筋トレや健康維持のために、プロテインを飲む人が増えている今日この頃。効果の出かたに個人差がありますが、プロテインは継続して飲むことがなによりも大切です。ただ、毎日飲むとなると味に飽きてしまうことも。

 

中には、コーヒーや牛乳などのドリンクを混ぜる人もいるようですが、果たして効果に影響はないのでしょうか? 本記事では、プロテインにコーヒーを混ぜても良いか、さらには目的別の飲むタイミングについてご紹介します。

 

関連記事:コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介

関連記事:肉体改造にはコーヒーが必須アイテム!?筋トレとコーヒーの深い関係とは?

コーヒーにプロテインを混ぜるときに注意したいこと

プロテイン

味に変化を付けるため、コーヒーにプロテインを混ぜるという人もいるようです。ここでは、効果への影響や注意したい点についてまとめてみました。

ホエイプロテインには人肌程度に冷ましたコーヒーを

基本的には、コーヒーを加えてもプロテインの効果に悪い影響はありません。プロテインには、牛乳を主成分とする動物性プロテインの「ホエイプロテイン」と「カゼインプロテイン」、大豆を原料とする植物性プロテインの「ソイプロテイン」の3つの種類があります。

 

ホエイプロテインは吸収がスムーズなため、トレーニングをする人に向いています。しかし、熱湯をはじめ、ホットコーヒーやホットミルクといった熱い飲み物を混ぜると、プロテインそのものの栄養成分は変わらないものの、ダマが出きてしまい体内の消化吸収に時間がかかってしまうことに。ホエイプロテインにコーヒーを混ぜるのなら、人肌程度に冷めたものを使用するようにしましょう。

ホットコーヒーを加えるなら

消化吸収の速度がゆっくりで、満腹感が長く続くカゼインプロテインとソイプロテインは、ダイエットや栄養補給を目的にプロテインを摂取したい人におすすめです。ホエイプロテインとは異なり、カゼインプロテインとソイプロテインは熱湯を加えたり加熱したりしたとしても、たんぱく質の構造が変わりにくいという特徴が。

 

それゆえ、ダマになって飲みにくくなるということがありませんから、ホットコーヒーを加えて飲むなら、カゼインプロテインとソイプロテインを選ぶようにしましょう。

無酸素運動と有酸素運動の間がおすすめ

トレーニングをするのなら、酸素を使わず筋肉を動かす「無酸素運動」と酸素を使って筋肉を動かす「有酸素運動」の間にコーヒーを混ぜたプロテインを飲んでみてはいかがでしょうか。有酸素運動(ウォーキングやジョギング)と無酸素運動(筋トレや短距離走)を交互に組み合わせて行えば、体脂肪を燃やしつつ、筋肉を強化することが可能に。

 

筋トレで傷ついた筋繊維を回復・修復するためには、運動後30分以内にプロテインを飲むのが一般的です。一方、コーヒーには脂肪の燃焼を促す効果があるとされていますから、筋肉を動かすエネルギーを生み出すときに脂肪と糖質を燃焼させる有酸素運動をする前に飲むのがベスト。コーヒーにプロテインを混ぜたドリンクを飲むのであれば、その効果を最大限に得るためにも、「無酸素運動をしたすぐ後、有酸素運動をはじめる前」に飲むと良いでしょう。

 

関連記事:ハーブアブソリュートコンブッカの効果をレビュー!おすすめの飲み方や購入方法も紹介

関連記事:チャコールクレンズはダイエット効果あり?おすすめの飲み方や商品を種類別に紹介

プロテインを飲むなら目的に合わせたタイミングで

眠る女性

プロテインは、筋トレをしている人限定の飲み物ではありません。栄養補給や健康維持のためにプロテインを飲んでいる人もいるようですが、いずれの場合も、最適なタイミングで摂取することが大切です。

たんぱく質を補う目的なら食後に

たんぱく質が不足すると、筋肉量が減るため基礎代謝量が落ちて痩せにくくなるだけではなく、肌トラブルや抜け毛・薄毛、集中力の低下などを招く恐れが。たんぱく質の1日に必要な摂取量は成人男性ならおよそ50g、成人女性であれば40gほどですが、ハードなトレーニングや力仕事をしている場合には、もっと多くのたんぱく質摂取が求められます。

 

不足しがちなたんぱく質を補うために、プロテインで手軽に補給しようという人もいるでしょう。そのような場合には、食後にプロテインを飲むと良いでしょう。食後にプロテインを飲めば、食事中に摂取した糖質エネルギーの助けでたんぱく質の吸収が良くなります。

疲労回復のためなら就寝前に

体の成長に必要で、なおかつ代謝を促す成長ホルモンですが、細胞を修復したり、疲労を回復したりする働きも。成長ホルモンはたんぱく質が原材料となり、わたしたちが眠っているときに脳の下垂体から分泌されます。

 

疲れが溜まってくると、正常な判断ができなくなる、生産性が下がるだけでなく、自律神経のバランスが崩れて健康を損なう可能性も。もしも「眠っても疲れがとれない!」とお悩みなら、ぜひ就寝前にプロテインを飲んでみてはいかがでしょうか。

ダイエット目的なら「カフェイン×プロテイン」もおすすめ

ダイエットを目的として、プロテインとコーヒーを飲むのであれば『カフェテイン』がおすすめです!

プロテインとコーヒーが合わさったドリンクなので、楽に毎日摂取することができますよ。

 

~「コーヒー×カフェイン」で理想の身体をGET!~

プロテインで健やかな体に

プロテインシェイク

プロテインを上手に取り入れれば、健康維持に役立つでしょう。コーヒーに混ぜても効果が変わることはありませんから、コーヒー好きな人も安心して飲むことができますね。さらに、コーヒーを加えたものは、トレーニングのお供に最適なドリンクに。ふさわしいタイミングで飲むことによって、最大限の効果を得るようにしましょう。

 

参照サイトURL:

https://cp.glico.jp/

https://cp.glico.jp/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒーダイエット
    【飲むだけ超簡単!】コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介
  • 寝る前に飲んでもOK! デカフェコーヒーの種類と楽しみ方
  • morning-coffee
    寝起きコーヒーはダメ?目覚ましにコーヒーを飲む最適な時間とは
  • 【トラジャコーヒーとは?】美味しい飲み方や専門店を紹介!
  • 世界一のコーヒー豆はブラジル産!?おすすめはアラビカ種で中挽き!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう