モーニングコーヒー

加齢に伴い、男女を問わず薄毛に悩まされる人も多いのではないでしょうか。ところが、遺伝的要素や生活習慣の乱れなど、加齢以外が原因で薄毛になることもあります。実は、普段飲んでいるコーヒーが薄毛を促進している可能性もあるのだとか。

 

本記事では、コーヒーと薄毛の関係について詳しくご紹介します。

 

\遺伝子検査の費用が無料/

育毛

 

関連記事:コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。

関連記事:胃もたれや胃痛のときにコーヒーは控えるというのは本当?その解消法とは?

コーヒーを飲むと薄毛になる?理由

悩み

なぜコーヒーを飲むと薄毛になりやすといわれているのでしょうか?
下記に、主な3つの理由をピックアップしてみました。

亜鉛の吸収を阻害するから

コーヒーに含まれるカフェインには、亜鉛の吸収を阻害する性質があります。亜鉛は育毛に必要な栄養素のひとつで、毛髪の主成分・ケラチンを合成するのに欠かせない成分です。新陳代謝に深く関係している亜鉛が不足すると、抜け毛の原因になり、薄毛が加速してしまいます。成人の体内には約2gの亜鉛が存在するといわれていますが、亜鉛は吸収率が低い栄養素です。

 

バランスの良い食生活をしていれば特に問題はありませんが、ベジタリアンの人や加工食品ばかり食べている人の場合、十分な亜鉛摂取が行なえていない場合も。加えて、コーヒーをがぶがぶと飲むのが習慣になっている方は、亜鉛の吸収がうまく行かず、薄毛になる可能性があるかもしれません。

体を冷やすため

体を冷やすと血行不良に陥り、頭皮にまで栄養が行き渡らずに薄毛を招きます。一般的に、毛乳頭の毛細血管から摂取した栄養により、髪は健やかに成長していきますが、血流が悪くなると成長が妨げられ抜け毛が増えるのだとか。

 

運動不足や食生活の乱れ、さらにストレスや喫煙などが冷え性の原因になるといわれていますが、カフェインの持つ利尿作用により、体の冷えを悪化させてしまうことも。また、自律神経のバランスを崩すほどコーヒーを過剰摂取すると、血行の流れが悪くなりますから注意が必要でしょう。

睡眠不足を招くから

カフェインの影響で、質の良い睡眠が取れないこともあるのでは? 美肌だけではなく、髪の健康を保つためにも、たっぷり睡眠を取ることはとても大切なことです。毛髪の育成には、成長ホルモンが深くかかわっています。

 

成長ホルモンには代謝を促進したり、骨や筋肉の発達を助けたりする以外にも、毛母細胞に働きかけて頭皮環境を改善するという役割が。成長ホルモンは脳の下垂体から分泌されますが、睡眠不足になるとホルモンの分泌が低下してしまいます。

薄毛対策を考えたコーヒーの飲み方とは?

睡眠

薄毛が気になるなら、コーヒーの飲み方を変えてみてはいかがでしょうか。飲み方を少し変えれば、薄毛予防のためのコーヒー断ちなどせずに済むはずですよ。

よく飲む人はブラックをホットで

「薄毛にはなりたくない、でもコーヒーを飲むのもやめられない! 」というのであれば、いつも飲むコーヒーを、ホットのブラックコーヒーに替えてみてはいかがでしょうか。暑い日にはキンキンに冷えたアイスコーヒーがおいしく感じるものですが、体を冷やすことを考えると、コーヒーはホットで飲むのが適しているといえます。しかし、ホットで飲んだからといって、カフェインの影響が減る訳ではありませんから、飲みすぎには気をつけましょう。

 

コーヒーにたっぷり砂糖を入れる人や、缶コーヒー好きの人、フラペチーノなどが好きな人には辛いかもしれませんが、薄毛が気になるなら血液をドロドロにする砂糖は避けたいもの。また、糖分は皮脂を過剰分泌させ、頭皮環境を悪化させてしまいます。そのため、コーヒーを1杯以上飲むのが習慣というのであれば、ぜひともブラックで楽しむようにしたいですね。

カフェインの過剰摂取には注意を

そもそも、コーヒーが薄毛を促進するといわれているのは、カフェインの影響が大きいでしょう。コーヒー以外にも、お茶やコーラなどの炭酸飲料、エナジードリンクやチョコレートなど、カフェインを含む食品はたくさん存在します。カフェインの過剰摂取は、薄毛だけではなく、その他の健康問題にも繋がりますから注意しましょう。

寝る前には飲まない

健康な成人の場合、およそ400mgのカフェインを摂取したとしても、約3~5時間で体外に排出されるといわれています。カフェインの影響がどれほど続くかは個人差がありますが、ぐっすり眠って成長ホルモンを正常に分泌させたいのなら、寝る前はもちろん、夕方以降はコーヒーを飲まないようにしたほうが賢明でしょう。

 

\遺伝子検査の費用が無料/

育毛

美味しぎるコーヒーの飲みすぎに注意を

ブラックコーヒー

コーヒーだけが薄毛の原因ではないものの、コーヒーの過剰摂取は、薄毛を招く恐れがあります。個人の体質にもよりますが、1日に1,2杯程度であれば問題ないといえるかもしれません。

 

これまで通りにコーヒーを飲みながら、薄毛対策もしっかりしたいのであれば、定期的に運動をしたり、バランスの良い食事をとるよう心掛けたりする必要があるでしょう。すでに薄毛が進行している場合には、カフェインフリーのコーヒーに替えるというのも、ひとつの方法なのではないでしょうか。

 

 

関連記事:コーヒーを飲んだあとに動悸を感じたら要注意!その原因や対処法・治し方を解説します

関連記事:【コーヒーと体調と味】コーヒーがまずいと感じたら体調不良のサイン?

 

参照サイト:https://scalp-d.angfa-store.jp/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ペーパードリップ
    【おしゃれギフトに最適】おすすめコーヒードリップパックを紹介します!
  • コーヒーのカフェインは風邪に効果あり?風邪のときの効果的な飲み方
  • coffee
    アウトドアでコーヒーを楽しむための3つのコツ
  • 【口コミ・評判は?】ギフトで人気の『INIC Coffee』をレビュー!おすすめギフトも紹介します!
  • ドリップ
    コーヒーが寿命を延ばす?! ドリップコーヒーが健康に良い理由とその歴史とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう