茶道は、日本の伝統文化のシンボルの一つです。2020年の東京オリンピックの開催と海外の日本ブームが相まって、近年では国内でも手軽に茶道を楽しめるスポットが増えています。

 

茶道というと、堅苦しいイメージを抱く方もいますが、普段の生活でも茶道の所作が活かされることをご存じでしょうか。

 

今回は日常生活で使える、茶道の所作についてまとめてみました。

 

関連記事:知れば得する。お茶出しのマナーと美味しいお茶の淹れ方

関連記事:【コーヒーマナーを知る】正しいスタンダードなスタイルとは?

関連記事:紅茶を飲むときのマナーや飲み方 ~基本からマナー違反になってしまう作法まで~

茶道とは?

 

 

茶道は、茶人・千利休が礎を築いた日本の伝統文化の一つです。お客様を招いて、茶せんを使うなどの決められた作法に則り、抹茶を振る舞うことを指します。日本特有の文化でもある、「おもてなし」の一つの方法として位置づけられています。

 

今日、「苦い抹茶を飲む」「和菓子をたしなむ」といったイメージが先行している茶道ですが、お茶を受け取る・配置する、といった所作にそれぞれの意味が込められています。

 

その中でも私たちが知っておきたい茶道のマナーについて、次の項でピックアップしてみましょう。

茶道の所作がルーツ!日常生活で使える心遣いとは?

コミュニケーションを取る上で、大切なのは心遣いです。その中でも茶道の所作がルーツとなっている心遣いについてピックアップしてみます。

相手を思いやる気持ち

茶道では、歩き方・茶碗の上げ下ろしなど、やり方や順序が明確に存在します。普段、茶道にあまり触れていない方であれば、「いちいち細かいのでは……」と思うかもしれません。

 

これらの決まったやり方がある理由としては、まず相手のことを思いやり、不快な思いにさせないことが挙げられます。使っている道具を丁寧に扱う、またはその場にいる人たちを考えて行動すれば、相手に良い印象を与えるのは言うまでもありません。

 

また、お茶や和菓子をたしなむときに「お先にどうぞ」と声をかけて譲ることも、思いやりです。「思いやり」が込められた、これらの動作や所作を普段から自然にできるようにしたいものですね。

おもてなしの心

2020年開催の東京オリンピックの招致のスピーチで使われた言葉と言えば、「おもてなし」です。「ゲストへの心を込めた応対」を意味するおもてなしの言葉は、国内外を問わず、多くの人たちに共感を得たのは記憶に新しいことでしょう。

 

そして、この「おもてなし」は、実は茶道とも深く密接なモノものです。まず、茶道のシーンでのおもてなしは、相手がその場の雰囲気になじめる空間作ることが挙げられます。

 

ほかにも相手に抹茶や茶菓子を渡すときに「一呼吸」おいてから行動することも、おもてなしの一つです。渡す側が落ち着いた気持ちで行動していると、相手にもゆとりを持っていることが伝わり、和やかな雰囲気となります。

 

またおもてなしの所作は、お茶を適度な温度で振る舞ったり、茶器の絵柄を相手の正面に配置したりするなども含まれています。

 

これらの行ないに気を遣うのは、細かいことではありますが、気持ち良いものとなります。

茶道の知識を深め、日常生活で生かしてみよう

茶道の所作は、器を回すなどの細かいことが多いですが、この細やかな心遣いが相手とって良い印象を与えるのは言うまでもありません。特に「思いやること」「おもてなしの心」は、普段から意識して生活すると、人間性も磨かれます。

 

日常生活や対面での食事や仕事をする際に、茶道の所作を頭に入れておきながら心遣いをしてみてはいかがでしょうか。

 

茶道という文化|広島大学 学術情報リポジトリ

茶席の作法、これだけ知っておけば安心|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

お茶と日本のおもてなし文化との関係|お茶の通販 宇治田原製茶場

関連キーワード
ライフスタイルの関連記事
  • カラフルなコーヒー雑貨が目立ったアンビエンテ
    【イベントレポート】13万人を集める世界最大の消費財見本市「アンビエンテ」コーヒー・お茶ジャンルも充実!
  • 感動のラテアート!飲むのが惜しくなるカフェラテが有名な東京のカフェ7店
  • 【楽しみ方はあなた次第】今年の夏は、グランピングで忘れられない思い出を!
  • 間違った保存で味も台無し?日本茶のおいしさを保つコツと茶筒とは
  • 3種類のフレーバー
    【シリコンバレー発の噛むコーヒー】「Go Cubes」はメリットだらけ!頭が良くなるってホント?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう