缶コーヒーのCMでもおなじみの「エメラルドマウンテン」。「ああ、なんか高級なコーヒーだ」とイメージする人が多いでしょう。世界の生産量の90%をコロンビアが占めるとさえ言われるエメラルドの影響でその名がつけられた、言わずと知れたコーヒーの有名銘柄の一つです。

 

コロンビアは、言わずと知れたコーヒー生産国ですが、コロンビアのコーヒーがどんな味なのか説明できる人は少ないようです。

 

苦味ばかりが注目されがちなコロンビアのコーヒーについて、詳しくご紹介します。

 

関連記事:ケニアコーヒーの味と特徴【柑橘の香りと力強いボディ】

関連記事:東ティモールコーヒーの味と特徴【爽やかな酸味と力強い苦味】

関連記事:エチオピア産コーヒーの味と特徴【発祥地のコーヒー豆は奥深い?】

関連記事:ブラジル産コーヒーの味と特徴【生産量世界一の豆の魅力とは】

コロンビアとコーヒーの生産

コロンビアは、他の著名なコーヒー生産国と同じく、古くからコーヒーの生産が行われていました。1800年代にはキリスト教の修道院によってコーヒーノキが持ち込まれて栽培されていたそうです。現代では南米のコーヒー生産国は高品質なことで知られていますが、当時すでにコーヒーの生産体制が整っていたブラジルと差別化を図り、高品質なコーヒーの生産を目指す方向で栽培が進められていた為だそうです。

 

コロンビアでは小規模な農家が集まってコーヒー豆の精製を行っていることが多く、それほど国からの保障が強くないことが伺えます。しかし、生産者主体で運営されているFNC(コロンビアコーヒー生産者共同組合)という組織が存在し、これによってスクリーニング・グレーディングが行われており、品質の評価がされるなど、独特の評価体制が存在しています。そのためもあり、世界でも有数のコーヒー生産国として君臨し続けています。

 

このFNCによって、最高品質と評価されたほんの数%の豆のみが「エメラルドマウンテン」の名を冠することが許されるそうです。日本では耳にすることが多い「エメマン」ですが、実は非常に貴重な豆なのです。

コロンビアのコーヒーの味と特徴 〜豊かな甘みと南国の果実感〜

コロンビアのコーヒーは、甘みと苦味が注目されることが多いです。強めで癖の少ない苦味はブレンドベースにも扱われることが多く、深入りのコーヒーが好きな人には一際人気の高い豆と言えるでしょう。また苦味に付随する甘みも感じやすく、少し低い温度でじっくり抽出するネルドリップなどではまったりと重厚なボディを楽しむこともできます。

 

ボディが重めで苦味もあるため酸味は感じにくい傾向がありますが、適切な焙煎度合と抽出法によっては浅煎りされた豆では、柑橘類とトロピカルフルーツなどの南国っぽいフレーバーを持っており、濃厚な甘さを楽しめます。

 

おすすめの飲み方はペーパードリップで、甘さや酸味を強調するように味を引き出してあげると個性を感じやすいでしょう。

コロンビアのコーヒーの品質について 〜エメラルドマウンテンとは一体なんなのか〜

コロンビアはカリブ海と太平洋、二つの海に面しています。南北に走るアンデス山脈によって寒暖差が大きいこと、降雨量が多いことによりコーヒーの栽培には非常に適した地理環境を持っていると言えるでしょう。

 

コロンビアコーヒーのグレーディングは、コーヒー豆のサイズによって行われます。一番大きな(高品質だと評価される)クラスは「スプレモ」と呼ばれ、エメラルドマウンテンと並んでコロンビアコーヒーの有名な「銘柄」となっています。

 

エメラルドマウンテンは前述のFNCによって判断されたほんの一握りの豆ですが、グレーディング方法はサイズスクリーニングだけでなく、カッピングによる審査が行なわれます。よくエメラルドマウンテンという品種だと勘違いされることがありますが、あくまでもコロンビアで生産される豆の最高グレードであることを示しているようです。協会が豆の最高品質を判断してブランド名をつける国というのはそれほど多くありませんので、これほどに名前が浸透したのかもしれません。

コロンビアコーヒーの味と特徴まとめ

コロンビアの豆は、「力強い苦味」と「豊かな甘み」が特徴と言えるでしょう。

ブレンド豆にもよく用いられますが、深煎りとの相性がよく、じっくりネルドリップなどで抽出するのもオススメです。

 

筆者は先日初めてコロンビアの極めて浅煎りを飲む機会があったのですが、パインやマンゴーなどのトロピカルな香りがとても印象的でした。まったりした質感に好みも別れるかもしれませんが、是非とも試していただきたい豆です。

 

関連記事:キリマンジャロコーヒーの味と特徴【華やかな柑橘の香り】

関連記事:マンデリンコーヒーの味と特徴【知られざるスパイスの香りとは】

関連記事:グアテマラ産コーヒーの味と特徴【味も量も世界トップレベル!】

 

 

関連キーワード
  • coffee
    【海外と日本のコーヒーの違い】外国人が絶賛する日本のコーヒー文化と魅力とは
  • 『コーヒーかす』を簡単に再利用する5つの方法!エコライフ活用術
  • カフェオレを簡単に美味しく作れる!【牛乳とコーヒーの黄金レシピ】
  • 自宅でアイスコーヒーをおいしく作るための3つのポイントは?
  • 陽気なイタリア人とエスプレッソの関係。秘密はイタリアのコーヒー文化にあり!
  • ニュージーランドのバリスタ
    バリスタの仕事に憧れる人急増!ニュージーランドではバリスタが国家資格ってホント?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
コーヒー豆の在庫をきらしてしまった。 近所に最近出来た、いい感じの珈琲屋さんがあったことを思い出して、早速行ってみることになった休日の昼下...
カフェっ子リカちゃん
どれだけ相手をいいと思っても。 相手がどれだけ、いいと思ってくれても。 タイミングは、味方してくれる時とそうじゃない時があるのよね。 もうそ...