広大な国土を有するカナダはヨーロッパからの移民が多いためか、コーヒー好きな人がたくさんいます。とくに寒い地域では、冷えた体を温めるためにコーヒーがよく飲まれているのだとか。

 

本記事では、カナダで人気のスペシャルティコーヒー専門コーヒーロースター「PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)」をご紹介します。

 

カナダ・トロントを代表するコーヒーロースター『PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)』

カナダ・オンタリオ州の州都トロントに拠点を置く「PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)」。このスペシャルティコーヒー専門のコーヒーロースターは、地元っ子である「トロントニアン(Torontonian)」たちの中でも、コーヒーにこだわる人に愛されています。

 

カナダ人はコーヒー好き?

カナダの大都市トロントでは、ほかの大都市と同じく、テイクアウト用コーヒーカップを持って歩いている人をよく見かけます。もちろん、コーヒーが好きなのはトロントに住む人たちだけではありません。

 

国際連合食糧農業機関(FAO、Food and Agriculture Organization of the United Nations)の調べによると、2019年のカナダ人一人当たりの年間コーヒー消費量は約722杯でした。これは、日本人一人当たりの年間コーヒー消費量(344杯)をはるかに上回る数字です。

 

コーヒー好きな人が多いだけあって、カナダの街中には至るところにカフェがあります。例えば、1964年にオープンしたコーヒー・ドーナツチェーン店「ティム・ホートンズ(Tim Hortons)」は、カナダ国内に約3,000店舗を構えており、スターバックスよりも店舗数が多いことで有名です。

 

お財布に優しく、気軽に入れるコーヒーショップは現在でも人気ですが、もともとコーヒーを飲む習慣が根付いているカナダで、高品質のスペシャルティコーヒーが広まるのにあまり時間は掛かりませんでした。

 

トロントのコーヒー文化を代表する存在に

2009年、Te Aro(パイロット・コーヒーロースターズの前身)は、トロントにスペシャルティコーヒーを紹介することを目的に、レスリービル地区に最初の焙煎所を構えました。新進気鋭のこのコーヒーロースターは、新しくカフェを開こうと計画している人たちにコーヒーや機器の提供はもちろん、トレーニングなどの技術的なサポートやコンサルティングサービスを行います。

 

創業当初、トロントには、本当においしいコーヒーを知る人はほとんどいなかったといいます。ダイレクトトレードやコーヒー豆の品質、抽出方法などに関心を払う人はいませんでした。しかし、まもなくしてサードウェーブコーヒーの波がカナダにも到来したおかげで、スペシャルティコーヒーが世間の注目を集めるようになります。

 

カナダのコーヒー業界に新風を吹き込んだパイロット・コーヒーロースターズの事業は順調に成長し、2011年にはオシングトン地区に2店舗目をオープン。また、2013年にはロースタリー事業を現在の本社がある場所に移動させ、「パイロット・コーヒーロースターズ」に社名を変更します。こうして現在、トロントに8店舗、オークビルに1店舗を構えるまでに成長したパイロット・コーヒーロースターズは、トロントを代表するこだわりのコーヒーロースターに成長しました。

 

数々の賞を受賞

スペシャルティコーヒーへの並々ならぬ情熱に動かされて発展し続けたパイロット・コーヒーロースターズは、カナダでもっとも急成長した企業を認定する「GROWTH 500」にリスト入りを果たします。

 

2019年には、カナダでもっとも長い歴史を持つインテリアデザイン誌「CANADIAN INTERIORS」のベストオフィス賞を受賞。さらに、2019年と2020年には、従業員にとって働きやすい環境を提供している優れた企業を認定する「GREAT PLACE TO WORK-CERTIFIED™」のベストワークプレイスに選定されました。

 

また、パイロット・コーヒーロースターズは、コーヒー業界誌「Roast Magazine」により、2014年の「Micro Roaster of the Year」に選ばれました。「Roast Magazine」が世界のトップロースターに贈るこの賞は、コーヒーの品質は当然のことながら、企業の行動指針や従業員への対応、コーヒー業界へのコミットメントなどが総合的に採点され、もっとも多くのポイントを獲得したコーヒーロースターに与えられるものです。

 

ほかにも、優れたインハウスデザイナーに与えられる「RGD IN-HOUSE DESIGN AWARDS」では、2019年と2021年の2年続けてパッケージ部門の功労賞を受賞。以前はデザインラボ・ショーケースとして知られていた、スペシャルティコーヒーの優れたデザインを紹介する「SCA – DESIGN IN COFFEE AWARDS」では、2019年と2021年にベストパッケージ部門ファイナリストに選ばれました。

 

パイロット・コーヒーロースターズの魅力的なコーヒーバッグパッケージは、環境配慮型と呼ばれるエコ・パッケージです。植物由来のBiotrē™2.0素材を使用したパッケージは、普通のパッケージよりも温室効果ガスの排出量が大幅に低く、堆肥化が可能。廃棄する場合、カナダの一般家庭で使用されているコンポスターであれば、12週間以内にパッケージの60%ほどが分解されるので、環境への影響もより少なくなります。

 

『PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)』のコーヒー

パイロット・コーヒーロースターズのコーヒーは、グアテマラ、コロンビア、コスタリカ、エルサルバドルなど南米のコーヒーを多く取り扱っているのが特徴です。季節ごとに最高の出来のコーヒー豆を調達するパイロット・コーヒーロースターズですが、ここではその中からいくつかおすすめのスペシャルティコーヒーをご紹介します。

 

エスプレッソにおすすめの「SUMAVA TERESA (スマバ・テレサ)」

火山性の豊かな土壌や気候など、世界でも有数のコーヒー栽培条件を備えているコスタリカ。コスタリカで収穫されたコーヒー豆を使用したスマバ・テレサは、爽やかな軽い酸味と甘みを持つコーヒーで、エスプレッソに最適です。

 

首都サン・ホセ州南部ドタ市に位置する標高2,000mの高地「サンタテレサ」農園のロジャー・イダルゴ氏と、「スマバ・デ・ルーデス」農園のフランシスコ・メナ氏により、丹精込めて栽培されたコーヒーをブレンド。アーモンド、クッキー&クリームの香ばしく甘やかな風味とバターのようなコクが特徴となっています。

 

洗練されたおいしさの「SERTÃOZINHO(セルトンジーニョ)」

ブラジル・ミナス・ジェライス州の山間部にある「セルトンジーニョ」農園は、70年以上の歴史を持つ家族経営の農家でパイロット・コーヒーロースターズと長年良い関係を築いてきました。ミナス・ジェライス州ではほとんどが小規模農家ですが、2011年には高品質のコーヒーを生産する地域として地理的表示保護制度に登録されました。

 

パイロット・コーヒーロースターズのセルトンジーニョは、コーヒー生産者のホセ・レナト・ゴンサルヴェス・ディアス氏によって、地域の植生を保護しつつ有機肥料と堆肥を使って栽培されたアラビカ種のカトゥアイを使用。こちらのコーヒーはキャラメル、ネクタリンの風味が特徴で、酸味とコクのバランスが良い洗練されたカップに仕上がっています。

 

『PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)』のコーヒーレシピ

パイロット・コーヒーロースターズでは、甘み、ボディ、複雑さの微妙なバランスを作り出せるよう焙煎を行い、どのような抽出方法でも素晴らしい味わいのコーヒーを作ることを目標としています。

とはいえ、どれもユニークなコーヒーばかりなので、「一番適した抽出方法は? 」と尋ねる人も多いのだそう。

 

そこで、パイロット・コーヒーロースターズでは新しいコーヒーが発表されてから約2週間後に、そのコーヒーにとって最適な抽出レシピを公式ホームページ上で公開しています。そのほか、ホームページにはさまざまなコーヒーレシピが載せられています。ここでは、暑い時期にうれしいコーヒーレシピをご紹介します。

 

パイロット・コーヒーロースターズ式コールドブリューのレシピ

コーヒー本来の味を楽しめるコールドブリューを作るには、焙煎したてのコーヒー豆、冷水、デジタルスケール、コーヒーミル、コーヒーフィルターを用意します。コーヒーと水の比率は1:4 ですから、125gのコーヒー豆に対して500g(もしくは500ml)の水が必要です。

 

<作り方>

 

  1. コーヒー豆を粗挽きにします。
  2. 挽いたコーヒー豆と冷水を容器に入れ、軽くかき混ぜます。
  3. 蓋をして、16時間冷蔵庫で冷やします。
  4. 出来上がったものをフィルターで濾し、清潔な密閉瓶に移します。このコーヒー濃縮液は冷蔵庫で2週間ほど保存できますが、1週間を過ぎると風味が落ちるのでできるだけ早く飲み切るようにしましょう。
  5. 飲むときには、コーヒー濃縮液と水を1:2の割合でグラスに注ぎます。例えば、300mlのコールドブリューを作りたいのであればコーヒー濃縮液100mlに対して、水の割合は200mlです。

 

おしゃれなコーヒーモクテルのレシピ

ノンアルコールカクテルのコーヒーモクテルは、爽やかな口当たりで夏にぴったりのドリングです。さっぱりしたレモンの風味が効いているため、食後の口直しにも最適。パイロット・コーヒーロースターズ流のコーヒーモクテルを2人分作るには、上記レシピで作った濃縮コールドブリュー 88ml、レモネード 88ml、無糖炭酸水88ml、ミントの葉2枚、氷を用意します。

 

<作り方>

 

  1. カクテル用シェーカーにミントの葉とレモネード、氷を入れてシェイクします。
  2. 氷を入れたグラスを用意し、シェイクしたレモネードを注いだ後に無糖炭酸水を加えます。
  3. グラスの中がきれいな2層になるように濃縮コールドブリューをスプーンを使ってゆっくり注ぎ、あればレモンの輪切りを飾りましょう。

 

新たな挑戦に臨む『PILOT COFFEE ROASTERS(パイロット・コーヒーロースターズ)』

カナダ・トロントで、スペシャルティコーヒーを広めたパイロット・コーヒーロースターズ。最近では、家庭でもカフェの味を再現できるよう、ドリップバッグを発売しました。これは、まずいと思われがちなドリップバッグのコーヒーも、実際にはおいしく飲めることを証明したいからなのだとか。カナダ・トロントのスペシャルティコーヒー専用コーヒーロースターの先駆け的存在であるパイロット・コーヒーロースターズの挑戦はこれからも続きます。

 

参照サイトURL:

https://www.pilotcoffeeroasters.com/

https://www.comunicaffe.com/

 

 

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • 【コーヒー豆の製造過程や方法】コーヒーはどうやって作られる?
  • 世界一のコーヒー豆はブラジル産!?おすすめはアラビカ種で中挽き!
  • 人気のオーガニックコーヒーは美味しい?…の味と真実【環境への配慮】
  • ドイツ・ベルリン初のコーヒー焙煎所「Bonanza Coffee Roasters(ボナンザ・コーヒー・ロースターズ)」をご紹介
  • 【コーヒーと紅茶】カフェインの含有量の違いとは?よく聞く噂の真実を検証!
カフェ・レストランで働くなら『CAFEND JOB』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう