ホンジュラスとコスタリカに挟まれたニカラグア共和国は、中南米でもっとも面積が広い国です。ニカラグア西部にあるマナグア湖畔にそびえ立つモモトンボ火山を中心にコーヒー栽培が盛んなニカラグアは、隣国にも負けないほど質の良いコーヒーを収穫できることで知られています。

 

本記事では、日本では知名度が低いニカラグアのコーヒーの特徴と、2022年にニカラグアで開催されたCOE(カップ・オブ・エクセレンス)の結果をご紹介します。

 

希少な品種もあるニカラグアのコーヒー

ニカラグアのコーヒーチェリーが収穫される時期は、10月から3月の間です。

 

コーヒーが国の主要輸出作物となっているニカラグアでは、1850年代から大規模なコーヒー生産が開始され、現在ではスペシャルティコーヒーの生産国のひとつに数えられるようになりました。

 

ニカラグアのコーヒーの特徴は?

世界有数の火山地帯を有し、「火の国」と呼ばれることもあるニカラグア。

 

標高が高い火山地帯の土壌はミネラルが豊富で、昼夜の寒暖差があるためコーヒー栽培に適しています。ニカラグアの首都マナグアは、ニカラグア最大のコーヒー生産地です。

 

そのほか、ニカラグア北部にあるヌエバ・セゴビア県、ニカラグア西南部にあるカラソ県ヒノテペ市、ニカラグア中部にあるマタガルパ県マタガルパ市で収穫されたコーヒーなどが、品質の良さで高く評価されています。

 

ブラジルで生産されているコーヒーの品種はアラビカ種のブルボン、カトゥアイ、カトゥーラ、ムンドノーボなどに対して、ニカラグアではブルボン、パカマラ、マラゴジッべ、そして希少なジャバニカといった品種が生産されています。

 

ジャバニカはエチオピア起源の品種で、オランダ人たちによってインドネシア・ジャワ島に持ち込まれたアラビカ種がニカラグアに伝えられ、ジャバニカと呼ばれるようになりました。ジャバニカはマタガルバにある農園の限られた生産者の間でしか栽培されていないため、とくに希少性の高い品種です。

 

昼夜の寒暖差が大きいほどコーヒー豆の味が凝縮されておいしくなるため、標高が高い地域で収穫されたコーヒーほどランクが高くなります。

 

天日干しで乾燥させるナチュラル精製されたニカラグアのコーヒーは、フルーティーかつ爽やかな酸味と甘みのすばらしい風味が特徴です。

 

ニカラグアのCup of Excellence(カップ・オブ・エクセレンス)

アメリカ・オレゴン州ポートランドに拠点を置く非営利団体「Alliance for Coffee Excellence」が運営するCup of Excellence(カップ・オブ・エクセレンス)。カップ・オブ・エクセレンス(COE)とはコーヒーの品質向上を目的に行われる品評会のことで、1999年にブラジルで開催されたのが最初のCOEだといわれています。

 

ブラジルで成功を収めた結果、翌年も同様の品評会が開催されることになり、南米の生産国を中心にCOEが開催されるようになっていきました。

 

現在ではブラジルをはじめ、ニカラグア、コロンビア、グアテマラ、ホンジュラス、コスタリカ、メキシコ、エルサルバドル、ボリビア、ペルー、ブルンジ、ルワンダ、エチオピア、インドネシアで開催されています。毎年、国ごとに行われるCOEですが、国情勢や予算の都合で中止になる場合もあるのだそう。

 

中南米では、毎年4月~6月にCOEが開催されることが多く、ニカラグアでもそれらの時期に行われています。2020年のカップ・オブ・エクセレンスとナショナル・ウィナー(National Winner)には、ニカラグアの5地域から出品されたコーヒーが入賞しました。

 

ナショナルウィナーのロットとは、最低5回のカッピングが行われた後、国内審査員と国際審査員によって85点以上を獲得したコーヒーです。一方、カップ・オブ・エクセレンス 受賞ロットとは、国際審判員による厳正な採点において87点以上を獲得したコーヒーで、「最高品質のコーヒー」と認められたもののことを指します。

 

関連記事:

『Cup of Excellence(カップ・オブ・エクセレンス)』が提供するカッピング技術の新しいトレーニングプログラムとは?

 

世界1位のコーヒーを決める祭典『カップ・オブ・エクセレンス』その厳しい審査基準とは?

 

COEニカラグア2022の結果は?

第18回目を迎えたCOEニカラグアは、2022年6月に開催されました。カップ・オブ・エクセレンス受傷ロットは、2022年8月4日からオンラインでオークションにかけられる予定です。ここでは、Alliance for Coffee Excellenceによって発表された、その結果をご紹介します。

 

COEニカラグア2022の上位10位

カップ・オブ・エクセレンスおよび、ニカラグアのCONATRADEC(Comisión Nacional para la Transformación y Desarrollo de la Caficultura、コーヒー農業の変革と発展のための国立委員会)は、2022年に開催されたニカラグア・カップ・オブ・エクセレンスのカップ・オブ・エクセレンスを受賞した26ロットと、ナショナル・ウィナーを受賞した11ロットを発表しました。

 

1位

スコア:90.74

生産者名:Mario José González Rodríguez(マリオ・ホセ・ゴンサレス・ロドリゲス氏)

農園名:El Avión(エル・アビオン農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Catuai Rojo(カトゥアイ・ロホ)

精製方法:Natural(ナチュラル)

 

2位

スコア:89.65

生産者名:Invasa(インバーサ氏)

農園名:Buenos Aires(ブエノスアイレス農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Maracaturra(マラカトゥーラ)

精製方法:Natural(ナチュラル)

 

3位

スコア:89.53

生産者名:Luis Alberto Balladarez Moncada(ルイス・アルベルト・バラダレス・モンカダ氏)

農園名:Un Regalo De Dios(ウン・レガロ・デ・ディオス農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Maracaturra(マラカトゥーラ)

精製方法:Natural(ナチュラル)

 

4位

スコア:89.35

生産者名:Sergio Antonio Gutiérrez Peralta(セルジオ・アントニオ・グティエレス・ペラルタ氏)

農園名:Los Volcancitos(ロス・ボルカンシトス農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Catuai Rojo & Pacamara(カトゥアイ・ロホ、パカマラ)

精製方法:Washed(ウォッシュド)

 

5位

スコア:89

生産者名:Luis Joaquín Lovo Gutiérrez(ルイス・ホアキン・ロボ・グティエレス氏)

農園名:Bella Aurora(ベッラ・アウローラ農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Maracaturra(マラカトゥーラ)

精製方法:Washed(ウォッシュド)

 

6位

スコア:88.91

生産者名:Daisy María Zamora Mansell(デイジー・マリア・サモラ・マンセル氏)

農園名:La Soledad(ラ・ソレダド農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Caturra & Catimor(カトゥーラ、カティモール)

精製方法:Natural(ナチュラル)

 

7位

スコア:88.76

生産者名:Abner Samuel Zavala Gonzalez(アブネル・サミュエル・サバラ・ゴンザレス氏)

農園:El Cambalache(エル・カンバラケ農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Maracaturra(マラカトゥーラ)

精製方法:Honey(ハニー)

 

8位

スコア:88.76

生産者名:Jesús Mountain Coffee Company(ジーザス・マウンテン・コーヒーカンパニー)

農園名:Jesús Mountain Coffee Company(ジーザス・マウンテン・コーヒーカンパニー農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Pacamara(パカマラ)

精製方法:Washed(ウォッシュド)

 

9位

スコア:87.94

生産者名:Arjen Roersma(アルイェン・ロエルスマ氏)

農園名:La Orquídea(ラ・オルキデア農園)

地域:Matagalpa(マタガルパ)

品種:Maracaturra(マラカトゥーラ)

精製方法:Washed(ウォッシュド)

 

10位

スコア:87.94

生産者名:Jairo Rogelio Vásquez Olivera(ジャイロ・ロジェリオ・バスケス・オリベラ氏)

農園名:Los Suyates(ロス・スヤテス農園)

地域:Nueva Segovia(ヌエバ・セゴビア)

品種:Catimor & Catuai(カティモール、カトゥアイ)

精製方法:Natural(ナチュラル)

 

COEニカラグア2022を振り返って

コーヒーチェリー

ニカラグアのカップ・オブ・エクセレンス第1位は、ヌエバ・セゴビア県エル・アビオン農園のマリオ・ホセ・ゴンサレス・ロドリゲスさんが生産したカトゥアイ・ロホ種のコーヒーで、90.74点のスコアを記録。カトゥアイ・ロホは、約2.0mに成長するドワーフ・コーヒーブッシュで、濃い赤色の果実が特徴です。

 

「まず神に感謝したいです。長年の苦労と忍耐の結果、このような素晴らしい成果がもたらされました。優勝に貢献した農園内のすべてのスタッフに感謝します。」と、マリオさんは述べています。

 

第2位に輝いたのは、ヌエバ・セゴビア県ブエノスアイレス農園のインバーサさんで、マラカトゥーラ種のコーヒーで89.65点を獲得しました。第3位は、ヌエバ・セゴビア県ウン・レガロ・デ・ディオス農園のルイス・アルベルト・バラダレス・モンカダさんで、マラカトゥーラ種のコーヒーで89.53点を獲得しています。

 

カップ・オブ・エクセレンスでヘッドジャッジを務めたエドゥアルド・アンブロシオさんは、「今年も最高のニカラグア産コーヒーのカッピングを楽しむことができました。マラカトゥーラは今回も期待を裏切らない出来で、スペシャルティコーヒーの一流の産地をより深く知る大会になったと思います。

 

ウォッシュド以外の精製方法で精製されたコーヒーをカッピングすることは、わたしにとってとても楽しい機会になりました。ニカラグア最高のスペシャルティコーヒーの冠が、ナチュラルプロセスで精製された伝統的なカトゥアイに与えられたのは、大きな驚きです。しかし、これは生産者が精製方法において、多大の改善と努力を払った結果だと考えることができるでしょう。」と、語っています。

 

ニカラグアの高品質コーヒーはヌエバ・セゴビア県産が多い

コーヒー豆

今回は、ニカラグア・カップ・オブ・エクセレンス2022を受賞した26ロットのうち、上位10ロットをご紹介しました。

 

1位から10位をザっと見渡してみたところ、ヌエバ・セゴビア県にある農園の多くが、高品質のスペシャルティコーヒーを生産していることがわかるのではないでしょうか。次回のニカラグアでの開催がいまから楽しみです。

 

日本ではあまりメジャーではないニカラグアのコーヒーですが、機会があればぜひとも飲んでみたいですね!

 

参照サイト:

https://allianceforcoffeeexcellence.org/

https://www.gcrmag.com/

https://cupofexcellence.org/

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • 女性とカップ
    子宮体がんの発生率とコーヒーの関係を徹底解説【コーヒーで予防が可能?! 】
  • 【コーヒーと紅茶】カフェインの含有量の違いとは?よく聞く噂の真実を検証!
  • ブラックコーヒー
    コーヒーに含まれる「トリゴネン」はアルツハイマー型認知症の予防に効く? 海外の研究結果をご紹介
  • サステナビリティに取り組む『LOT61 Coffee Roaster(ロット・シックスティワン・コーヒーロースター)』
  • 楽しさ膨らむ!スターバックスのおすすめの定番無料カスタム5例
焙煎後、翌日配送!新鮮なコーヒーをご自宅へ!今なら電動ミルをプレゼント『Beans Express』
お得だからといって、まとめて大量のコーヒーを販売しては、お客様が飲みきる前にコーヒーは酸化し味も風味も劣化してしまいます。焙煎したてのコーヒー豆をいつでも楽しんでいただけるようなサービスをどんなものだろうと考えスタートさせたのがコーヒーブランド「BeansExpress」です。
そして、ご自宅に電動ミルをお持ちで無い方にも気軽に楽しんでいただけるよう、初回電動ミルを無料でプレゼントしています。コーヒー初心者の方からコーヒーマニアという方まで、『-Beans Express-』の焙煎したてのコーヒーの味を是非一度お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう