マナーはルールではない。
違反したところで「はい。青切符。罰金12000円ね。」なんて言われない。だからこそ違反してしまいがちなものだと思う。“ペナルティがない”というのは実は恐ろしいことで、矯正する意識を低下させる。

 

当然、紅茶を飲むときの作法や飲み方、マナーを違反してもペナルティはない。ただ、マナー違反によって疑われた人間性はなかなか回復しないもので、時には大事な人を疎遠にさせたり、大事な局面を台無しにしてしまう危険性を秘めている。

たかがマナー、されどマナー。今回は紅茶を飲むときの作法やマナーを解説します。

 

「紅茶ができるまでの工程」と「恋愛が破局を迎えるまでの工程」

 

ティーバッグ不要のゴールデンルール?美味しい紅茶を入れる方法とは

紅茶を飲むときのマナー【 基本編 ~飲み方~】

紅茶を飲むときのマナーは以前、紹介したコーヒーマナーに通ずるものがあります。
改めて説明すると、飲み手に対してカップの取っ手が左、ティースプーンの持ち手が右といった形で運ばれます。

まずは、砂糖やミルク入れないで一口飲みましょう。これは紅茶本来の香りを楽しむためです。一口目を飲むときは、カップを「逆時計回し」にして、取っ手が右にくるようにします。ティースプーンをカップの向こう側に置いてから、取っ手をつまむようにして飲んでください。

一口、紅茶を飲んだら、運ばれてきた状態(カップの取っ手が左、ティースプーンの持ち手が右)に戻しましょう。砂糖を投入する際は紅茶が飛び跳ねないよう注意して下さい。たくさん砂糖を入れる人は数回に分け投入しましょう。

 

砂糖を投入したらティースプーンでかき混ぜます。この時、ティースプーンがカップに当たらないよう静かにかき混ぜてください。かき混ぜたときに起きる水流を利用してミルクも一緒に混ぜ合わせます。砂糖の投入やかき混ぜる際には取っ手に左手を添えましょう。

 

この一連の流れを終えたら、取っ手を右に回し、ティースプーンをカップの向こう側に置いて飲み始めましょう。

この作法はテーブルで紅茶を出された時のマナーなのですが、“低いテーブルで紅茶を出された時”や“立食パーティーの時”は作法が少し変わります。

紅茶を飲むときのマナー【 番外編 】

テーブルの高さが下腹部より下に位置する場合や、立食パーティーで紅茶を出された時は、ソーサーを左手で持ち上げ、取っ手を右手でつまみ紅茶を飲みましょう。

これらは“美しく紅茶を飲む”ためには欠かせない作法なのです。
そして、紅茶を飲むときに“やってはいけないこと”つまりマナー違反もあるので解説していきます。

両手でカップを持つのはマナー違反!?

カップを両手で持つ女性は可愛く映りますが、これはマナー違反になってしまいます。取っ手じゃない方を持っても熱くない、つまり「紅茶がぬるい!」というメッセージになってしまうのです。

また、輪切りのレモンをカップに入れたままにするのもマナー違反です。レモンの果汁は数秒で溶け出すので、すぐにカップから取り出してOKです。投入したレモンはソーサーの縁か専用のお皿に取り出してください。

イギリス貴族の慣習「アフタヌーン・ティー」とは?

イギリスの慣習で「アフタヌーン・ティー」というものがあります。アフタヌーン・ティーとは午後4時頃から始まるティータイムなのですが、紅茶の他に軽食が三品振舞われます。軽食を食べる順番も決められておりサンドイッチ、スコーン、スイーツの順に食べるのがいいとされています。現在、アフタヌーン・ティーはイギリスだけではなく、日本でも広がりつつある慣習です。

マナーを覚える心構えとは?

僕の後輩にとても礼儀正しい人がいる。

礼儀正しいと言っても恐縮し過ぎて、敬語や気の使い方がなんだかおかしい。ただ、失礼のないようにしているんだなという気持ちは十分に伝わるのだ。僕はそれが嬉しい。

確かにマナーや作法を完璧に覚えるのに越したことはないけれど、相手に対して思いやりがなければマナーなんて全く意味がないものだとも思う。マナーの本質を忘れずに作法を身につけたいものである。

関連キーワード
ハーブ・紅茶の関連記事
  • セフレ
    「紅茶ができるまでの工程」と「恋愛が破局を迎えるまでの工程」
  • ペパーミントティー
    ハーブティー「ペパーミント」胃腸もスッキリ!おすすめブレンド3選
  • ハーブティー 入れ方
    初心者にオススメ!基本のハーブティーの淹れ方と楽しみ方
  • 親子で楽しめる!夏のおすすめ『水出しハーブティー』
  • アロマバス
    おうちで簡単「アロマバスボム」の作り方
  • 春のムズムズケアにおすすめのハーブ「ネトル」
    ネトル茶で血液をキレイに! アレルギーにも効果的なハーブティー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事