とどまることを知らないカフェブーム。ただカフェを好きなだけでなくコーヒーについてもっと詳しく知りたいと感じている方も多いでしょう。

 

専門的な知識を得たい、将来カフェを開きたい、と考えているなら本格的にコーヒーの勉強を始めてみませんか? もちろん、コーヒーをもっとおいしく飲むコツが知りたいという気軽な理由でもOK。

 

コーヒーについて勉強する方法は意外と沢山あり、学びたい内容や自分のライフスタイルに合った方法から選ぶのがおすすめです。

 

今回はコーヒーについて学べる4つの方法と、これから勉強したい方におすすめのコーヒー本をご紹介します。

 

関連記事:【What's Coffee?】コーヒー初心者が学ぶべき「歴史・淹れ方・道具・楽しみ方」すべてをご紹介!

関連記事:【コーヒーで始める新しい生活】上質な味覚体験を貴方に伝えたい。

コーヒーを勉強する4つの方法

コーヒーについて勉強する方法はおもに次の4つ。思い立ってすぐ取りかかれる方法から、下準備が必要な方法までありますが、自分に合ったやり方を見つけるのがポイントです。

1.独学で勉強する

手軽に勉強を始めたいのであれば、コーヒーにまつわる本やサイト、動画などを活用するのがおすすめ。基本的な内容や知識であれば、これらを使った独学でも十分に知ることができます。

 

また、カフェなどで定期的にコーヒーセミナーやイベントが開催されていることも多く、参加すれば独学では難しい実践を学べるチャンスにも。

 

自分のペースで、自分の知りたいことを学べるので、忙しい方はまず独学でコーヒーの勉強を始めてみましょう。以下におすすめのサイトをご紹介しますね。

『COFFEE TOWN』

コーヒータウン

「東日本コーヒー組合」が運営するコーヒーに関する情報サイト。コーヒーにまつわるさまざまな人へのインタビューや、コーヒーコラム、イベント情報などが掲載されています。

 

COFFEE TOWN

『コーヒーハッピープロジェクト』

コーヒーハッピープロジェクト

「日本家庭用レギュラーコーヒー工業会」が運営する情報サイト。コーヒーにまつわる豆知識から、気になるコーヒーと美容・健康の正しい情報まで、興味深い内容が充実しています。

 

コーヒーハッピープロジェクト

2.カフェで働く

カフェンドジョブTOP

実際に手を動かして学びたいというのであれば、思い切ってカフェなどで働いてみるのがおすすめです。マニュアルがきちんと用意されているカフェも多く、実践を通して知識を深められます。

 

同じようにコーヒーやカフェが好きなスタッフと一緒に働けば勉強へのモチベーションもアップ。コーヒーの最新トレンドも敏感にキャッチできるのもカフェで働くメリットですね。

 

なかなか働きたいカフェが見つからないという方におすすめなのが『CAFEND JOB』。カフェやレストランの求人に特化したサイト。働きたいエリアやポジション、お店の特徴などの条件からアルバイト・正社員の求人が探せます。

 

3.コーヒーやカフェの専門学校に通う

将来カフェをオープンしたい、バリスタとして働きたいという方にはプロになるための知識を身につけられる専門学校という選択肢もあります。

 

最近は多くの調理や製菓の専門学校にバリスタやロースター、カフェビジネスといったコーヒーにまつわるコースが設けられており、それらに通うのもプロへの近道のひとつ。卒業後の進路のサポートもあり、本格的にカフェの道を目指したい方は専門学校で学ぶのを検討してはいかがでしょうか。

4.コーヒーの通信講座で資格取得

自宅にいながら、体系的にコーヒーの知識を学びたいという方は通信講座を受講したり、資格取得を目指したりするという方法がおすすめです。

 

通信講座には、おいしいコーヒーの淹れ方や基本が学べる趣味レベルのものから、専門的な知識を得た上で資格取得できるプロレベルのものまでさまざまな資格があります。自分の学びたい内容に合わせた講座や資格を選ぶといいですね。

ユーキャン『UCC匠の珈琲講座』

「UCCコーヒーアカデミー」が監修し、プロのノウハウがしっかり詰まった通信講座。「ドリップマスターコース」を修了し、すべての課題をクリアすることで、「UCCドリップマスター」の認定を受けられます。
また、添削課題などがなく気軽に始められる「おうちdeカフェコース」も。

 

ユーキャン『UCC匠の珈琲講座』

日本創芸学院『コーヒーコーディネーター講座』

コーヒー豆の知識や、焙煎、抽出方法などだけでなく、カフェ開業ノウハウまで学べる通信講座。修了時には「コーヒーコーディネーター」の認定を受けられ、資格を活かしてプロとして活躍することも可能です。

 

日本創芸学院『コーヒーコーディネーター講座』

コーヒーの勉強におすすめの本【基本~開業まで】

つづいてコーヒーの勉強に役立つおすすめの本をご紹介します。学びたい内容に合わせて選びましょう。

まずは知っておくべき「基本編」

『COFFEE BOOK: コーヒーの基礎知識・バリスタテクニック・100のレシピ』
国際的に活躍する株式会社丸山珈琲代表取締役の丸山健太郎氏が監修し、オールカラーで豊富な図解が特徴。手元に置いておけば、コーヒーにまつわる疑問をすぐに解決できる1冊です。実際に作れる100種類以上のコーヒーレシピも掲載。

 

焙煎について詳しく知りたい「応用編」

『「中川ワニ珈琲」のレシピ 家でたのしむ手焙煎(ハンド・ロースト) コーヒーの基本』
人気の「中川ワニ珈琲」の中川ワニさんによるハンドローストとドリップの手引書。自宅のキッチンで料理をするように手軽に焙煎する方法やおいしくコーヒーを淹れるコツを、詳細な写真とともに解説しています。

 

カフェをオープンしたい方に「開業編」

『自分でカフェをつくりたい人の本』
最新のカフェ事情とともに、開業にまつわるノウハウがしっかり詰まった1冊。13の個性派人気カフェに取材し、開店までのストーリーや資金、物件探しについてなどリアルな話も。開業までの事務的な手続きなども詳しく解説しています。

 

created by Rinker
学研プラス
¥1,540 (2020/09/21 16:55:24時点 Amazon調べ-詳細)

自分に合ったやり方で楽しくコーヒーを勉強しよう

コーヒーについて勉強する方法はさまざま。もっとおいしく飲む方法を知りたい、コーヒーのプロになりたいなど、学びたい内容や自分に合ったやり方を見つけるのがおすすめです。

 

また、疑問が浮かんだときにいつでも答えをくれる本が1冊あると安心。コーヒーについて勉強して知識を深めることで、いつもの味がさらにおいしく感じられるようになるかもしれませんね。

 

関連記事:【経験者が語る】カフェのバイトって実際どう?主な仕事内容とメリット・デメリットを紹介!

関連記事:コーヒーのプロ、焙煎士にはどうやったらなれる? 必要な資格やスキルすべて教えます!

コーヒー, 知識の関連記事
  • デキるビジネスパーソンがコーヒーを飲む理由!【生産性を上げる飲み方やおすすめのコーヒーを紹介】
  • スリランカは紅茶だけじゃなかった? 幻の「セイロンコーヒー」の歴史をご紹介
  • コーヒー初心者が味を知る ~味覚・焙煎・豆の種類による違いとは?~
  • blackivory
    コピルアクよりも高い?象の糞からできる最高級コーヒー「ブラックアイボリー」とは
  • コーヒーメーカーの選び方と注意点【自宅で本格コーヒーが飲める】

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう