“コーヒーは身体に良い? 悪い? 飲みすぎると胃もたれする?”

そんな議論が持ち上がることがありますが、実際はどうなのでしょうか。

よく言われるのは……
【コーヒーは胃もたれの悪化、吐き気の原因になる】
というものがありますが、これは必ずしも正しいわけではないようです。

諸説ありますが、ここではコーヒーが胃に与える作用や、健康的な飲み方をお伝えしたいと思います。

コーヒーを飲みすぎると吐き気がするって本当?

どんな食べ物、飲み物にも言えることなのですが、やはりコーヒーも飲み過ぎは控えた方がいいでしょう。

コーヒーには “胃酸の分泌を活発にする作用” があるらしいので、飲みすぎは胃を荒らしてしまうとのこと。

おそらく、この “飲み過ぎによる胃酸過多” が【コーヒー=胃に悪い? 】という風潮を作り出しているのかもしれません。

コーヒーの適量は一日3~4杯と言われていますので、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

 

コーヒーが胃薬に? コーヒーを飲むタイミングを考える。

前項でお伝えしたように、コーヒーに含まれるカフェインには “胃酸の分泌を活発にする作用” があるとのこと。

このことから、【コーヒーを控えるとき】or【コーヒーを飲むべきとき】の身体の状態を考えてみましょう。

 

まず、コーヒーを控えるときの身体の状態は “空腹時” と言われています。

胃が空っぽの状態でコーヒーを飲んでしまうと、胃酸過多になり胃痛を引き起こしてしまう恐れがあるらしいのです。

コーヒーは食後か食事をしながら飲むのが良いでしょう。

続いて、コーヒーを飲むべきときは “胃酸不足が原因で胃もたれを起こしているとき” とのこと。

この場合、コーヒーの作用で胃の状態を改善できることもあると言われています。

 

対処はできる!? 日々の習慣を崩したくないあなたに〜

「原因不明だけど胃の調子が悪い。でもコーヒーは飲みたい……」

コーヒーを飲むタイミングをずらしたくない人には牛乳とコーヒーを11で割ったカフェオレを飲むようにしましょう。

カフェオレは普通のコーヒーよりもカフェインの量が少なく、牛乳により胃の粘膜を守る効果があるので胃酸過多の影響を受けにくいので、胃の調子が悪いときでも安心して飲むことができるでしょう。

さらに、カフェオレを温めて飲むと胃に優しく代謝が良くなるとのこと。

これから寒い季節には、ぴったりですね。

 

【番外編】始めから考えるべきだった胃と女性の扱い方

何年か前、とても “できた女性”と 付き合っていた。

家事全般は勿論のこと、僕のルサンチンマン全開な話なども嬉々として聞いてくれる人だった。

 

しかしながら、彼女は僕のわがままにずっと耐えていたようで、2013年のクリスマスにとうとう僕は三行半を叩きつけられてしまった

僕はこのとき、ストレスは蓄積するものだと知った。

最近の話になるが“胃”にもストレスは蓄積するらしい。

20代の頃、僕の胃は至って健康で、胃もたれなんて無縁の話だと思っていた。

しかし、30代に突入するとそれまでの暴飲暴食のツケがきたのか、アルコールや脂っこいものを食べた翌日にはお腹を擦る日々を送っている。

 

恋人も胃の強さも失ってから気付いても遅いのだ。

 

偉そうなことを言える立場ではないが、若い人はくれぐれも女性と胃を大事にするように。

 

 

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 都内の穴場、屋上庭園~都会のオアシスは屋上にあり~
  • 疲れた夏の体に!ぐっすり安眠ハーブティーとは?
  • インスタ映えなのに手作りレシピを厳選!バレンタインは手作りチョコでお家カフェ♡
  • コーヒー牛乳5種類を比較してみた!甘すぎないコーヒー牛乳はどれ?
  • 愛犬と吉祥寺で一緒にお出かけしたい人にオススメしたいカフェ7店
  • アイスティーアレンジレシピから社交性に乏しい20代を振り返る

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事