ドリップ

コーヒーをよく飲む人は、まったく飲まない人よりも健康だ」と、いわれているのをご存知でしょうか。しかし、どんなコーヒーにも同等の健康効果が見られる訳ではなさそうです。

 

本記事では、ドリップコーヒーの歴史に加え、ドリップコーヒーがわたしたちの体にどのような影響をもたらすのかご紹介します。

 

【コーヒー生活を始めよう】お家でハンドドリップするための3つのアイテム
2018.3.28
新生活を意識し始めるこの時期。これから新生活をスタートしていくうえでちょっと幸せな気分になりたいなら……コーヒー生活を始めてみませんか?自宅で豆から挽いて飲むコーヒーは、生活の質をグッとあげてくれます。 「必要なものも分からないし、自宅でコーヒー豆を挽くのってなんだか大変そう……」なんて思った方、...…
プロ直伝!ハンドドリップコーヒーをもっとおいしく淹れるポイントはココだ!
プロ直伝!ハンドドリップコーヒーをもっとおいしく淹れるポイントはココだ!
2018.10.1
厳しい暑さも過ぎ去り、すっかり秋らしくなりました。コーヒーもアイスからホットへと移り変わる時期ですね。   そろそろハンドドリップを再開しようかな、と考えている方も多いのではないでしょうか?   でも、いざ久しぶりにやってみると、感覚が鈍っていてうまく淹れられなかったり、味や濃さが安定しなかったり、...…

ドリップコーヒーの歴史

ドリップコーヒー

ドリップコーヒーが登場したのは、18世紀初めのことでした。1710年、フランスでネル袋が誕生します。それまでコーヒーといえば、煮出したコーヒーの上澄みを飲むのが一般的でしたが、ネル袋の普及により、格段に口当たりが良くなったドリップコーヒーが広まることになります。

 

1908年には、ペーパーフィルターを使用するペーパードリップシステムが考案されることに。ドイツのドレスデンに住んでいたメリタ・ベンツ夫人が、「もっと手軽においしいコーヒーを淹れたい」という想いから、ペーパーフィルターが生まれたといいます。ペーパーフィルターで濾されたコーヒーは余計な雑味が消えて飲みやすく、飲んだ後の片付けも簡単。1912年には本格的に生産が開始され、ドイツのみならず世界中で知られるようになりました。

 

関連記事:【コーヒーの歴史】珈琲の誕生からサードウェーブまで『コーヒー史大全』

関連記事:コーヒーの知られざる歴史。日本にコーヒーが広まった理由とは?

ドリップコーヒーを飲むべき理由とは?

心電図とコーヒー

コーヒーをよく飲むという人なら、味を追求するだけに止まらず、益も知った上でコーヒーをチョイスしてみては? ここでは、ドリップコーヒーを飲むとどんな良い効果があるのかについてご紹介します。

一番健康に良いドリップコーヒー

アメリカ国立がん研究所が、イギリス人50万人以上を対象に10年に渡って行った調査結果が、2018年のアメリカ医師会雑誌に掲載されました。その調査の中では、コーヒーを飲む人のほうが、飲まない人よりも健康で、死亡リスクが低く長生きすることが明らかに。論文では、「日常的にコーヒーを飲んでいるのであれば、種類や淹れ方を問わず、どんなコーヒーでも健康効果は得られる」と、研究者たちは主張しました。

 

ところが、最新の調査結果によると、ペーパーフィルター等を使って淹れたドリップコーヒーが、もっとも健康に良いということが判明したといいます。スウェーデンにあるヨーテボリ大学のダーグ・テレ教授が、健康な成人男女(20~79歳)約50万人を対象に、20年間の追跡調査を行った結果、1日1~4杯ほどドリップコーヒーを飲む人たちの死亡リスクが一番低く、まったくコーヒーを飲まない人たちよりも健康状態が良好であることがわかりました。

 

関連記事:糖尿病でもコーヒーを飲んでもいいの? 【コーヒーと血糖値の気になる関係】

関連記事:デキるビジネスパーソンがコーヒーを飲む理由!【生産性を上げる飲み方やおすすめのコーヒーを紹介】

心臓発作の発症リスクを低減

同研究が明らかにしたところによると、フィルターを使用するとコーヒーに含まれる血中コレステロールを高める物質を除去でき、心臓発作などにかかるリスクを低減することが可能とのこと。一般的に、血中コレステロールが高くなると動脈硬化を招き、脳梗塞や脳出血、狭心症や心筋梗塞などといった病気を誘発する恐れがあります。

 

コレステロールとひと口にいっても、すべてが「悪」である訳ではありません。悪玉コレステロール(LDL)と善玉コレステロール(HDL)の2種類に分けられ、細胞膜の成分として、さらにはホルモンを作る際に必要な脂質成分です。両者のバランスが保たれている間は問題ありませんが、血中内で悪玉コレステロールが増えると動脈硬化を発症するリスクが上がることに。

 

じつは、フレンチプレスで淹れたコーヒーやトルココーヒーなどの煮出しコーヒーの沈殿物や上澄みの中には、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やす物質のカフェストールやカーウェオールが含まれてるのだとか。テレ教授のチームが行った調査では、フィルターで濾さないコーヒーを好んで飲んでいた60歳以上の男性は、ドリップコーヒーを飲む人たちよりも心疾患で死亡するリスクが高かったといいます。

うれしい効果が盛りだくさん

ドリップコーヒーには、クロロゲン酸が豊富に含まれています。クロロゲン酸は脂肪燃焼を促進し、糖質の吸収を緩やかにして脂肪の溜めこみを防いでダイエットに役立ちます。また、血糖値の上昇を抑えたり、活性酸素を取り除く抗酸化作用でアンチエイジングや疲労回復の効果があったりなど、嬉しい効果が盛りだくさん。

 

クロロゲン酸の1日の摂取量には諸説あるようですが、1日500mgほどの摂取でダイエット効果が得られるといわれています。クロロゲン酸約500mgを摂取しようと思ったら、コンビニで販売されているドリップコーヒーのレギュラーサイズを3、4杯程度飲まなければなりません。わたしたちの体に健康をもたらしてくれるクロロゲン酸ですが、過剰摂取は便秘を招くため注意しましょう。

 

関連記事:コーヒーはダイエットにも効果あり?痩せる飲み方と注意点を紹介

関連記事:脅威の効果!コーヒーに含まれるクロロゲン酸を解説します

関連記事:コーヒーを3時間ごとに飲むと疲労回復に効くって本当?!【疲れが溜まっている人におすすめ】

 

大切な人と一緒にドリップコーヒーを

コーヒーを飲む女の子

ドリップやサイフォンをはじめ、エアロプレスやフレンチプレスなど、コーヒーの抽出方法にはいくつか種類があります。お好みの抽出方法で味わいの違いを楽しめる奥深いコーヒーの世界ですが、心疾患を予防したいのであれば、生活習慣を改善するほか、ドリップコーヒーを飲む習慣を取り入れてみては?

 

日本国内では、がんに次いで、心疾患が原因で亡くなる人が多いのだそう。大切な人と一緒に長生きするため、丁寧にドリップしたコーヒーでひと息ついてみてはいかがでしょうか。

 

参照サイトURL:

https://japan.cnet.com/

https://www.cnn.co.jp/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • coffee
    【栽培・収穫・精製・焙煎】たった1杯のコーヒーができるまでの物語
  • 朝の風景
    【コーヒーで腸活!?】コーヒーで腸内バランスを整えるべき3つの理由
  • 東ティモールコーヒーの味と特徴【爽やかな酸味と力強い苦味】
  • 【世界有数のコーヒー大国】フィンランド発・おすすめコーヒー5選
  • 角砂糖とコーヒー
    糖尿病でもコーヒーを飲んでもいいの? 【コーヒーと血糖値の気になる関係】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう