来客用コーヒー』と『個人で楽しむコーヒー』の違いとはどのようなものなのでしょうか。

 

人によって違いはありますが、カップの種類やソーサーの有無などが挙げられるのではないでしょうか。

 

例えば、僕の場合は仕事中に飲むコーヒーはマグカップを使っています。キッチンで砂糖、ミルクを注いで、その場でスプーンで掻き混ぜて出来上がり、といった具合です。

個人用としては問題ありませんが、さすがに来客用のコーヒーとしては不適切になってしまいます。

 

来客用のコーヒーは「カップ・ソーサー・スプーン」のセットがスタンダードです。

さらにカップやスプーンの位置などにも正しい作法があるので解説していきます。

 

コーヒーカップの取っ手の位置は右?左?

カップアンドソーサー来客用コーヒーはソーサーにカップとスプーンを乗せたらOKというわけではありません。

まずはカップの位置――つまり取っ手の位置から解説します。

 

『飲み手から見てカップの取っ手が右側か?左側か?』これは国によって作法が違います。

 

  • イギリス

ミルクと砂糖を掻き混ぜるとき、安定のため左手で取っ手を抑えるため『取っ手は左側』

  • アメリカ

ブラックコーヒーを飲む人が多いので『取っ手は右側』

 

このように作法が間逆です。

日本の場合、特に決まりはなく取っ手の位置は右でも左でも問題ありません (最近では右側が基本という傾向があります)

 

ですが、カップの一方に絵柄などがあるときは、絵柄が飲み手に見えるように置いてください。

 

また、スプーンの位置はカップの手前にし、柄は右側にくるようにしましょう。

続いて砂糖やミルクの位置を解説していきます。

スティックシュガーやコーヒークリームの置き場所

来客用コーヒーの砂糖はスティックタイプやポーションタイプなどが挙げられます。

スティックタイプやポーションタイプの場合はカップの向こう側(ソーサの右肩辺り)に添えるようにしましょう。

ネット上などでは『スプーンと揃えて提供』と記述していることもありますが、スプーンと砂糖の外容器が接触しているのを衛生的に好まない人もいるので適当ではありません。

 

ですので、ミルクポットやポーションなどもカップの向こう側(ソーサーの左肩辺り)に添えるようにしましょう。

続いてコーヒーと一緒にお茶菓子を提供する場合はどのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

 茶菓子の出し方にも作法があります

コーヒーとお菓子

コーヒーと一緒にケーキといった菓子類を出すときは『左に菓子類、右にコーヒー』が基本となります。

 

三角形のケーキをお出しする場合は、尖っているほうが左側にくるようにしましょう。

また、先に提供した物の上を手が跨ぐ『袖越し』にならないよう注意して下さい。

 

菓子用のフォークや楊枝はティースプーン同様、柄が右側になるよう置いて下さい。

 

茶菓子の種類ですが、『コーヒーだから洋菓子でなければならない』というルールはありません。

ですが、会社の来客用で出す場合は音の出にくい茶菓子を用意するようにしましょう。

 

続いて、複数の来客時のコーヒー出し方を解説します。

 

ビジネスで使える。会社来客時にコーヒーを出す場合

ビジネスマナー

来客者の多い会社ですとコーヒーの提供は欠かせません。会社での来客用コーヒーは1杯のコーヒーだとしてもお盆に乗せるのが基本です。

 

コーヒーをお出しする際は上座の方、または来客者(上座に座っていなくても)から先に出しましょう。できる限り来客者の立場などを把握し、役職が上の人から出すようにしてください。

 

また、コーヒーをお出しする際も「失礼いたします」と声を掛けるようにしましょう。

 

これら一連の流れは『左手でお盆、右手(利き手)でコーヒーを提供』といった形式になります。慣れていないと左手でお盆を持つのは難しいかもしれません。

 

慣れない内は、前腕の上にお盆を乗せて支えると安定します。基本的に右手(利き手)はコーヒーをお出しする以外に、部屋をノックしたり、ドアを開けたりするときにも使います。

 

来客数が多く、お盆にコーヒーセットが収まらない場合はカップとソーサーを分けて乗せても大丈夫です。

 

その場合、下座の端やサイドテーブルなどでコーヒーセットを完成させてからコーヒーを提供していきましょう。

 

最後にホットコーヒーではなくアイスコーヒーを提供するときはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

 

アイスコーヒーを提供するマナーとは?

アイスコーヒー来客用コーヒーはホットコーヒーでもアイスコーヒーでも出す順番は上座(来客者)から出していくのは変わりません。

ですが、アイスコーヒーの場合、ソーサーではなくコースターを使うので提供する作法に違いが出てきます。順番は『コースター→アイスコーヒー→ストロー→ガムシロ、ミルクポーション』になります。

 

アイスコーヒーはグラスに水滴が付きやすいので、おしぼりも一緒にお渡しすると喜ばれると思います。また、ストローの空袋やガムシロ、ミルクポーションの空容器はすぐに回収するか、専用のカゴなどに入れてもらうようにしてください。

 

一般的に会社内で来客者にお出しする飲み物は緑茶が多いと思います。

おそらく緑茶はあまり人を選ばないからだと思います。ですので、来客者にコーヒーをお出しする前に「お飲み物はコーヒーでよろしかったでしょうか?」と尋ねたほうがいいでしょう。

 

また、本記事はご自宅で友人にコーヒーを振る舞う際にもきっと役に立つと思います。気軽なお付き合いをしていても心遣いは嬉しいですし、礼を重んじることはさらなる信頼を生むはずです。

 

会社勤めの人も、そうでない人もコーヒーマナーは覚えておいて損はありません。

サラリーマンとコーヒー「備えあれば憂いなし」

サラリーマンとコーヒー

かれこれ十年前になろうか。こんな僕でもサラリーマン時代があった。

それこそスーツを着て、電車に乗って、タイムカードをガチャリと押す典型的なリーマンだった。

『典型的』とは言ってもいくつかやれなかったことがある。1つは事務の子に「コピー取ってきて」とお願いすること、もう1つは屋上でバレーをすること、そして最後は来客用のコーヒーを出すことだ。

 

しかし、たった1度だけ来客用のコーヒーを出さなければいけない境地に立たされたことがあった。元請先の偉い人が“用は無いがたまたま会社の近くを通り掛かったから寄った”という突然でいて迷惑な来訪。

 

背筋を伸ばす社員、へりくだる社長。不幸なことに給湯室から一番近い席の僕がコーヒー淹れることを命じられた。

僕がいた会社は来客自体ほぼ皆無で給湯室には社員用のマグカップとお世辞にも美味しいとは言えないインスタントコーヒーしか置いておらず、とてもじゃないが来客用として出せる代物は見当たらなかった。しかし、そうは言ってられない。

 

まずはマグカップ選び。そこにあったのは『熊さんの絵柄のマグカップ』と『“危機一髪”と書かれたマグカップ』、『地球儀のデザインのマグカップ(ちょっと欠けていた)』といったキワモノマグ。

 

かなり迷ったが熊さんのマグカップでインスタントコーヒーを作ることに決めた。僕がコーヒーを提供すると社長も元請先の人も『おいおい、マジかよ』という表情をしたのを今でも鮮明に覚えている。

 

次の日、会社の給湯室に行くと、なんとも綺麗なコーヒーカップが数客用意されていた。おそらく例の一件から社長が購入したのであろう。しかし、それから僕が会社を辞めるまでの3年間、そのカップの出番はついぞ訪れることはなかった。

 

紅茶を飲むときのマナーや飲み方 ~基本からマナー違反になってしまう作法まで~

【彼女とカフェトーク】丸山悠美/Yumi Maruyama『インスタ活用術』前編
2018.1.29
カフェンドが注目する人気インスタグラマーとカフェで対談企画【彼女とカフェトーク】 初登場は、ナチュラルな柔らかい雰囲気が魅力的な『丸山悠美』さん。 彼女のInstagramは、コチラ→ https://www.instagram.com/maruyumi/?hl=ja 彼女のインスタグラムにアップ...…
知ればもっとコーヒーが好きになる!コーヒー知識本7選
2018.1.19
コーヒーを“美味しく”“楽しく”飲む一番の方法は、「コーヒーの知識を身に付ける」ということです。コーヒー豆の種類や味、淹れ方、焙煎、etc... これらを少しでも知っていると、今よりコーヒーが何倍も好きになるはずです!ここではコーヒーについて学べる、そしてコーヒーをもっと好きになる7冊の本を紹介し...…
関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • woman
    付き合いたての『恋愛と焙煎したてのコーヒー』に共通した話
  • coffee
    【栽培・収穫・精製・焙煎】たった1杯のコーヒーができるまでの物語
  • coffee
    【考察】コーヒーの値段はなぜ店によってあんなに違うのか?
  • 焙煎後のコーヒー豆の保存方法
    焙煎後のコーヒー豆の保存方法 劣化の原因と最適な保存場所とは?
  • コーヒー生産
    コーヒーの生産量が多い国はどこ?ランキングと一緒に有名な生産地を紹介
  • コーヒーを飲めない人が、コーヒーを飲めるようになるためのいくつかの方法
    コーヒーを飲めない人が、コーヒーを飲めるようになるためのいくつかの方法

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エディターズブログ
甘党の私は基本どんなものを食べたって食後はスイーツを食べたくなるし、お茶しようといったら必ず甘いものとセットでないと嫌だ。 一人でショッピン...
カフェっ子リカちゃん
この前帰省した時に、地元から東京へ向かってる時の、新幹線の中での話。 なんだか随分、今回の夏休みは実家でゆっくりしたの。帰りのお供は、新幹...