まだまだ残暑が続きますが暦の上ではもう秋。

食欲の秋と言われるように美味しいものが沢山出てくる季節で楽しみな方も多いのではないでしょうか?

今回はその中でも栗を使用される(事が多い)モンブランを特集いたします。

関東で食べられるモンブラン

ふわり

写真提供:ふわり公式Instagram

和栗のモンブラン 1,850円(税込)

多数のメディアでも紹介されている「ふわり」さん。

生絞りの和栗モンブランと、和栗モンブランかき氷をメインとして提供しているお店。

人形町の交差点から甘酒横丁を明治座方面に歩いていくと現れる和モダンな素敵なお店です。

今回紹介する「和栗のモンブラン」は和栗のペースト、生クリーム、ババロア、スポンジ、さつまいもチップでできているモンブランで、和栗のペーストと口溶け軽やかなババロアの相性が抜群!口の中に入れた瞬間、和栗の香りが広がります。

また、さつまいもチップのサクサク感もあり、1つのお皿でいろんな食感を楽しむ事が出来ます。

アクセス
<店名>和栗モンブラン&かき氷 ふわり
<住所>東京都中央区日本橋人形町2-20-7 日本橋COSMO3ビル 1F
<TEL>03-6231-0538​
<営業時間>
11:00~18:00(L.O.17:30)
<定休日>木曜日

bonbons créatifs

写真提供:bonbons créatifs公式Instagram

いちじくのモンブラン 670円(税込)

こちらは8月10日にオープンしたばかりの創作スイーツとパンのお店ボンボンケアティフさん。

店内もスイーツもとてもおしゃれで、ふらっと立ち寄りたくなるお店です。

こちらは、フランス唯一の栗の産地であるアルディッシュ地方で取れたマロンを使用したモンブラン。生のイチジクを混ぜ込んだダマンド(アーモンドクリーム)をパリパリのパイ生地で包み焼き上げた土台の上には 生クリーム、イチジクのコンフィチュールを忍ばせ、最後に香ばしいマロンクリームが絞られています。

更に、VOブランデーをかけると味変で大人なモンブランに大変身!

1度で2度楽しめるモンブランとなっています。

アクセス

<店名>bonbons créatifs

<住所>東京都渋谷区代々木2丁目30−3 ヨシダペアランドB棟 1F
<TEL>03-6385-2587
<営業時間>
平日 12:00~20:00
金土日 12:00~22:00
<定休日>月曜日
<HP>https://bonbonsweets.tokyo/

 

& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店

写真提供:OIMO TOKYO CAFE 中目黒店公式HP

こぼれ蜜芋モンブランパフェ 1,950円(税込)

2021年にオープンした& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店さん。

まるで高級ホテルのような洗練された落ち着いた空間のカフェで、店名がOIMOと付くように、さつまいもにこだわったヘルシーなお食事を楽しむ事が出来ます。

今回紹介するのは見た目も美しいモンブラン「パフェ」

ボリュームたっぷりのパフェの中身は、お店で人気の蜜芋ソフトクリームと蜜芋プリンが使用されています。更にアクセントには、カシスのクリーム&ソースで酸味が効いているので、飽きずにどんどん食べ進められてしまいます。

 

ちなみに、こちらのカフェはペット同伴可能!

ワンちゃん用のサツマイモメニューがあるのも愛犬家にはうれしいですね。

 

アクセス

<店名>& OIMO TOKYO CAFE 中目黒店

<住所>東京都目黒区青葉台1-14-4CONTRAL nakameguro 1F
<TEL>03-6416-4908
<営業時間>
月~金 11:00~18:00(L.O.17:30)
土日祝 11:00~19:00(L.O.18:30)
<定休日>なし

芋ぴっぴ。浅草店

写真提供:芋ぴっぴ。浅草店公式Instagram

1mm絹糸の紫芋とアイス 1,400円(税込)

メディアでもよく紹介されるさつまいもスイーツ専門店芋ぴっぴさん。

こちらはカフェではありませんが、(離れ室内にて飲食は可能)浅草という土地柄、食べ歩きメニューとして大人気です!

また、、全国で20店舗以上展開されているお店なので、東京以外にお住まいの方にもおすすめです♪

店舗一覧の詳細はこちら

こちらの商品はまだまだ暑い季節に嬉しいお芋のアイス!

商品名にあるように糸のようにとても細い紫芋が特徴のモンブラン。

下からお芋、アイス、ホイップ、そしてこの細い桜芋のペーストがかかっており、いろんな食感、温度、そして美味しさが楽しめます。

目の前でペーストを絞ってもらえ、その瞬間の撮影もOKとのことで、SNS映えするのも嬉しいですね。

 

アクセス

<店名>芋ぴっぴ 浅草店

<住所>東京都台東区浅草2-3-24
<TEL>03-3841-7027
<営業時間>11:00~18:00
<定休日>なし

WHITE. cafe

写真提供:WHITE公式インスタグラム

ホワイト生チョコモンブラン 920円(税込)

横浜、JR根岸線山手駅にあるWHITEさん。

名前の通り、外観も店内も白を貴重としたシンプルでお洒落な韓国風カフェ。

カフェのメニューも白を貴重としたものが多く、こちらのモンブランも雪山のような白いモンブランです。

お店の看板メニューのこちらは、中には求肥で巻いた生チョコが大きく入っており、クリームは北海道産生クリームとクラシックホワイトチョコレートが使用されています。

通常のモンブランでは味わえない、ホワイトカフェならではの大人気ケーキです。

※カヌレ、クッキーは別注文となります。

 

アクセス

<店名>WHITE. cafe

<住所>神奈川県横浜市中区麦田町4-98-15
<TEL>050-1556-4843
<営業時間>11:00~17:00(L.O.16:30)
<定休日>なし

 

秩父菓子専門店芋うらら

写真提供:秩父芋菓子専門店芋うららさん

いもんぶらん 800円(税込)

埼玉県の秩父の番場町。レトロでノスタルジックな町並みにお店を構える芋うららさん。

秩父地域で歴史ある幻のサツマイモ”太白芋”を名物とした芋菓子専門店です。

いもんぶらんは注文を受けてから目の前でお芋のクリームを絞り上げてもらえます。

クリームの中身には、焼き芋、スポンジケーキ、バニラジェラート、クッキー(「すのうぼうる」という秩父産メープルシロップを使用したクッキー)が入っており、クリームを絞ったあとは、黒ゴマ、自家製の大学芋の蜜、さらにおいもチップスも添えられ、まさにお芋づくしのモンブランとなっております。

しっかりしたお芋の味や色々な食感、味も楽しめる一品です!

基本的にはテイクアウト商品ですが、お店の外にあるベンチで食べることも出来ます。

 

アクセス

<店名>秩父芋菓子専門店芋うらら

<住所>埼玉県秩父市番場町19−3
<TEL>0494-53-9211
<営業時間>10:00~17:00
<定休日>火曜日

番外編

栗が好き。栗cafe ISSADO

写真提供:栗が好き。栗cafe ISSADO公式Instagram

もんパフェ 1,500円(税込)

岐阜県中津川市付知町の老舗和菓子店「和菓子処一茶堂」に隣接する「栗cafe ISSADO」さん。

店名のその名の通り、栗がメインのスイーツを楽しめます。

こちらのは細さ0.8ミリで絞った超繊細モンブラン。土台には栗きんとんをそのまま使用し、栗本来の風味を存分に味わえる栗まみれのモンブランです!

とっても美味しそうだけど、岐阜の方以外はなかなか行くことが難しいですよね。でもぜひ食べてみたい・・・・

という方に朗報です。

「元祖中津川 栗きんとんモンブラン重」をインターネットで購入することが可能です。

お重の栗きんとんモンブラン 楽天サイト

実はこちら、ふるさと納税で全国1位を獲得した大人気商品で「賞味期限3分の栗きんとんモンブラン」とされており、蓋を開けてから3分以内に食べるのがおすすめです

ぜひ岐阜まで伺うことが難しい方はふるさと納税をチェックしてみてください♪

 

アクセス

<店名>栗cafe ISSADO

<住所>岐阜県中津川市付知町10201-1
<TEL>0573-82-4389

まとめ

いかがでしたでしょうか?

気になるお店はありましたでしょうか?

私はこちらの記事を作成しながらモンブランが食べたくて仕方なくなりました(^^)

今回は関東をメインに紹介させていただきましたが、全国にはこだわりのモンブランを提供しているお店が沢山あります。

ぜひこの機会にお近くに地域でもお気に入りのモンブランを探してみてください♪

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう