coffee

自宅でコーヒーを始めたい時、コーヒーミルは絶対にあったほうがいいツールのひとつ。でも、初心者からするとどれを買っていいのかわからないですよね。今回は、ミルを購入する際に知っておきたい、手動ミルと自動ミルの違いについてご紹介します。

 

関連記事:ミルとグラインダーの違いはあるの?コーヒー豆を自宅で挽く前に知っておこう

手動ミルのメリット・デメリット

coffee

「自宅でコーヒー」と聞くと、「豆を入れてハンドルをグルグル、ガリガリする茶色のアレ」を想像する人が多いと思います。手動のミルとはまさに「アレ」のことで、自力でハンドルを回して豆を砕くというシンプルな構造です。

 

手動ミルのメリットは比較的安価であること、サイズが小さいことです。そのほか、ゆったりとコーヒーを淹れる時間を楽しみたいという方にも人気があります。そのデザインを好む人も多く、昔ながらのアンティーク調、樹脂製のモダンな形状の物など見た目で選ぶのも良いかもしれません。

 

手動ミルのデメリットは、たくさんの豆を挽くのが大変であること、挽くのに時間がかかってしまうことです。毎朝コーヒーを淹れたいけれど、いつもバタバタして時間がないという方は避けたほうが無難でしょう。また、硬い浅煎りの豆を手動ミルで挽くのはかなり力が必要なので、女性は注意しましょう。

自動ミルのメリット・デメリット

coffee

カフェで見かけるコーヒーミルは、ほぼこちらでしょう。豆を投入してボタンを押すと勝手に豆を粉にしてくれる便利な機械が自動ミルです。

 

簡単で早いのが自動ミルの最大の武器で、コーヒーを淹れる機会が多い方や時間を短縮したい人にはこちらがオススメです。また、自分でエスプレッソを淹れてみたい! と考えている方は、手動ミルではエスプレッソ用に細かく挽くのは難しいので自動ミルを導入しましょう。

 

自動ミルのデメリットは価格が高いこと。3,000円ほどから数十万円とピンキリではありますが、安価なものには「プロペラ式」という仕組みの物が多いため注意しましょう。このプロペラ式のミルは、挽き目(挽いた粉の細かさ)を揃える事が非常に困難なため、挽くたびにコーヒーの味がブレてしまうという大きな欠点があるのです。

 

関連記事:電動コーヒーミルの失敗しない選び方とおすすめ商品7選

手動ミルと自動ミルの違いまとめ

coffee

結論として、コーヒーを淹れる時間や手間を惜しまない方や、あまりお金をかけられない方には手動ミルが、逆に多少の投資をしても平気という方、時間と手間を短縮したい方には自動のミルがオススメです。

 

筆者の周りでは、最初は手動のミルを使っていたが、後からステップアップとして自動のミルを購入するという人が多いです。どちらかを買ってしまうと美味しくコーヒーが淹れられないという訳ではありませんので、ライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。

 

関連記事:コーヒー豆の挽き方の種類とミル(器具)について

 

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • ケニアコーヒーの味と特徴【柑橘の香りと力強いボディ】
  • コーヒー生産
    コーヒーの生産量が多い国はどこ?ランキングと一緒に有名な生産地を紹介
  • 【コーヒーの歴史】サードウェーブコーヒーの本当の意味と味とは
  • 似ているようで違う? カフェと喫茶店の違いを解説!
  • 深煎りと浅煎りの違いとは?焙煎度合による味の違いを知る
  • 【資格】コーヒーが美味しくなるプロの仕事!バリスタの職業とは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事