コーヒーポットの選び方

おいしいコーヒーを淹れたいなら、テクニックはもちろん、コーヒーを淹れる道具にもこだわってみませんか? ドリップコーヒーを淹れるときに使用するコーヒーポットは、キッチンに1つあれば見栄えするアイテムです。また、コーヒーポットひとつでコーヒーの味が大きく変わる! なんて話もあるほど、実は重要なんです。

 

本記事では、コーヒーポットが必要な理由と選び方のコツ、さらに初心者におすすめの商品をご紹介します。

 

関連記事:コーヒーにおける「ケトルの選び方と使い方」【家カフェ入門】

関連記事:アウトドアやキャンプにおすすめのコーヒーグッズをご紹介【秋の行楽シーズンに】

どうしてコーヒーポットが必要なの?

コーヒーをドリップするときに、なぜコーヒーポットが必要なのでしょうか? その理由について調べてみました。

コーヒーポットで淹れるとおいしくなる

ハンドドリップでおいしいコーヒーを淹れるには、コーヒーの成分をできるだけたくさん抽出することが大切です。コーヒーポットで淹れると、細い注ぎ口から一定量のお湯をゆっくり注ぐことができ、コーヒを蒸らすことが可能に。蒸らすことによって、お湯を吸収したコーヒー豆が膨らみ、コーヒーの成分がたっぷりとお湯の中に溶け込むため、おいしいコーヒーを抽出することができます。

ヤカンから直接注ぐと雑味が出る

とはいえ、中にはコーヒーを淹れるときに、ヤカンや電気ポットから直接フィルターにお湯を注ぐという人もいるのでは? 「専用のコーヒーポットを使わなくても、たいして味に変わりはないだろう」と、思うかもしれません。しかし、実は一気にお湯を注いでしまうと、雑味が出てしまいエグミのあるコーヒーになったり、コーヒーの成分がほとんど抽出されていない風味の薄いコーヒーになったりしてしまいます。

初めてコーヒーポットを選ぶときのコツ

家にあるだけで絵になるコーヒーポット。ついついデザイン重視で購入してしまい、実際に使用してみると使い勝手が悪く、そのうち使わなくなってしまうなんてこともあるのだとか。ここでは、初心者が失敗しないコーヒーポットの選び方のコツについてご紹介します。

初心者は細口のコーヒーポットを

コーヒーポットの注ぎ口には、細口タイプと鶴口タイプのものがあります。細口タイプは一定量のお湯を細くゆっくり注ぐことができるため、湯量調節がしやすいというメリットが。一方、鶴口タイプは細く注ぐことも可能ですが、コーヒーポットの扱いに慣れていないと、ドボッと一度にたくさんのお湯が出る恐れがあります。

容量の小さいもの

初心者であれば、軽くて持ちやすく、扱いやすい容量の小さいコーヒーポットがおすすめです。「たくさんコーヒーを飲むから、容量の大きいコーヒーポットのほうがいいかも?」と思うかもしれませんが、容量の大きいコーヒーポットは重くて扱いにくく、湯量を調節しながら注ぐのが難しいといわれています。湯量が上手に調節できないとコーヒーをじっくり蒸らすことができませんから、おいしいコーヒーにこだわるなら、扱いやすいサイズのコーヒーポットを選ぶようにしましょう。

初心者にもおすすめなコーヒーポット3選

ハンドドリップでコーヒーを淹れる初心者におすすめの、細口タイプのコーヒーポットをご紹介します。

高機能なYAMAZEN( 山善)『電気ケトル』

 

細く、垂直にお湯を注ぐことができると評判の山善の電気ケトル。スタイリッシュな見た目はもちろん、取っ手の持ちやすさに加え、温度設定機能が付いていて機能性も抜群です。好みの温度をキープできる保温機能も付いていますから、「もう1杯コーヒーが飲みたい!」と思ったときに、いつでも最適の温度のお湯を使用することができます。

お湯を注ぎやすいHARIO(ハリオ)『V60ドリップケトル・フィット』

 

レトロな雰囲気で人気のこちらのアイテムですが、とにかく軽くて扱いやすいのが魅力です。細口タイプの注ぎ口は先が鋭く、下向きになっているため、狙った位置にお湯を注ぎやすいという特徴も。直火にもIHにも対応しており、熱伝導が良いのですぐにお湯が沸きますが、握りやすい取っ手は直火にかけても熱くなる心配がありません。ただし、水を入れ過ぎてしまうと、加熱時にあふれ出てしまいますから注意が必要です。

湯量調節はおまかせのRIVERS(リバーズ)『FELLOW(フェロー)スタッグケトル』

created by Rinker
RIVERS
¥15,400 (2020/09/19 12:29:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

フェロー・スタッグケトルはデザイン性が高く、使いやすい電気ケトルです。蓋の部分にアナログ式温度計が付いているため、コーヒーを淹れるのに丁度良い温度のお湯を用意することが可能に。また、取っ手が持ちやすいだけでなく、お湯の量を1滴ずつコントロールしながら注げるようにデザインされているため、一気にお湯が出てしまう恐れがありません。

コーヒーポットにこだわろう

コーヒーをおいしく淹れる条件はいくつかありますが、コーヒーポットにこだわって丁寧に淹れれば、いつもの味が「ガラリ」と変わります。使い勝手の良いコーヒー道具が手元にあれば、自分好みのコーヒーの味を追求するのも難しくはないでしょう。自宅でおいしいコーヒーを淹れられるようになれば、お家時間がもっと豊かに、もっと楽しくなるはずですよ!

 

関連記事:【DRIPPER HOLDER POND-F】リバーズから、たった14グラム 折りたたんで収納できるドリッパーホルダー登場

関連記事:ハンドドリップのために生まれた究極のケトル Brewista『Artisan Gooseneck Variable Kettle』が日本初上陸!

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • 【コーヒーが広まった理由】コーヒーの深い歴史を掘り起こせるのか(2)
  • 知ればもっとコーヒーが好きになる!コーヒー知識本7選
  • モーニングコーヒー
    コーヒーが薄毛を促進するって本当!?薄毛にならないコーヒーの飲み方は?
  • 【平成もあと少し!】日本のコーヒー業界、30年の歴史についてまとめてみた
  • coffee-shikaku
    【バリスタに資格は不要?】コーヒー業界のおすすめ資格まとめ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう