ニュージーランドのバリスタ

ニュージーランドは、実はカフェ大国であることを知っていますか? 町を歩けばいたるところに小洒落たカフェがあり、若い人からお年寄りまで美味しいコーヒーの味を知っています。
 
ニュージーランドのカフェはハイスタンダードなクオリティを保っており、今までカフェでコーヒーを飲んで外れた…という経験はありません。それどころか、才能あふれるバリスタのラテアートに感動する場面も日常茶飯事。
 
カフェスタッフの中に日本人の姿を見かけることもしばしばあり、私の友達でもカフェで働いた経験のある人は多いです。日本でも注目されつつあるバリスタという職業ですが、ニュージーランドではバリスタの国家資格があり、人気を集めています。
 
今回は、ニュージーランドで取得できるバリスタの資格の内容や取得方法などをご紹介! 海外のカフェ文化に興味がある方やバリスタに憧れている人は必見です。

 

関連記事:【資格】コーヒーが美味しくなるプロの仕事!バリスタの職業とは?

関連記事:え、コーヒーって資格があるの?そんなあなたにおすすめする3つの資格

関連記事:【経験者が語る】カフェのバイトって実際どう?主な仕事内容とメリット・デメリットを紹介!

ニュージーランドで取得できるバリスタの資格って?

View this post on Instagram

 

CONNECTING COFFEE LOVERSさん(@coffeeprops)がシェアした投稿 -


ニュージーランドでは、政府認定(NZQA)であるバリスタの資格が取得できます。それだけバリスタという仕事が、この国では重要視されている証拠。バリスタコースを受講すると、カフェでバリスタとして働くために必要なスキルが身につきます。
 
エスプレッソ抽出技術やコーヒー豆の知識、ミルクスチームの技術などが学べて、最後には実技・筆記テストがあり、合格すると修了書がもらえるコースです。
 
主催する学校にもよりますが、3日~2週間など比較的短期間で取得できます。ワーホリや学生ビザの方はもちろん、観光ビザでもバリスタコースが受講可能! 日本からも、ニュージーランドにバリスタ留学をする人が急増中です。

バリスタコースを受講したい!どのくらいの英語力が必要?

View this post on Instagram

 

Bar & Cocktail Training Schoolさん(@thebartenderacademy.nz)がシェアした投稿 -


海外でバリスタの国家資格を取って日本に帰ったら、ちょっと誇らしいですよね。カフェで働く際のアピールポイントになることはまちがいなし! ただ、コースを受講するためにはどのくらいの英語力が必要なのかが、気になりませんか?
 
一つ言えることは、英語はペラペラじゃなくても大丈夫です。ただ、授業がまったく聞き取れない状況では不安なので、内容を理解できるくらいの中級程度の英語力はあったほうがいいでしょう。
 
もし、英語力に自信のない方は、一般英語コースを受講すると、よりスムーズにバリスタコースの受講へと移行できます。教材も込みの料金になっており、予習復習をしっかりして情熱を持って取り組めば、資格の取得はそう難しくありません。

おすすめの学校は?バリスタコースの費用

View this post on Instagram

 

Barista & Roaster Trainingさん(@thebaristaacademy.nz)がシェアした投稿 -


ニュージーランドでカフェ巡りの旅行と合わせて、バリスタの資格も取れるとうれしいと思いませんか? さまざまな学校がバリスタコースを設けていますが、ここではおすすめの学校を2つご紹介します!

短期集中3日間コース!Pacific Coast Technical Institute $390

View this post on Instagram

 

Junnyさん(@junnysinpottspoint)がシェアした投稿 -


オークランドから車で2時間ほどの緑豊かな場所にある、タウランガの学校です。通常月に一度の割合でBarista Training in Taurangaコースを開校しており、月曜日と火曜日、水曜日の3日間、9:30-15:00までのスケジュールでコースを受講できます。
 
講師のJared Rooney先生は、英語講師の経験もあるため海外からの生徒への授業にも慣れており、質問などもていねいに答えてくれます。
 
終了後に取得できる資格は以下の通りです。
Unit Standard 17284: Prepare and present espresso beverages(Level 3/Credits 3)
Unit Standard 17288: Coffee origins and production(Level 3/Credits 5)
PCTI Certificate of Achievement & NZQA credits
 
学校名:Pacific Coast Technical Institute(パシフィックコーストテクニカルインスティテュート)
住所:PCTI on Hull Road Mount Maunganui
料金:$390
https://www.pcti.co.nz/workplace-courses/barista-training/

2週間コース(8日間×3時間)Aspire2 International $495

View this post on Instagram

 

Tools for Barista ☕️さん(@toolsforbarista)がシェアした投稿 -


Aspire2 Internationalは、オークランドセントラルにあるため、交通の便もよい学校です。Barista Essential Short Courseは、月曜日から木曜日の17:00-20:00まで3時間×2週間のコースになっています。日本から受講する生徒さんが多く、英語のコースと組み合わせることも可能です。バリスタコースは人気のため、早めに申し込んだほうがいいでしょう。
 
こちらの学校で取得できる資格は以下になります。
NZQA unit standard: 17288 Espresso Beverages for Service (5 credits)
Service IQ Certificate of Achievement
 
学校名:Aspire2 International
住所:20 Hobson St Auckland New Zealand
料金:$495
https://www.aspire2international.ac.nz/programmes/short-courses/barista-skills/
 
ニュージーランドの学校は、現地にある日本の留学エージェントを通して申し込んでも、ほとんどの場合は同じ料金に設定されています。学校側がエージェントに紹介料を払うシステムなので、受講者はエージェントに手数料を払う必要はありません。
 
日本語のサポートがあったほうがいい方は、ニュージーランドの留学エージェントを通して申し込むのがおすすめです。

豊富なバリスタコース!カフェが主催するコースもおすすめ


NZQAの国家資格にこだわらない方には、人気カフェや他の学校が主催するバリスタコースも受講できます。実技をメインとした1日コースや仕事体験などのオプションもあるので、ニュージーランドのカフェの雰囲気を味わいたい人にはおすすめ。初心者はもちろんのこと、経験者用のコースなど幅広いオプションがあります。
 
・MOJO
https://mojo.coffee/pages/training
 
・Barista Academy
https://baristaacademy.co.nz/our-training/barista-training/

世界で通用するバリスタの仕事!夢への第一歩を踏み出そう

View this post on Instagram

 

MARUYAMA COFFEEさん(@maruyama_coffee)がシェアした投稿 -


バリスタという職業が日本でも認知され始めたのは、スターバックスの進出などの影響も大きく、そう昔の話ではありません。コーヒーが美味しく手軽に飲めるようになった今、コーヒーのスペシャリストであるバリスタという職業は、多くの若者の憧れ。
 
日本人のバリスタも高いスキルを持つ方が多く、世界的なバリスタの大会での活躍も目立ちます。一度技術を身に付けると、日本をはじめ海外のカフェでも働ける可能性もある素敵な仕事です。
 
バリスタに興味がある方は、コースを受講したりカフェで経験を積んだりして、バリスタの世界への第一歩を歩き始めましょう!

 

関連記事:カフェでバイトしたい人に読んでほしい!受かる志望動機とは?

関連記事:人気カフェのバイト面接・実践法! カフェのアルバイトに採用されるには?

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • cafe
    水出しコーヒーってアイスコーヒーと何が違うの?
  • ポートランド
    最先端都市アメリカ・ポートランドでコーヒーが流行るワケ
  • 【手編みとガスコンロだけで簡単自家焙煎】コーヒーを自宅で焙煎する方法!
  • 『レジェンドたちの味覚流儀』 コーヒーと料理の化学反応を体験【後編】
  • 人気のオーガニックコーヒーは美味しい?…の味と真実【環境への配慮】
カフェで働くを応援する『CAFEND JOB』求職者完全フリー!店舗様も今なら完全タダ!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう