ケトルと言うと、一般的にはお湯を沸かすポットのことを想像するそうですが、コーヒーファンにとっては「ドリップケトル」のことを指すことがほとんどだと思います。
お湯を注ぐときいかに細く静かに丁寧に注げるかによって、ハンドドリップで淹れるコーヒーの愛時は断然違ってくるんです。ですから、家カフェを始めるためには必要不可欠なアイテムが「コーヒーケトル」! 今回はコーヒーをハンドドリップで淹れるときの「ケトルの選び方と使い方」のコツをお教えします。

コーヒー用ケトルの選び方その1 お湯が細く注げる物を選ぶ

ドリップでコーヒーを淹れる際、一番大切なのは「お湯が細く注げる」ことです。
コーヒーの粉にお湯を注ぐとき、蒸らしや最初の一回目のお湯はゆっくりと落とす必要があります。

これがヤカンのようにじゃばじゃばと注いでしまうと、コーヒーの炭酸ガスが抜けきらずに抽出されてしまうため、雑味が出やすいのです。

 

お湯が細く注げるかを注ぎ口の見た目で判断するのは難しいですが、コーヒー用ドリップケトルとして定番とされている物を選べば問題ないでしょう。

くれぐれも、デザインだけで選ばずに口コミや製品情報をよくチェックするようにしましょう。

コーヒー用ケトルの選び方その2 適切なサイズを選ぶ


「来客があったときに、たくさんの人に淹れるかもしれないから…」と、必要以上に大きなサイズのケトルを買ってしまう気持ちもわかりますが、実はケトルは「大は小を兼ねる」とはいきません。

 

特にコーヒーを淹れる際は、必要な分量のお湯をケトルにいれるようにしましょう。
大きなケトルは、少量のお湯を注ぐ場合にコントロールが難しい傾向があるため、0.7〜1リットル程度のサイズを使うのがオススメです。

コーヒー用ケトルの選び方その3 注ぎ口の形に注目!


ケトルの注ぎ口は、根元が太くて先端に近づくにつれて細くなる物、根元から口まで細い物の2タイプに分けられます。

前者は湯を注ぐスピードや勢いの調整幅が大きいのですが、その分コントロールするにはある程度の慣れが必要です。

後者は誰でも簡単に湯を注ぐことができます。その反面調整幅は狭いため、ドリップ中の細かな調整は難しい傾向がああります。

初心者にとっては「ケトルの注ぎ口が根元から口まで細い物」の方が最初から上手に注ぐことができますが、いろんな淹れ方をた試してみたい! という人には「ケトルの注ぎ口が根元が太くて先端に近づくにつれて細くなる物」をオススメします。

コーヒー用ケトル 使い方のコツその1 ケトルでお湯を沸かさない

ケトルはお湯を沸かす物という認識の人が多いようですが、ドリップケトルでお湯を沸かすことはおすすめしません。
ドリップを行う際、お湯の適正温度は80~90度程度とされています。ケトルでお湯を沸かすと温度が高すぎるため、加水するなどして冷ます必要がありますが、ポットや電気ケトルで沸かしたお湯をコーヒーケトルに移すことで適正温度近くまですぐに冷ますことができるのです。

 

また、ホーローなど材質によっては火にかけることによって劣化を招くことがありますので、大切に使用するためにもケトルでお湯を沸かすことは避けましょう。

 

(もし面倒くさいって思う人は、直火・IH対応の専用ドリップケトルもコーヒーメーカーからでていたりするので、そちらを選んでください。)

コーヒー用ケトル 使い方のコツその2 お湯を注ぐときは低めの位置で


挽いた豆にお湯を注ぐ際、できるだけケトルの注ぎ口を豆に近づけるようにしましょう。
注ぎ口の位置が高いとお湯の勢いがつきすぎてしまい、コーヒーの層を壊してしまったり必要以上の成分が抽出されてしまったりするためです。

 

意図的に粉を巻き上げるように注ぐこともありますが、基本的にはゆっくりと優しく注ぐようにすると良いでしょう。

 

くれぐれも、じゃばじゃばと勢いよく注ぐのだけは止めましょうね。

家カフェするには必需品! だからデザインも大事にしたい

自宅でハンドドリップをするにはケトルは必需品。大事に使えば何年も永く使えるものですので、飽きの来ないよう自分の気に入ったデザインを大切に選びましょう。

 

もしお気に入りのカフェがある方は、「そのケトル、どちらのなんですか?」と聞いてみるのも良いでしょう。

筆者も聞いた経験がありますが、コーヒーが美味しいお店は器具にもこだわっていることも多いので、喜んで教えてくれることが多いです。

 

自分に合ったケトルをじっくり選んで、家カフェデビューしてみてください!

楽しさが広がるのももちろんですが、こだわりのケトルで淹れたコーヒーは格別に美味しくなるはずですよ。

編集部おすすめのケトルたち【ケトル商品紹介まとめ】

編集部の商品紹介のコーナーでは、いくつものコーヒーケトルを紹介してきました。

どの商品たちもお家カフェの楽しみを彩ってくれること間違いなしの素敵な商品ばかりです。

ぜひチェックしてみてくださいね♡

 

ハンドドリップがワンランク上の味になる『温度計付ステンレスケトル1.0L』

ハンドドリップがワンランク上の味になる『温度計付ステンレスケトル1.0L』
2018.2.1
デジタルスケールやタイマーなど、ホーム&キッチン用の各種軽量・計測機器を手がけるドリテックより、アナログ温度計を搭載したオシャレな電気ケトル『温度計付ステンレスケトル1.0L』が登場しました。 ハンドドリップに適した細口形状の電気ケトル 一年を通じてもっとも寒い今の時期、家に一台あると便利なのが電...…

 

これからの季節にほしくなるアナログ温度計付きの便利な電気ケトル

これからの季節にほしくなるアナログ温度計付きの便利な電気ケトル
2018.1.16
確かな機能とお求めやすい価格帯を両立した家庭用コーヒー機器などで人気のデバイスタイルより、レトロなアナログ式サーモメーターがかわいい電気ケトル『KA-800C』が発売されました。 ハンドドリップに最適な「グースネック式」 「あったかいコーヒーが飲みたいけど、お湯を沸かすの面倒だなぁ……」 これ...…

 

ハンドドリップ好きに絶対オススメの電気ケトル『APIXインターナショナルのドリップマイスター』

ハンドドリップ好きに絶対オススメの電気ケトル『APIXインターナショナルのドリップマイスター』
2018.6.22
アピックスインターナショナルより『ドリップマイスター』シリーズの新たなラインナップとして、機能とデザイン性を兼ね備えた電気カフェケトル「AKE-277」が発売されました。 ドリップコーヒーをご自宅で楽しまれる方にとって、細口のドリップポットは無くてはならないアイテムですよね。でも、コーヒーを淹れる...…

 

すべてはドリップのため。職人ハンドメイドのオールガラス製ケトル

すべてはドリップのため。職人ハンドメイドのオールガラス製ケトル
2017.12.12
コーヒーウェアをはじめ、多くの耐熱ガラス製品を手がけるHARIOから、ハンドドリップのために生まれた、ハンドメイドのガラス製ケトル『ガラスドリップケトル』がHARIOネットショップ限定商品として発売されます。 ハンドドリップの味は「注ぎ」で決まる! ハンドドリップでコーヒーを楽しまれる方にとって、...…

 

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【珈琲特急便体験】おうちで本格カフェが楽しめる!珈琲特急便は果たして美味しいのか!?
  • コーヒーワークショップとは?初めてのコーヒー入門のススメ
  • 豆の鮮度を守る。コーヒーの正しい保存容器と保管方法について
  • アイリッシュコーヒー
    アイリッシュコーヒーの基本レシピ【ウィスキーを使った大人のカクテルとは?】
  • たんぽぽコーヒーってどんなコーヒー?味や効果効能などを解説

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう