「人は見た目じゃない」この台詞はイケメン・美人・ブス...誰が言っても全く説得力がない。見た目の良いヤツが「顔じゃない」だの「人は中身」だの言っても腹が立つだけではないか。なんなら「俺はイケメンだぞ!」と言ってるヤツの方がまだ好感が持てる。

 

外見と中身が伴なってないとモテないというが、デカフェコーヒーはどうだろうか? 外見はまるっきしコーヒーだが、カフェインが微量、もしくは0(ゼロ)というではないか。そんなデカフェコーヒーは今や多くの人に飲まれているという。今回はデカフェコーヒーの需要や種類について解説します。

コーヒーを飲みすぎてしまうことによる弊害とは


人によってはコーヒーを一日に何杯も飲む人もいますよね。ですが、日常的にカフェインを過剰摂取すると、体内からカフェインが抜けた際、「身体がだるい」「頭痛」などの中毒症状に見舞われる恐れがあります。このカフェイン中毒は毎日のカフェインの摂取量を減らすことで回復すると言われています。「カフェイン中毒は嫌だけど、飲む量を減らしたくない」そんな人におすすめなのが、カフェインを除去したコーヒー「デカフェコーヒー」なのです。

デカフェコーヒーの味と種類


これまでデカフェは「酸味が強い」「香りが薄い」と言われていましたが、年々味は進化しており、本来のコーヒーの味に近づいていると言われています。また、一口に「デカフェコーヒー」といっても種類があり、「ノンカフェインコーヒー(カフェイン0)」や「カフェインレスコーヒー(通常よりカフェイン量が少な目)」などがあります。もし、ノンカフェインコーヒーを飲んでみて、物足りなさを感じたら、カフェインレスコーヒーを飲んでみるのもいいかもしれません。

 

気になるのはカフェインの含有量。EUでは「デカフェ(カフェインレスコーヒー)」と表記する条件として、コーヒー豆中のカフェイン含有量を0.2%以下にしなければなりません。それに対し、日本のカフェインレスコーヒーには特に条件は決まっていません。

コーヒー飲料等の公正競争規約には「コーヒー入り清涼飲料(カフェイン レス)」とは、カフェインを90%以上除去したコーヒー豆から抽出又は溶出したコーヒー分のみを使用し たものをいう。」という記述があります。つまり、デカフェ(カフェインレスコーヒー)と表記されている場合も、カフェインは10%未満であるものの、商品によってカフェインの含有量に違いがあるということです。デカフェコーヒーを購入する場合、用途に応じてカフェインの量を確認の上、購入するようにしましょう。

デカフェコーヒーと上手に付き合おう

デカフェはカフェイン中毒を回避するためだけではなく、様々な人に向けられたコーヒーです。例えば、カフェインの摂取量を控えたほうがいいと言われている妊娠中や授乳中の女性。また、就寝前にコーヒーが飲みたいけど覚醒作用を考え、控えている人。そんな人たちにとってデカフェは重宝されており、今では世界のコーヒー市場の約10%を占めていると言われています。様々なシチュエーションを考え、手元にデカフェを一つストックしておくのもいいでしょう。

イケメン願望は捨てろ

そりゃ、僕だって好き好んでこんな顔で生まれてきたわけじゃない。出来ることならイケメンというギフトを授けて欲しかった。しかし、それは叶わぬ願いということは十分に分かっている。では、僕にとっての選択肢は…

  1. 性格を良く見せる
  2. いじける
  3. 認めない

当然、僕は「2 いじける」を選んだわけだが、たまに「1 性格を良く見せる」を選ぶこともある。それは好きな人ができた時だ。そしてその恋が成就したとき「3 認めない」を選ぶと思う。恋の成就の気配はまだない。

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • コーヒードリッパーの選び方 ~ドリッパーの形と味の関係性とは~
  • ベトナムコーヒー
    エッグコーヒーやクリアコーヒーってどんな?世界の珍コーヒー
  • コーヒーの酸味ってなに? コーヒーに欠かせない味覚を感じよう!
  • エスプレッソとドリップコーヒーの違いって?初心者向け徹底解説
  • 激ヤセ注意!?ブレットプルーフコーヒーの材料選び&作り方のポイントを解説!
  • 【コーヒーと紅茶】カフェインの含有量の違いとは?よく聞く噂の真実を検証!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事