ミルクを注ぐ

アイスであれホットであれ、ブラックコーヒーを注文したら、一緒にミルクを提供されることが多々あります。ブラックコーヒーにミルクを入れると美味しくなり飲みやすくなりますが、そのほかにもメリットが。

 

本記事では、ミルクを加えるメリットと、コーヒーフレッシュを使用するデメリットについてご紹介します。

 

関連記事:カフェオレを簡単に美味しく作れる!【牛乳とコーヒーの黄金レシピ】

関連記事:コーヒーにまつわるトリビアをご紹介【会話のネタにぴったりかも? 】

コーヒーにミルクを加えるメリットは?

コーヒーとミルク

ミルクを加えると、コーヒーがまろやかになって飲みやすくなりますが、それ以外にもメリットがあります。

胃の弱い人はミルクを加えて

さまざまな健康効果があるといわれるコーヒーですが、その効果は、ブラックコーヒーを飲む際に顕著に現れます。とくに、ダイエット目的でコーヒーを飲むのであれば、ブラックコーヒーを飲むようにしましょう。しかし、コーヒーは刺激物ですから、胃腸の弱い人がブラックコーヒーを1日に何杯も飲むのはおすすめできません。また、空腹時にコーヒーを飲むことも、控えたほうが良いかもしれません。

 

胃もたれや胃痛を引き起こさないようにするために、ミルクを加えてみましょう。コーヒーフレッシュ(ポーションミルク)やスキムミルク、牛乳などミルクの種類に関わらず、ミルクに含まれている脂肪が胃の粘膜を覆い、カフェインの刺激から胃を守ってくれます。

 

関連記事:胃もたれや胃痛のときにコーヒーは控えるというのは本当?その解消法とは?

カフェインの吸収スピードを遅くする

コーヒーを飲むと、胃や小腸からカフェインが吸収され、およそ45分後には99%ほど吸収されます。急激なカフェイン吸収は胃酸の分泌が増加させ、胃を荒らす結果に。ところが、ミルクを入れて飲むとカフェインの吸収スピードが遅くなり、胃が荒れにくくなるというメリットがあります。

 

また、カフェインの吸収スピードを遅くすると、カフェインの効果が発揮される時間もゆっくりになります。ですから、少し長めの昼寝の前にミルク入りのコーヒーを飲んでおくと、カフェインの覚醒作用が緩やかに現れるため、スッキリと目覚めることができるでしょう。

 

関連記事:コーヒーのカフェインは風邪に効果あり?風邪のときの効果的な飲み方

コーヒーフレッシュのデメリットは?

ミルククラウン

コーヒーには、コーヒーフレッシュを入れるという人もいらっしゃるでしょう。常温保存できる便利なコーヒーフレッシュですが、いくつかデメリットもあるようです。

トランス脂肪酸が含まれている

生クリームに似てはいますが、じつはコーヒーフレッシュは植物性油脂が主成分です。最近の一部の商品の中には、乳脂肪が含まれているものもあるようですが、基本的には乳成分は含まれていません。油脂加工品であるコーヒーフレッシュにはトランス性脂肪酸が含まれており、トランス性脂肪酸の摂取過多になると、肥満や心疾患にかかるリスク、アレルギー性疾患にかかる率が高くなるといわれています。

栄養価はほぼなし

コーヒーフレッシュには、カルシウムやたんぱく質などの栄養成分は入っていません。コーヒーフレッシュは植物性油脂と乳化剤、増粘多糖類とカラメル色素、そして日持ちさせるためのPH調整剤からできています。もちろん、油と添加物からできているコーヒーフレッシュを、1日1、2個ほど使用する分には問題ないかもしれません。ですが、もしもコーヒーを飲むたびに使用しているのであれば、入れる個数を減らすなどしたほうが良いでしょう。

カロリー過多になりがち

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校とカリフォルニア大学サンディエゴ校が、19,400人を対象に行った共同研究によると、コーヒーをブラックで飲まない人たちのほとんどが、ミルクや砂糖のカロリーを気にかけていないため、カロリー過多になりやすいことが明らかになりました。一方、興味深いことに炭酸飲料を飲む人たちのほうが、意識的に食事のカロリー摂取を控える傾向にあったといいます。

 

さらに、ミルクや砂糖がたっぷり入ったデザートのような甘いコーヒーが好きな人は糖分の摂取に無頓着なケースが多く、糖分によって血糖値が急上昇した後に急下降するため、無性にジャンクフードを食べたくなってしまう人が多いのだそう。

牛乳かスキムミルクに替えてみることも

牛乳

胃を保護する点ではコーヒーフレッシュも有用ですが、健康のためを考えると、栄養価の高い牛乳かスキムミルクに替えたほうが良いかもしれません。牛乳にはたんぱく質が含まれているので、満足感も得られます。そのため、コーヒーフレッシュを加えるよりも満腹感が長く持続しますから、食欲を抑えることも可能に。

 

また、コーヒーフレッシュ1個(5ml)のカロリーはおよそ15キロカロリーですが、牛乳5mlは約3キロカロリーです。「ミルクを入れたいけど肥満にはなりたくない」というのであれば、コーヒーフレッシュの代わりに牛乳を入れてみましょう。

 

created by Rinker
よつ葉
¥1,680 (2020/09/28 12:45:10時点 Amazon調べ-詳細)

ミルクの種類にも注意して

ミルクのしずく

1日1回しかコーヒーを飲まない場合には、それほどミルクの種類にこだわらなくても良いでしょう。しかし、1日に数杯も飲む習慣があるのなら、コーヒーに入れるミルクの種類についても検討してみる必要があるかもしれませんね。

 

参照サイトURL:https://www.elle.com/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • coffee
    コンビニのコーヒーはなぜ安く、そしてなぜ売れたのか
  • ホットコーヒー
    【65℃以上の飲み物は危険?】コーヒーと食道がんの気になる関係について
  • 【珈琲がお得に飲める】コーヒータンブラーの割引紹介とおすすめ商品は?
  • 【泡が名前の由来?】意外と知られていない?カプチーノとカフェラテの違いとは?
  • 【ジャコウネココーヒー:コピ・ルアク】味や特徴は?気になることについてまとめてみた

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう