半分のアボカド

サラダやディップの材料でお馴染みのアボカドですが、じつはコーヒーとも相性が良いようです。

 

ビタミンやミネラルをたっぷり含んだアボカドを使って作るアボカドコーヒーを飲めば、ひと味もふた味も違ったアボカドの魅力を確認できるはず。

 

本記事では、見た目も美しいアボカドコーヒーと、アボカドに期待できる健康・美容効果についてご紹介します。

 

関連記事:脅威の効果!コーヒーに含まれるクロロゲン酸を解説します

関連記事:グリーンコーヒーでダイエット!痩せる飲み方の5つのポイント

デザート感覚で楽しみたいアボカドコーヒー

スムージー

主に、アジアの国々で親しまれている「アボカドコーヒー」。栄養価の高いアボカドを贅沢に使ったドリンクとは、どのようなものなのでしょうか。

ほろ苦さと甘さのハーモニー

ベトナムやインドネシアで人気のアボカドコーヒーは、熟れたアボカドで作ったスムージーに、コーヒーを加えたものです。コーヒーの名が付くとはいえ、その見た目はコーヒーというよりもアボカドジュースといったところ。スムージーを作るときに氷と練乳、仕上げにはチョコレートシロップをプラスするので、ほろ苦さと甘さが凝縮されたドリンクが完成します。

 

濃厚かつアボカド特有のクリーミーさが醍醐味なので、お腹もちがよく、デザートとしてもおすすめです。飲みごたえのあるアボカドコーヒーですが、「もったり感」が苦手な方であれば、スムージー作りのときに氷の量を減らし、代わりに牛乳などをミックスすると良いでしょう。低カロリーでヘルシーな豆乳を加えれば、アボカドの風味を残したまま、サラリとした飲み心地のアボカドコーヒーを作ることができます。

アボカドコーヒーの作り方

アボカドコーヒーを作る際、スムージーを作るためのミキサーと、濃いめに淹れたコーヒーを用意しましょう。わざわざコーヒーを淹れるのが面倒だというのであれば、インスタントコーヒーでコーヒー液を作るのでもOK。

 

コーヒーが薄いと、アボカドやチョコレートシロップに味が負けてしまいます。コーヒーの風味もしっかり味わえるおいしいアボカドコーヒーを作るためにも、濃いめにコーヒーを淹れておきましょう。

 

アボカドコーヒーの作り方は、とても簡単です。クラッシュアイス適量とアボカド1個、練乳大さじ1.5杯ほどをミキサーに入れて回します。なめらかになったらミキサーを止めて、グラスに出来たてのアボカドスムージーとチョコレートシロップ、コーヒーを交互に入れていきます。ミキサーの後片付けが少々面倒かもしれませんが、作り方の手順はいたってシンプル。「ちょっと甘い物がほしな」と思ったときに、気軽に作ることができますよ。

万能すぎる? アボカドの5つの効果

アボカド

アボカドコーヒーを作るときに欠かせない材料であるアボカド。

アボカドの持つ効果をご紹介します。

整腸効果でお腹すっきり

不溶性食物繊維も水溶性食物繊維も、たっぷり含んでいるアボカド。アボカド1個分に含まれる食物繊維の量は、ごぼう約1本分に相当するといわれています。腸内環境を整えるだけにとどまらず、アボカドには余分な脂肪を体外に排出してくれる不飽和脂肪酸が含まれているため、お腹をすっきりさせるのに役立ちます。

肝臓機能をサポート

アボカドには、強力な抗酸化物質であるグルタチオンが含まれています。グルタチオンの持つ解毒作用が、体内に摂取されたアルコールやニコチンなどに働きかけるため、肝臓機能の低下を防ぐことが可能だいわれています。

動脈硬化や高血圧を予防

アボカドは不飽和脂肪酸のひとつで、酸化しにくいオレイン酸を含んでいるため、動脈硬化の原因となる悪玉コレステロールを減らし、血液をサラサラにしてくれるのだとか。さらに余分なナトリウムを体外に排出するカリウムをたっぷり含んでいますから、高血圧の予防も期待できます。

貧血を予防する

日本人の約7割は、遺伝的に葉酸が不足しやすい体質だといわれています。葉酸が不足すると赤血球の生成がうまく行かなくなるため、貧血に陥る可能性が。成人(妊娠中の女性以外)が1日に必要とする葉酸は約240㎍ですが、アボカドを1個食べれば、1日に必要な摂取量のおよそ半分を補うことができます。水溶性ビタミンの一種である葉酸は熱に弱く、調理すると大半が消失してしまいますから、生のまま可食可能なアボカドなどから摂取すると良いでしょう。

 

関連記事:コーヒーのタンニンは貧血に影響?摂取するメリットとデメリットを知る

アンチエイジングにおすすめ

「食べる美容液」の異名を取るアボカドは、女性にとって嬉しい効果がたくさん。ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンEを豊富に含んでおり、肌のうるおいを保つコラーゲンの生成を助け、皮膚を健やかに保ちます。また、ビタミンEやグルタチオンには、老化の原因となる活性酸素の増加を抑える働きが。

 

さらに、ビタミンEは末梢血管を広げ、血行をよくする作用があります。血行がよくなると基礎代謝がアップし、肌のターンオーバーを正常化しますから、いつまでも若々しい見た目を維持することが可能です。

アボカドコーヒーでひと味違ったコーヒーブレイクを

コーヒーカップ

爽やかなグリーンの見た目が、いかにもインスタ映えしそうなアボカドコーヒー。コーヒー好きが眉をひそめるであろうドリンクですが、アボカドの持つ効果を知れば、思わず手が伸びるはず。

 

おやつはもちろん、アボカドコーヒーは朝食にもおすすめです。アボカドは、現在の日本では年間を通して手に入る果物ですから、ぜひともアボカドコーヒー作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:話題の完全無欠珈琲『バターコーヒー』って? 効果や味・作り方を紹介!

関連記事:【はちみつコーヒーの作り方】はちみつコーヒーがもたらす効果や効能とは?

 

参照サイトURL:http://st.sanshi.co.jp/

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • コーヒーベルトから学ぶ ~ベランダでのコーヒー栽培はイイ女と付き合うより難しい~
  • カフェミストとは?オススメのカスタマイズや自宅での作り方も紹介!
  • 【コーヒーの歴史】サードウェーブコーヒーの本当の意味と味とは
  • 半分のアボカド
    美容にいいって本当!?栄養たっぷりのアボカドコーヒーでコーヒーブレイクはいかが?
  • コーヒーツアー
    コーヒーに魅せられて!海外でおすすめのコーヒー農園ツアー3選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう