つい油断してコーヒーや紅茶を服にこぼしてしまった……なんて経験をしたことがある人は意外と多いのではないでしょうか? コーヒーや紅茶のシミは、時間が経つにつれて頑固になり、なかなか落ちにくくなってしまいます。

 

しかし「クリーニング屋さんにお願いするしかない」と思っていたコーヒーや紅茶のシミも、じつはその多くを家庭で手軽に落とすことが可能です。

 

今回は服についてしまったコーヒーや紅茶のシミの応急処置や、家庭でのシミ抜きの方法・コツについて詳しく解説していきます。

 

関連記事:【コーヒーで温活】食材と、おすすめのレシピ3つについてまとめてみた

関連記事:身体に優しいデトックス!おすすめのコーヒー+パウダーの組み合わせ3選

コーヒーや紅茶のシミは水溶性の汚れなので「早めの対処」がカギ

コーヒーや紅茶のシミは水溶性で、比較的落としやすい汚れです。しかし色素が含まれているため、時間が経つほど繊維の奥に染み込み、落としにくくなってしまいます。

 

またミルクを入れたカフェオレやミルクティーのシミは牛乳のタンパク質や脂肪分を含むため、できるだけ早く落とさないと変色の可能性も。

 

いずれにせよコーヒーや紅茶を服にこぼしてしまったら、できるだけ早く対処することがシミを残さないコツです。

外出先でコーヒーや紅茶のシミをつけてしまったときの応急処置

外出先でコーヒーや紅茶をこぼしてしまったら、焦らず次のような手順で応急処置をおこない、シミが広がるのを防ぎましょう。

 

  1. シミがついた部分を軽く湿らせる
  2. 水で濡らしたティッシュでシミを軽く叩きながら汚れを移しとる
  3. 乾いたティッシュなどで水分を拭き取る

 

なかなかシミが落ちない場合には、ハンドソープを少しなじませると落ちやすくなります。

しかしあくまで応急処置なので、完全に汚れが落ちているわけではありません。そのままにしておくとうっすらとシミが残ってしまうことも。外出先から帰宅後、できるだけ早くきちんとシミ抜きすることが大切です。

コーヒーや紅茶のシミ抜き方法

コーヒーや紅茶のシミ抜き方法について解説する前に、衣類の洗濯表示を確認しておきましょう。

いつも自宅で洗濯している衣類であれば、基本的にシミ抜きは可能です。

 

しかし水洗いできないデルケートな衣類はクリーニング店に依頼しましょう。生地を傷めてしまう可能性があります。

 

それではシミのレベル別にシミ抜きの方法を解説しましょう。

【レベル1.ついてすぐのシミ】水で洗い流す

自宅でコーヒーや紅茶を飲んでいてこぼしたら、すぐに水で洗い流しましょう。ついてすぐであれば、軽くもみ洗いするだけで簡単に落とせます。

【レベル2.少し時間の経ったシミ】台所用洗剤で浮かせて落とす

出かけた先でコーヒーや紅茶をこぼした場合など、少し時間が経ってしまったシミは、台所用洗剤を使うときれいに落とせます。

 

■用意するもの

  • 台所用洗剤
  • タオル
  • 古歯ブラシ

 

■シミ抜きの手順

  1. 衣類を裏返し、シミ部分に直接タオルを当てる(衣類の表にタオルを当てるように)
  2. シミを軽く濡らし、上から台所用洗剤をなじませる
  3. タオルに汚れを移すように、シミの上から古歯ブラシでトントンと叩く
  4. ある程度まで汚れが落ちたら水ですすぎ、いつも通り洗濯する

 

衣類の裏側からシミを押し出すようなイメージでおこなうと、すっきり落とせます。

【レベル3.ちょっと頑固なシミ】酸素系漂白剤で色素を落とす

それでも落ちない頑固なシミは、時間の経過とともに色素が繊維まで染み込んでしまっているかもしれません。またカフェオレやミルクティーなど牛乳を使ったドリンクは、台所用洗剤では落としにくいことも。

 

そんなときに活躍するのが酸素系漂白剤です。

 

色柄を脱色してしまう塩素系漂白剤と異なり、汚れだけを落としてくれるはたらきを持ちます。
また塩素系漂白剤は生地に負担がかかり、傷みの原因になってしまうこともありますが、酸素系漂白剤はおだやかな漂白作用で色素汚れに強いため、コーヒーや紅茶のシミ抜きに持ってこいなんです。

 

酸素系漂白剤には液体と粉末状のタイプがあり、それぞれ次のように使うとシミ汚れに効果的です。

液体タイプはウールやシルクにも

出典:花王株式会社

液体の酸素系漂白剤を使う場合には、シミ部分を軽く水でもみ洗いした後に原液を直接塗り、いつも通り洗濯するだけでOK。ウールやシルクなどにも使えるため、お出かけ着にも安心です。

粉末タイプはより頑固なシミに

出典:花王株式会社

粉末の酸素系漂白剤は液体タイプよりも洗浄力が高く、つけおきしておくとかなり頑固なシミ汚れもすっきり落とせます。

 

■つけおきの手順

  1. 40℃ほどのお湯を洗面器に張り、粉末の酸素系漂白剤を大さじ2〜3杯ほど溶かす
  2. シミのついた衣類を30〜1時間ほどつけおきする
  3. 取り出していつも通り洗濯する

 

粉末の酸素系漂白剤は水では効果が十分発揮できないため、40〜50℃のお湯を使うのがポイントです。またあまり長い時間つけおきすると生地に負担がかかるため、注意しましょう。

コーヒーや紅茶のシミはできるだけ早い処置ですっきりきれいに

つい油断してつけてしまったコーヒーや紅茶のシミは、放っておくと色素が残ってしまい、落ちにくい頑固な汚れになってしまいます。外出先の場合には焦らずに応急処置をほどこし、帰宅後のできるだけ早いうちにシミ抜きをおこないましょう。

 

効果的なシミ抜きの方法を知っておき、お気に入りの服を着ていても安心してコーヒーや紅茶を楽しみたいですね。

 

関連記事:ひと味もふた味も違う! 最高の隠し味「コーヒー」の料理活用アイデア3つ

関連記事:【実証データあり】エコに優しいストロー素材の気になることをまとめてみた!

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • 夏の新感覚ドリンク?エスプレッソトニックのオススメの楽しみ方とは
  • 紅茶種類
    同じ茶葉なのに銘柄によって味が違うのはなぜ? 産地別に紅茶の種類をご紹介!
  • 銭湯=伝統と現代の融合空間!~時代が溶け合う銭湯へ繰り出そう~
  • 夏バテ予防のハーブティー2選!ハイビスカス&ジンジャー
  • イギリスの紅茶の飲み方から世界の紅茶事情まで

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう