キャラバン・コーヒー・ロースターズのコーヒーセレクション

イギリスといえば紅茶の本場ですね。それも事実ですが、最近では世界でもホットなコーヒーマーケットとして脚光を浴びています。

 

国民ひとり当たりの平均コーヒー摂取量は12杯と、統計上の消費量はヨーロッパで最下位ですが、2012年前後からイギリスのコーヒーシーンは目覚ましい進歩を遂げています。

 

変革のトリガーを引いたコーヒーブランドのひとつが、キャラバン・コーヒー・ロースターズ(Caravan Coffee Roasters)です。今日ではロンドンの外食産業で大成功を収めたベンチャーとしても有名です。

スペシャルティコーヒーを身近にした3人のニュージーランド人

ロゴは白黒のデザインで統一キャラバン・コーヒー・ロースターズを設立したのはニュージーランド出身の3人でした。2010年にロンドン屈指のグルメエリア、クラーケンウェルの一角にコーヒーショップをオープンさせたのがはじまりです。

 

当時でも、ロンドンではすでにスペシャルティコーヒーが流通していました。ですが、玄人向きの印象が強くて一般的ではなく、コーヒーの品質の点でも改善の余地ありという状態だったようです。

 

もっと気軽に美味しいスペシャルティコーヒーを体験してもらうことを目指して、キャラバン・コーヒー・ロースターズは始動します。南米やアフリカの生産者との直接取引で生豆を仕入れ、最高のコーヒーを提供できるよう焙煎の仕方をじっくりと検討します。

 

こだわりのコーヒーと並んで、ホスピタリティも最も大切なポリシーのひとつ。親しみやすい接客を第一とし、顧客に生産者やコーヒーの品質について分かりやすく紹介することで、スペシャルティコーヒーの人気を確実に高めて行きました。

 

今日のイギリスでは、高品質なスペシャルティコーヒーが数多く存在しますが、その素地を作ったブランドのひとつがキャラバン・コーヒー・ロースターズでした。

 

【高品質・最高峰】サードウェーブの代名詞『スペシャルティーコーヒー』の歴史と定義とは?
2018.10.5
コーヒーの最高品質と言われるスペシャルティーコーヒー。 いったいどのようなコーヒーなのでしょうか?どんな人でもコーヒーを飲んだことがあると思いますが、「好きなコーヒーの産地は?」と、聞かれても答えに詰まってしまう人がほとんどです。では、コーヒーを愛飲する人はどのように“コーヒー”をセレクトすればい...…
コーヒーコレクティブ
「ヒュッゲ」の国のサードウェーブコーヒー The Coffee Collective (コーヒー・コレクティブ)
2018.8.22
「ヒュッゲ (hygge)」という言葉を耳にしたことはありませんか。 欧米でブームとなり、2017年くらいから日本でも注目されるようになったデンマークの言葉です。 この言葉が表すのは、心地よくくつろいだ、幸福を感じられる時の過ごし方や考え方。世界幸福度ランキングで7年連続トップ3に入り続けるデン...…

成功へのカギはコーヒー&フードサービス&ホスピタリティ

店舗のひとつロンドン・フィッツロビア店キャラバン・コーヒー・ロースターズは、イギリスのスペシャルティコーヒーに止まらず、外食産業にも変革をもたらしました。

 

2012年にレストラン第一号店をロンドンのキングス・クロスに出店します。レストランやバーを併設することで、世界各地のレシピを取り入れたメニューを提供し、コーヒーを越えた幅広い食の楽しみをプロデュースする試みでした。しかもメニューは終日提供――これは当時のイギリスの外食産業では非常に画期的なことでした。

 

朝は自社で焼き上げたパンやモーニング、昼頃からは食事やデザートのメニューもあり、ユニークなドリンクメニューを取り揃え、しかも最高のコーヒーまで楽しめるキャラバン・レストランは大ヒット。2018年にはロンドンに5店舗まで増え、どれもが人気のダイニングとして成功しています。

成功してもぶれない原点、高品質のコーヒーとホスピタリティ

キャラバン・コーヒー・ロースターズ焙煎所創業者3人にとって、レストラン事業はスタートアップ時には計画にないものでした。予想を越えてレストランを展開することになり、コーヒー事業も含めて大成功を収めた彼らですが、キャラバン・コーヒー・ロースターズの原点を忘れることはありません。

 

原点にあるのは質の高いコーヒーとホスピタリティ。現在では、焙煎される生豆の量は毎週4トンに及んでいますが、その95%は直接取引によるものです。生産者の顔の見えるコーヒーへのこだわりが表れていますね。年に4回は生産者を訪問して、環境にも社会にもやさしい生豆の栽培と、フェアな取引で良好な関係を育んでいます。

 

特定の生産者から仕入れた生豆を、シングルオリジンコーヒーやシーズン別のエスプレッソブレンドとして発売するなど、商品開発にも力を入れています。また、自社や卸し先スタッフへのトレーニングや、顧客へのワークショップにも積極的です。キャラバン・コーヒー・ロースターズの品質の高さは、ヨーロッパ最優秀ロースター賞はじめ受賞歴が物語っています。

国際展開も視野に、ただし……!

これ世界各地でキャラバン・コーヒー・ロースターズを目にするようになるかもキャラバン・コーヒー・ロースターズは、イギリスを越えてアメリカやアジアへの国際展開も視野に入れているようです。しかし、それは質の高い商品とサービス、顧客へのホスピタリティを確保できればという前提つき。

 

大成功を収めながらも、自らの原点にあるものを大切にし続けるキャラバン・コーヒー・ロースターズには、今後も高いクオリティを保証してくれる安心感があります。コーヒー業界に限らず、すべてのビジネスに共通する成功のカギを知っているからこそなのでしょう。

 

 

Caravan Coffee Roasters (Roastery HQ)

住所:Granary Building, 1 Granary Square (Off Goods Way)

   London N1C 4AA, U.K.

電話番号:+44 20 7101 7663

https://www.caravancoffeeroasters.co.uk/(ロースターサイト)

https://www.caravanrestaurants.co.uk/(レストランサイト)

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ホント?コーヒーのカフェインが炎症になるリスクを低くする。
  • 【世界の産地8選まとめ】コーヒー豆の種類と特徴とは?
  • 【珈琲特急便体験】おうちで本格カフェが楽しめる!珈琲特急便は果たして美味しいのか!?
  • 意外と当たるかも?トルコ発祥のコーヒー占いとは
  • cafe
    コーヒーが安いカフェはどこ?有名カフェの値段を比較してみました。
  • coffee
    コンビニのコーヒーはなぜ安く、そしてなぜ売れたのか

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事