「モカコーヒー」と「カフェモカ」は、コーヒーにまつわる種類のことですが、それぞれ違いや特徴があるのをご存知でしょうか。

 

実は、モカコーヒーは豆の銘柄のこと、そしてカフェモカはコーヒー豆・モカと風味が似たコーヒーメニューの一つのことを指します。

 

今回は、いつか役に立つ(?)それぞれの「モカ」について触れてみましょう。

モカコーヒーの「モカ」とは何のこと?そのルーツとは?

「モカ」は、おなじみのコロンビアやブルーマウンテンと同じく、コーヒー豆を収穫した産地を示す銘柄の一つです。原産地は中東・イエメンとアフリカ・エチオピアです。

芳醇な香りの中に独特の酸味、コクと甘味を兼ね備え、上品な味わいと相まって、別名『コーヒーの貴婦人』とも呼ばれているそうです。

 

「モカ」という名称とは、かつて中東・イエメンの紅海沿岸に存在した港名から由来しています。イエメンの山岳地帯で収穫されたコーヒー豆をモカ港から船で盛んに輸出していたこともあり、それらのコーヒー豆の名称を港名・『モカ(Mocha)』にちなんで呼ばれるようになりました。「モカ・マタリ」などの複数の品種が存在します。

 

そして、エチオピアも古くからコーヒーの収穫が盛んな国であり、特に「ハラー」「シダモ」「マタリ」などが有名です。紅海を挟んでイエメンと対岸にエチオピアが位置していることもあり、かつては国境を越えてモカ港からコーヒー豆をヨーロッパなどへ輸出していました。

 

このような理由もあり、エチオピアで収穫されたコーヒー豆は、イエメンと品種に違いがありますが、「モカ」の総名称で出回るようになりました。

 

それでは次の項目では、おなじみのコーヒーメニュー「モカコーヒー」と「カフェモカ」について詳しく触れていきましょう。

 

※過去にも「モカ」にまつわる記事が公開されていますので、一緒にご覧下さい。

cafend エチオピア コーヒー 特徴 アイキャッチ
エチオピア産コーヒーの味と特徴【発祥地のコーヒー豆は奥深い?】
2018.10.24
「一番好きなコーヒーの産地は?」 と聞かれたら、私は「エチアピアですかね。」と答えるでしょう。そしてそんなコーヒーファンは少なくありません。 誰もが名前は知っているけれど、どんな国かもわからない人が多いであろう、エチオピア。実はコーヒーの発祥地だと言われているほどコーヒーには縁がある国です。今回...…
コーヒー生産
コーヒーの生産量が多い国はどこ?ランキングと一緒に有名な生産地を紹介
2018.4.16
コーヒー豆の元となるコーヒーチェリーを実らすのは『コーヒーノキ』という植物です。 日本でコーヒーノキの栽培を見たことのある人はほとんどいないかと思います。コーヒーノキはコーヒーベルトと呼ばれる地域でしか育たず、日本はコーヒーベルトに含まれていません。 このコーヒーベルトとはどこの地域を指すのでしょ...…

モカコーヒーの特徴について

モカコーヒーの「モカ」は、先ほど伝えたようにコーヒーに使われている豆の銘柄のことです。モカという名称でここでは収穫地であるイエメンやエチオピアの豆を使って抽出し、提供されています。

モカといっても収穫地がイエメンとエチオピアと2つあり、かつ複数の品種があり、それぞれ香りや酸味・甘味に違いがあります。

 

「モカブレンド」でなく、100%モカをオーダーする場合、同じモカのくくりでも少しずつ香りや味わいが違うことも発見できるでしょう。

 

東京・代官山にはイエメンから直送されたモカコーヒー専門とした『Mocha Coffee(モカコーヒー』というコーヒーショップもあるので、情報をチェックしてみるのもおすすめです。

Mocha Coffeeさん(@mochacoffeetokyo)がシェアした投稿 -

Mocha Coffee(モカコーヒー)公式HP

カフェモカの特徴について

「カフェモカ」は、コーヒーショップやおなじみのコンビニ、コーヒードリンクのメニューでよく出回っているドルチェ系のコーヒードリンクの一つです。カフェラテやカプチーノがルーツとなっているドリンクともいわれています。

 

カフェモカで使われている材料は、濃い目に淹れたコーヒーに牛乳やホイップクリーム、チョコレートソースでトッピングされていることが多いのが特徴です。ココアパウダーも隠し味として追加していることもあります。

 

もともと、モカコーヒーの風味がチョコレート(カカオ)に似ていることから、コーヒーにチョコレートやココアパウダーを入れた飲み物を総称して「カフェモカ」と呼ばれるようになったとされています。

 

そして、カフェモカで使っているコーヒー豆については、先述の「モカコーヒー」とは限らず、別のコーヒー豆を使っていても「カフェモカ」となります。

 

つまり、カフェモカは、風味がコーヒー豆・モカと似ているドリンクとなるわけです。

「モカ」つながりで、カフェタイムを楽しもう!

「モカコーヒー」は、あくまでもイエメンやエチオピア原産のコーヒー豆を使ったものと定義されています。

その一方、「カフェモカ」は、チョコレートシロップやココアパウダーを使い、風味をモカコーヒー風に近づけたコーヒードリンクです。

 

今回の記事で「モカコーヒー」と「カフェモカ」は、で原産国や使う材料の成り立ち、双方の違いについてご紹介しました。雑学的なことではありますが、「モカ」の知識をより深めることで役に立つかもしれません。

 

そして、「モカ」を知ることで、これからのカフェタイムが違う目線(角度)で楽しんでみましょう!

 

<参考先>

ドリップバッグ モカ 120袋 | コーヒー通販 ブルックス コーヒーマーケット
豆を選ぶ アフリカの生産国 | おいしいコーヒーの淹れ方 | 知る・楽しむ | UCC上島珈琲

辻調おいしいネット / カフェ・マニアックス

世界のコーヒー豆の特徴 | 株式会社 澤井珈琲

カフェモカ | 季節のおすすめ | 株式会社アペックス

 

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • cafe
    これホント?コーヒーのカフェインが日本人には効かないはなし
  • エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
  • コーヒー豆の流通経路は問題点が山積みだった!一杯の適正価格とは何だ?
  • コーヒー豆の挽き方の種類とミル(器具)について
  • ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう
  • cafe
    水出しコーヒーってアイスコーヒーと何が違うの?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事