眼圧とコーヒーの関係

わたしたちが得る情報の大部分は、視覚から取り入れるといわれています。それゆえに目の健康を保つことは大切ですが、最新の研究で、コーヒーを飲むと眼圧の上昇を抑える可能性があるということが判明しました。

 

本記事では、コーヒーが目の健康にどう影響するのかについてご紹介します。

 

関連記事:コーヒーが寿命を延ばす?! ドリップコーヒーが健康に良い理由とその歴史とは?

関連記事:毎日コーヒーを飲むのは健康に良い? コーヒーの成分と主な効果を解説します!

コーヒーに眼圧を下げる可能性がある?

女性とマグ

眼圧と緑内障には密接な関わりがありますが、ここではコーヒーと眼圧の因果関係について調査した最新の研究結果をご紹介します。

眼圧の上昇は緑内障に繋がる恐れが

わたしたちの眼球内では、房水と呼ばれる液体が一定量作られており、生成されたのと同量の液体が目から流出する仕組みになっています。房水が目の中で循環するときには一定の圧力が保たれますが、これを「眼圧」といいます。

 

房水を排出する隅角(ぐうかく)繊維柱帯部が目詰まりを起こすと、眼球内に溜まる液体の量が増えて眼圧が上昇することに。また、房水の生成量が増加することでも、眼圧は高くなります。眼圧が上昇した状態が続くと、視神経に悪影響をもたらし、緑内障になるリスクが高まります。

 

緑内障とは、一部分が見えなくなったり、視野が狭くなったりする目の病気です。症状が悪化すると目が見えずらくなるだけでなく、失明する恐れがあります。現在日本では、40歳以上の20人に1人が緑内障にかかっているのだそう。国内の視覚障害原因の第1位を占める緑内障は、わたしたちすべてにとって身近な病気です。

コーヒーをよく飲む人ほど眼圧が低い傾向に

これまでコーヒーがどのように健康に寄与するのか、さまざまな角度から研究が実施されてきましたが、コーヒーが目に与える影響についてはあまり研究されてきませんでした。しかし、このほど京都大学の研究グループは、滋賀県長浜市と京都大学付属ゲノム医学センターが実施した「ながはま0次予防コホート事業」に参加した9,850人のデータをもとに、眼圧とコーヒーの摂取頻度の因果関係について研究を行いました。

 

研究では、習慣的に1日3杯以上コーヒーを飲む人は、1日1杯未満の人に比べると眼圧が低い結果になったといいます。コーヒーをよく飲む人ほど眼圧が低い傾向にあることがわかりましたが、残念ながら、コーヒーそのものに眼圧を下げる働きがあるかどうかはまだ解明されていません。

コーヒーが目の老化を防ぐ?

コーヒー豆とコーヒー

続いて、コーヒーが目の老化スピードを遅らせる理由についてご紹介します。

目の老化を早める原因

体内に摂取した酸素が栄養素をエネルギーに変えるときに発生する活性酸素は、老化を招くため美容の大敵ですが、あらゆる病気の原因にもなります。体内に侵入した細菌やウィルスを駆除するのが、活性酸素の大きな役割です。しかしながら、体内で活性酸素が増えすぎてしまうと、健康な細胞を酸化させて体の不調や病気を招きます。

 

活性酸素は、細胞をサビさせるだけでなく目にもダメージを与えます。目のレンズといわれている水晶体は、ピントを合わせてくれる器官です。水晶体がないと強度遠視になって、遠くも近くもぼやけてはっきり見えない状態に。正常な視力を維持するには欠かせない水晶体ですが、活性酸素によって酸化されやすい器官です。目から入った紫外線が活性酸素を発生させて水晶体がサビると、白く濁ってしまい白内障になります。

 

目の組織の中では、黄斑も水晶体と同じく、活性酸素の影響を受けやすいことで知られています。黄斑とは、色や形、大きさや明暗を識別する細胞が集中している部分です。網膜の中の眼底に位置している黄斑は視力の中心部分ですが、活性酸素がくっついて酸化させると、視力が低下します。

 

このように目が老化すると、「加齢のせいだから仕方がない」とあきらめる人もいるでしょう。ですが、活性酸素の影響を取り除くことができれば、老化を遅らせて目の健康を維持できます。

コーヒーの抗酸化作用で目を元気に

目の老化を早める活性酸素を取り除くには、抗酸化力を高める必要があります。アメリカと韓国の共同研究によると、コーヒーに含まれているポリフェノールの一種で抗酸化物質のクロロゲン酸が活性酸素に働きかけ、白内障や加齢黄斑変性症といった目の病気や視力低下を防ぐ可能性があることが明らかになりました。

 

そのほかの抗酸化物質に、緑黄色野菜に含まれるルテインやブルーベリーなどに含まれているアントシアニン、お茶に含まれるカテキンやレバーに含まれているビタミンAがありますが、これらはすべて目の健康に役立ちます。抗酸化力の高い食べ物や飲み物を日常的に摂取することで、活性酸素による目の老化を遅らせることができるでしょう。

 

関連記事:脅威の効果!コーヒーに含まれるクロロゲン酸を解説します

関連記事:ブラックコーヒーダイエットは「クロロゲン酸と適度な運動」がキモになる

おわりに

印象的な目

コーヒーには眼圧を低くし、緑内障にかかるリスクを低減する可能性があります。また、コーヒーのクロロゲン酸で抗酸化力を高めれば、目の老化からくる不調を防ぐ可能性があることがわかりました。

 

コーヒーが目にもたらす影響についてはまだ不明な部分が多いものの、すでに発表されている研究結果だけを見ても、コーヒーの目の健康に対する有用性が認められる傾向にあるのは明らかです。目を酷使する機会が多い現代人ですが、目の健康を気遣うなら、コーヒーを飲むことを習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

参照サイトURL:

http://www.qlifepro.com/

https://sightcure.jp/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【トラジャコーヒーとは?】美味しい飲み方や専門店を紹介!
  • 脅威の効果!コーヒーに含まれるクロロゲン酸を解説します
  • サントリークラフトボス
    CM・コンビニで見かける「クラフトコーヒー」とは?ヒットの理由と意味も解説!
  • ウィンナーコーヒー
    ウィンナーコーヒーの名前の由来は何?おすすめレシピと飲み方を紹介!
  • コーヒー免疫力
    『コーヒーが免疫力を高める』といわれる3つの理由を解説! 【ウイルスに負けない体づくりをするために】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう