貝印COFFEE TOOLS!

    カミソリなどの美容用品やキッチンウェアでお馴染みの貝印より、自宅で手軽に本格コーヒーを楽しむことができる『コーヒーミル&ドリッパー』、『コーヒードリップポット』などの各種コーヒーアイテムが登場。今回は話題の6アイテムをご紹介します。

     

    ミルとドリッパーが合体した『コーヒーミル&ドリッパー』

    貝印コーヒーミル&ドリッパー

    最初の一品めは『コーヒーミル&ドリッパー』。そのものズバリの商品名どおりコーヒーミルとドリッパーが一体になった、ちょっとユニークな手動式のミルです。

     

    ミルの下半分、粉受け部がドリッパーも兼ねているので、豆を挽いたら粉受けを外し、そのままカップに乗せれば抽出準備が完了。

     

    ドリッパーはペーパー式なので、事前にペーパーフィルターをセットしておく必要はありますが、粉に挽いたあとドリッパーに移し替える手間が省けるのはちょっといいですよね。

     

    なお、ドリッパーは底部に4つ小さな穴があるタイプで、台形型のペーパーフィルターがそのまま使えるそうです。

     

    ミルの刃はセラミック製の臼刃で、金属臭がなく、摩擦熱も生じにくいのが特長。

     

    また、独自の「フィックスグラインド機構」により、豆を挽く過程で微粉が出にくく、余計な雑味を抑えたコーヒーの抽出ができるのだとか。

     

    ドリッパーってカタチ的に意外と置き場所に困るので、ミルと一体型にするのはグッドアイデア。値段もお手頃でこれからコーヒーを始めようという方にもオススメですね。

    ドリップと水出し両対応の『コーヒーサーバー 2wayドリッパーセット』

    貝印コーヒーサーバー2wayドリッパーセット

    ペーパーフィルター不要でお手入れも簡単なメッシュ式のドリッパーとサーバーのセット。

     

    ユニークなのが細長い形状のドリッパーで、コーヒー粉にお湯を通過させて抽出する「透過法」と、コーヒー粉を水(お湯)に浸して抽出する「浸漬法」の両方に対応しています。

     

    つまり、これひとつでハンドドリップと水出しコーヒーのどちらも楽しめる一台二役のスグレモノというわけです。

     

    メッシュフィルターはペーパーフィルターに比べ、コーヒーオイルが抽出されやすいのも特長。コーヒーオイルに多く含まれる甘みや香気成分をより強く感じることができます。

     

    ちなみに水出しコーヒーは、コーヒー粉70gと水700mlをセットし、半日ほど冷蔵庫で寝かせておくだけとお手軽。これからあたたかくなる季節に向けて1台あると活躍しそうですね!

     

    サーバーは衝撃に強く、割れにくいトライタン樹脂製。本体と持ち手部分に継ぎ目がなく、口も広いのでお手入れが簡単です。もちろん食洗機にも対応しています。

    過抽出を防ぐ『コーヒープレス ポット』『コーヒープレス マグ』

    貝印コーヒープレス ポット

    『コーヒープレス ポット』と『コーヒープレス マグ』は、コーヒー粉とお湯をいっしょに入れて金属フィルターで濾す、いわゆる「フレンチプレス」タイプの抽出器具です。

     

    注目したいのが、「プレス後のコーヒーが濃くならない」というそのユニークな構造。

     

    抽出液を濾す仕組み自体は一般的なフレンチプレスと同じなのですが、プレス後、ポット内のコーヒーがコーヒー粉に触れないよう、抽出液の通り道である穴にフタをしてしまうんです。

     

    このフタの役割を果たすのが、プランジャーを兼ねたポット底面にある可動式のボール。ラムネのビンを逆さにするとビー玉が邪魔をして飲めなくなるのと同じ仕組みで、ボールがフタをしてコーヒー粉との接触を防ぐ仕組みになっています。コレ、目からウロコのアイデアです!

     

    普段からフレンチプレスを愛用しているという人にこそ、ぜひ試してもらいたい、なかなか画期的な商品だと思います!

     

    家族とのコーヒータイムは3~4杯用の『コーヒープレス ポット』。ひとりで楽しむ時は1~2杯用の『コーヒープレス マグ』が便利。『マグ』のほうは本体に持ち手がついているので、そのままマグカップとしても使うことが可能です。

    ハンドドリップには欠かせない『コーヒードリップポット』2サイズ

    貝印コーヒードリップポット

    ハンドドリップやコーヒーバッグでコーヒーを楽しむなら、ひとつ持っておきたいのが注ぎやすいドリップポットです。

     

    新商品の『コーヒードリップポット』は23杯用の390mlと、12杯用の235ml2サイズをラインナップ。

     

    家庭用のヤカンや大きなドリップポットはお湯を注ぐ際のスピードや湯量のコントロールがかなり難しいですが、このサイズなら本格的なドリップポットは初めてという人にも扱いやすくて安心ですね。

     

    細長く伸びた注ぎ口は、先端近くにわずかな反り返りを設けることで繊細な注湯動作をサポート。糸のように細く静かにお湯を注ぐことができます。

     

    フタがなく開口部が大きいので、沸かしたてのお湯をポットに移すときも安心。使用後のお手入れがしやすいのも助かりますね。

     

     

    さまざまな器具が揃った貝印のコーヒーツール。春からの新生活に合わせてコーヒーを始めてみよう、という方にオススメのアイテムです。

     

    コーヒーミル&ドリッパー

    ■サイズ:W160×D103×H185mm

    ■重量:295g

    ■ドリッパー容量:300ml

    ■ホッパー・粉受け容量:約20g

    ■価格:3,500円(税別)

     

    コーヒーサーバー 2wayドリッパーセット

    ■サイズ:W152×D122×H215mm

    ■重量:273g

    ■サーバー容量:700ml

    ■価格:2,500円(税別)

     

    コーヒープレス ポット

    ■サイズ:W150×D95×H180mm

    ■重量:405g

    ■容量:510ml(満水容量870ml

    ■価格:2,500円(税別)

     

    コーヒープレス マグ

    ■サイズ:W135×D98×H120mm

    ■重量:333g

    ■容量:270ml(満水容量640ml

    ■価格:2,000円(税別)

     

    コーヒードリップポット390ml

    ■サイズ:W187×D78×H91mm

    ■重量:144g

    ■容量:390ml

    ■価格:3,500円(税別)

     

    コーヒードリップポット235ml

    ■サイズ:W175×D67×H77mm

    ■重量:109g

    ■容量:235ml

    ■価格:3,000円(税別)

     

     

    貝印COFFEETOOLS!サムネ

    貝印 – COFFEE TOOLS!

     

    関連キーワード
    ニュース, 商品紹介の関連記事
    • 【春風】coffee street 2017 イベント・レポート
    • サワー集合
      旬のフルーツサワーが楽しめるスタンディングバー『ヨツバー』渋谷にオープン!
    • 金属加工品の最高峰・TSUBAMEブランドの手挽きミル『コーヒーピクニック』
    • シズラー新商品
      グリルレストラン『シズラー』が今夏の新メニューSizzler Summer BBQを7月12日より販売スタート!
    • 木の質感がおしゃれなカナダ生まれの天然木ドリッパー『カナディアーノ』
    • いつでもどこでも淹れたての一杯が楽しめる『THE COFFEE BREWER』

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事
    カフェっ子リカちゃん
    この前、パスポートの申請をしに新宿のパスポートセンターまで行ってきたの。 用を終えて、新宿までゆったり歩いていたら、イルミネーションがもうと...