソード①「男子珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

飯田正彦(戸次重幸)は、仕事もルックスも完璧なサラリーマン。突如現れた「たこ珈琲」に女子社員たちを引き連れ、珈琲を奢ったり、珈琲のうんちくを披露したりとカッコつけて“いい上司”をアピール。

 

だが、飯田はひょんなことから、女子社員が飯田のことを「勘違いしている」と陰口を言っているのを耳にしてしまう。そのうえ、見た目も性格もさえない同僚・森(小手伸也)が先に出世してしまう。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

飯田は思わず、「あいつに負けるなんて。結局何もカッコつけない、飾らない、ありのままが強いってことか?そんなバカな」と青山の前で嘆いた。

 

そんな飯田に、青山はインドネシアのジャバロブスタをストレートでふるまった。「煮詰め過ぎた麦茶みたい」と飯田は感想を言うが、それをブレンドに混ぜると苦みが増し、不思議なパンチを醸し出して個性的な味になることに驚きを隠せない。

 

「キリマンジャロとかコロンビアとかストレートにそれだけで気品高い味を醸し出す立派な珈琲も美味しいですが、ブレンドされることで味わい深くなる珈琲もある。それぞれがそれぞれに自分らしさを持っているから愛される珈琲になるんです」と青山は飯田を励ます。

 

「俺は気品高いキリマンジャロや立派なコロンビアになりたかったんだけどなあ……」と飯田は自分を振り返った。

 

エピソード②「金魚珈琲」

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

ある田舎町にたどり着いた青山は、タイヤがパンクするというアクシデントをきっかけに、スナックのママ・アケミ(滝藤賢一)と出会う。しかも、なりゆきでスナックの手伝いをすることに。そんな折、偶然にもアケミの中学の同級生・遠藤(丸山智己)が来店。

 

青山が入れた珈琲焼酎を味わいながら、アケミと遠藤は久々の再会を喜んだ。かつての夢を諦めたアケミに「もう一度夢と向き合うべき」と励ます遠藤。だが、それは訪問販売の契約を取るための表面的な言葉だった。遠藤が強引にアケミから契約を取ろうとすると、青山が睨みをきかせて遠藤を追い返す。

 

Ⓒ「珈琲いかがでしょう」製作委員会

 

アケミは、青山と遠藤が去った後、珈琲焼酎を飲みながら、ふと昔も青山に助けられたことを思い出していた。そんな青山の過去とは……!?

まとめ

人生に悩み珈琲に癒されていく人々を綴った物語と、見え隠れし始める青山の過去……。珈琲一杯から繰り広げられる登場人物のヒューマンストーリーが心に染み渡る、ドラマ「珈琲いかがでしょう」。

 

ドラマはこれからがクライマックス! 珈琲の楽しいうんちくもさりげなく盛り込まれていて面白さ満載です。このあとの展開がますます気になるところ。ぜひ観てみてください!

【番組名】「珈琲いかがでしょう」

【放送日時】毎週月曜 夜116分~夜1155分(初回~第3話は5分拡大で夜116分~深夜0時)<全8話>

【放送局】テレビ東京、テレビ大阪、テレビ愛知、テレビせとうち、テレビ北海道、TVQ九州放送

【出演】中村倫也、夏帆、磯村勇斗、光石研 ほか

【原作】コナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデン刊)

【監督・脚本】荻上直子

【監督】森義隆、小路紘史

【音楽】HAKASE-SUN

【オープニングテーマ】「エル・フエゴ(ザ・炎)」小沢健二(Virgin MusicUNIVERSAL MUSIC

【エンディングテーマ】「CHAINNulbarich (ビクターエンタテインメント)

【チーフプロデューサー】阿部真士(テレビ東京)

【プロデューサー】合田知弘(テレビ東京)、森田昇(テレビ東京)、山田雅子(アスミック・エース)、平部隆明(ホリプロ)

【制作】テレビ東京/アスミック・エース 【制作協力】ホリプロ 【製作著作】 「珈琲いかがでしょう」製作委員会

【公式HP】 https://www.tv-tokyo.co.jp/coffee_ikaga/

【公式Twitter】 @tx_coffee

【公式Instagram】 tx_coffee_ikaga

関連キーワード
  • 【資格】コーヒーが美味しくなるプロの仕事!バリスタの職業とは?
  • フィーカ
    コーヒー禁止令を乗り越えた!?スウェーデンの素敵な習慣「フィーカ」とコーヒー事情【極上のくつろぎタイム】
  • コーヒー博物館
    コーヒー愛好家ならいつかは行きたい!? 世界の『コーヒー博物館』をご紹介します!
  • 意外や意外のくり返し!日本のカフェの歴史とは
  • 似ているようで違う? カフェと喫茶店の違いを解説!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう