コーヒーを飲む男性

まばゆく輝く白い歯は、好感度に大きな影響を与えます。白い歯だと笑顔に自信が持てますし、清潔感のあるさわやかなイメージに繋がりますよね。

 

ところが、わたしたちの歯は加齢や食べ物などが原因で黄ばみやすくなります。歯が変色するのが怖くて、大好きなコーヒーを思う存分飲めないという方もいらっしゃるのでは? そこで本記事では、白い歯を維持する方法をご紹介します。

コーヒーを飲むと歯が黄ばむのはなぜ?

コーヒー

着色による歯の黄ばみや汚れのことをステインといいますが、なぜコーヒーを飲むと歯が変色しやすくなるのでしょうか?

 

関連記事:コーヒーに含まれる成分は体にどんな影響を与えるのか?その効果について解説します!

コーヒーに含まれているポリフェノールが原因

コーヒーにはポリフェノールがたっぷり含まれていますが、その中の一種であるタンニンには、たんぱく質やアルカロイドなどと結合しやすいという特徴があります。そのため、コーヒーを飲むとタンニンが唾液中のたんぱく質と結びつき、歯の表面にあるエナメル質の上に溜まることに。これが歯のステインになりますが、じつはこの汚れ、時間の経過とともにエナメル質の中にまで到達するため、放置すると歯の黄ばみはさらに悪化します。

 

アルコールが歯のステインを悪化させる場合も

歯のステインはコーヒーだけではなく、カレーやキムチ、紅茶や緑茶といった食べ物や飲み物を摂取することでも発生します。また、アルコールを頻繁に飲む人は、歯のステインが悪化しやすいのだとか。アルコールの摂取による利尿作用で体が脱水状態に陥ると、口の中や歯が乾燥することがありますが、この状態がステインを増やします。

白い歯を維持するためにできる4つのこと

歯ブラシ

「白い歯のままでいたいけれど、コーヒーを飲むのもやめられない」というのであれば、下記の方法を試してみてはいかがでしょうか。

コーヒーをストローで飲む

誰もがうらやむ白い歯をキープしたいなら、ステインが歯につかないように注意すべきです。コーヒーを飲むときにストローを使用すれば、ステインが歯に付着するのを最小限に抑えられるかもしれません。携帯用ストローをバッグにひそませておけば、ホットでもアイスでも、どちらのタイプのコーヒーの場合にも使えるでしょう。

なるべく早めにブラッシングを

コーヒーを飲んだ後は、できるだけ早く歯磨きをしましょう。しかし、歯の磨きすぎや研磨剤入りの歯磨き粉は歯のエナメル質を傷めてしまう恐れも。エナメル質が傷んでしまうと、虫歯になりやすくなったり、ステインが浸透しやすくなったりしてしまいます。たとえ歯磨き粉をつけずとも、ブラッシングにはステインを落とす効果がありますから、コーヒーをよく飲む方は歯ブラシだけでも手元に置いておくと良いでしょう。

コーヒーを飲んだ後は水で口をゆすぐ

いつでも歯磨きできる訳ではありませんから、そのような場合にはブラッシングの代わりに水で口をゆすいで、ステインが歯に付着するのを防ぎましょう。仕事や勉強の合間にコーヒーを何杯も飲む方であれば、いちいち歯磨きするのに席を立つなんて煩わしいと思うはず。ですから、1日に何杯もコーヒーを飲むというのなら、コーヒーと一緒に、水を入れたボトルもデスクの上に用意しておきましょう。

唾液をたくさん分泌させる

歯ブラシも水も手元にない場合には、自らの唾液の力に頼ってステインを撃退しましょう。唾液をたくさん分泌させるために、ガムを噛むことができます。唾液の分泌は、加齢やストレスなどが原因になって減少することも。唾液の分泌を促すために、耳下腺や顎舌線など唾液腺のある部分をマッサージしてみたり、口内で舌を動かしてみたりできるでしょう。

自宅でできるホームホワイトニングとは

ノートパソコン

コーヒーによる歯のステインを防ぐため、ホームホワイトニングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

歯を好みの白さにできるホームホワイトニング

ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用するのもひとつの手ですが、ブラッシングのしすぎは知覚過敏や歯肉の退行を招きます。歯にできるだけ負担をかけることなくステインを除去したいのであれば、ホームホワイトニングにチャレンジできるでしょう。

 

ホームホワイトニングは歯医者のもとに通って行う「オフィスホワイトニング」とは異なり、歯医者の指示に従って、自宅にいながら自分で行えるのが特徴です。ホームホワイトニングでは過酸化尿素を含んだジェルを使用し、歯の表面および内部の象牙質にまでおよんだステインを分解除去していきます。

 

個人差はありますが、通常1ヵ月ほどで白い歯を蘇らせることが可能です。ホームホワイトニングをはじめるには歯医者を受診する必要がありますが、自分の好みの白さになるまで続けることができ、状態にもよりますが1年以上はホワイトニングの効果が持続します。歯の変色を気にしてコーヒーをあまり飲まないようにしていた方でも、これなら気兼ねなくコーヒーを飲めるようになりそうですね。

 

関連記事:「歯が不潔」と男にフラれた私が、980円で歯を白くした方法を暴露!

いつでも白い歯で笑顔に自信

カメラと女性

ニコッと笑ったときに、白い歯がこぼれて見えれば好印象を与えることができるはず。コーヒーをよく飲む方でも、記事内でご紹介した方法を行えば白い歯をキープすることができるでしょう。加齢や歯の質などで変色することもありますが、常日頃からステインの付着を防ぐよう心掛けたいですね。

 

参照サイト:http://www.matsugi.com/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ミトンとコーヒー
    コーヒーの香りの元になる成分は800種類もある!? 独特の香りの秘密を化学的に分析!
  • パウリグの人気シリーズ「プレジデント」
    フィンランドのコーヒーライフを支え続ける老舗【パウリグ(Paulig)】
  • コーヒーを飲むとお腹が緩くなる!?下痢との関係性を調べてみました。
  • 深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る
  • Brazil
    ブラジル産コーヒーの味と特徴【生産量世界一の豆の魅力とは】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう