重ねたカップ

ほっとひと息できるコーヒーブレイクやティータイム。お茶請けと飲み物の相性を考えるのも楽しいものですが、コーヒーや紅茶には洋菓子、日本茶には和菓子と決めつけてしまっている人もいるようです。

 

「コーヒーに和菓子なんてミスマッチなのでは? 」と思う人も少なくありませんが、じつはコーヒーと和菓子は相性が良いんです。

 

本記事では、コーヒーに合う和菓子の選び方をご紹介します。この記事を読んで気になった方はぜひ試してみてくださいね。

 

関連記事:【コーヒーで始める新しい生活】上質な味覚体験を貴方に伝えたい。

関連記事:【フードペアリング】もう悩まない! コーヒーと相性の良いスイーツの選び方のコツ

科学的に証明されたコーヒーと和菓子の相性の良さ

和菓子とお茶

イメージ的に相性が良くない印象のあるコーヒーと和菓子ですが、実際には好相性であることが科学的に証明されています。

味覚の相性分析とは

色彩や性格に相性があるように、味にも相性があります。そんな味の相性を分析するのが、味覚を数値化することで味の相乗効果や相性度を導きだす「味覚センサー」です。味覚センサーによって数値化された味はわたしたちの味の感じ方を再現しており、味の強弱から食品の特徴と食べ合わせの良し悪しを知ることができます。

 

味の相性が良いというのは、お互いの味を邪魔しないだけではなく、それぞれ独立した味を感じつつお互いを引き立てる味であることを指します。味覚センサーを使用して味覚の相性度をはかるには、甘味や酸味など基本になる5つの味の強さが同程度のものを探すと良いとされています。

どの和菓子もコーヒーとは好相性

味覚の分析とコンサルティングを専門にしているAISSY株式会社が実施した、味覚センサーを使用したコーヒーと和菓子の相性度の調査によると、ほとんどの和菓子はコーヒーと相性が良いことが明らかにされています。含まれている水分量によって生菓子・半生菓子・干菓子に大きく分類することができる和菓子。ひと口に和菓子といってもその種類はさまざまですし、コーヒーもまたしかりです。具体的にどんなコーヒーにどの和菓子を組み合わせれば良いのかを知っておけば、お茶請け選びの達人になれるといっても過言ではないでしょう。

 

次に、コーヒーの特徴別にベスト相性の和菓子をご紹介します。

コクと苦みが特徴のコーヒーは和菓子とベストマッチ

濃いコーヒー

マンデリンやトラジャ、パプアニューギニア産のコーヒー豆のようにコクと苦みが特徴となっているコーヒーを飲むのであれば、相性が良いといわれている下記の和菓子を合わせてみてはいかがでしょうか?

腹持ちの良い「どら焼き」

生菓子に分類される和菓子の中でも焼き菓子に当たるどら焼きは、ふわふわのカステラ風生地とあんこのハーモニーを楽しむことができる和菓子です。腹持ちが良く、老若男女問わず人気のどら焼きですが、その味はコクと苦みを持つコーヒーと好相性。どら焼きは食感的にスポンジを使った洋菓子と似たところがあるため、コーヒーと相性が良いといわれるのも頷けるのではないでしょうか。

甘党に支持される和菓子の代表格「ようかん」

鎌倉・室町時代に中国から日本に伝えられたとされている、流し菓子のようかん。製法によって練りようかん・蒸しようかん・水ようかんに分けることができますが、どの種類のようかんもコクと苦みが特徴的なコーヒーと好相性です。ようかんのあとを引く甘さをコーヒーの苦みが調和しながらも、お互いの味を引き立て合っているのを感じることができるでしょう。

繊細で上品な甘さの「練り切り」

まるで芸術品のような練り菓子の練り切りは、繊細な見た目にふさわしい上品な甘さが特徴の和菓子です。形と色彩で四季を感じさせるものが多く、いかにも日本的な菓子であるといえるのではないでしょうか。練り切りが抹茶に合わせて出される和菓子のひとつであることを考えるなら、抹茶によく似た風味を持つコーヒーのお供にぴったりであることも納得できます。

 

関連記事:コーヒーとチョコレートの意外な共通点!相性ぴったりの組み合わせは?

まんじゅうは華やかですっきりした風味のコーヒーに合わせて

お茶請けとコーヒー

たいていの和菓子は、コクと苦みが特徴となっているコーヒーによく合います。しかし、まんじゅうだけはどちらかというと、フルーティかつ酸味のある味わいのコーヒーと組み合わせたほうがおいしく感じるようです。まんじゅうにベストマッチするコーヒーには、キレのある後味のグアテマラやコスタリカ、華やかかつさわやかな風味のケニア産のコーヒー豆のものを選ぶことができます。

 

しっかりとした甘さのまんじゅうとすっきりした味わいのコーヒーならくどくなり過ぎず、どちらも相手の味に負けることのないおいしさのハーモニーを生み出します。ほかの和菓子と同じくまんじゅうにもいろいろなバリエーションがあるため、自分が一番おいしいと思えるまんじゅうとコーヒーの組み合わせを追求してみるのも楽しいのではないでしょうか。

 

関連記事:相性バッチリ! コーヒーを飲みながら聴きたいジャズ10選

和と洋のマリアージュを堪能してみてはいかが?

フルーツぜんざい

味覚センサーによる調査によって、科学的にも味の相性が良いことが実証されているコーヒーと和菓子。今回は、酸味が控えめでコクと苦みが強いコーヒーに合う和菓子と、苦みが少なく酸味があるすっきりした味わいのコーヒーに合う和菓子をご紹介しました。和菓子に合う飲み物といえばつい日本茶の用意をしてしまいがちですが、ときにはコーヒーをお供にしてみるのも良いですね。

 

参照サイト:https://aissy.co.jp/

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • イタリアではミルキーなコーヒーは午前中にしか飲みません。
    コーヒーの原点、イタリアンコーヒーのベーシックメニュー
  • コーヒードリップの量って何か正解なの?
    コーヒーをドリップする時の量ってなにが正解なの?
  • 【珈琲特急便体験】おうちで本格カフェが楽しめる!珈琲特急便は果たして美味しいのか!?
  • 【コーヒーと紅茶】カフェインの含有量の違いとは?よく聞く噂の真実を検証!
  • フィーカ
    コーヒー禁止令を乗り越えた!?スウェーデンの素敵な習慣「フィーカ」とコーヒー事情【極上のくつろぎタイム】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう