お湯を注ぐだけでカフェオレが飲める、スティックカフェオレを知っていますか?

 

仕事で忙しい時やすぐカフェオレが飲みたい時に、スティックタイプの商品は大活躍します。

 

しかし、いざスティックカフェオレを購入しようとしても、どれを選んだらいいか分からないと悩む方はきっと多いのではないでしょうか?

 

そこで、この記事では

 

  • スティックカフェオレの魅力や選び方
  • スティックカフェオレのおすすめ商品15選
  • おいしい淹れ方やよくある質問

 

などを、分かりやすく解説します!

 

おいしくて缶コーヒーよりコストも抑えられるスティックカフェオレの魅力を知りたい方は、ぜひ記事をご覧くださいね。

CAFEND編集部おすすめのコーヒー
珈琲きゃろっと
数々のグランプリを獲得した焙煎人が送る世界が認めた一杯。
初回お試しセットが58%OFF・返金保証付き
ロクメイコーヒー
日本一の焙煎士が厳選した最高品質のスペシャルティコーヒーをお届け。
初回限定お試しセットが28%OFF・送料無料
imperfect表参道のコーヒー
世界の上位5%クオリティのスペシャルティコーヒー水準の豆を厳選してお届け。
初回限定お試しセットが80%OFFでお得に。

目次

スティックカフェオレとは?

ブレンディやネスカフェなどで知られる、スティックカフェオレの特徴は以下の3つです。

 

  • 既にミルクとコーヒーが混ざったタイプの商品
  • お湯で簡単に溶けるインスタントタイプ
  • カフェラテとはミルクの割合が違うため注意!

 

ブラックコーヒーや砂糖入りコーヒーと違い、ミルクが入っているタイプの商品をスティックカフェオレといいます。

 

しかしミルクが入っていれば、すべての商品をスティックカフェオレと呼ぶわけではありません。

 

詳細をこれから解説するのでスティックカフェオレを買いたいと考えている方は、ぜひご覧くださいね。

既にミルクとコーヒーが混ざったタイプの商品

スティックタイプのコーヒーは多数販売されていますが、その中でもミルクとコーヒーが混ざっているものをスティックカフェオレと呼びます。

 

ブラックコーヒーと粉ミルクが一緒になり、通常のパッケージの中に入っている商品です。

 

本来カフェオレを作るためには、牛乳を用意しなくてはなりません。

 

しかしスティックカフェオレを使えば、牛乳がなくてもカフェオレを簡単に作れます。

 

「インスタントタイプのコーヒーを飲みたいけれど、ブラックはちょっとイヤだな…。」

 

そう感じた方は、ぜひスティックカフェオレの購入を検討しましょう!

お湯で簡単に溶けるインスタントタイプ

スティックカフェオレは、お湯を使えば簡単に溶けます。

 

いわゆるインスタントコーヒーに分類される商品なので、お湯を使えばどこでもカフェオレが楽しめますよ。

 

なかにはお湯を使わなくても、水で簡単に解けるカフェオレもあります。

 

アイスタイプのカフェオレを飲みたい方は、水で溶けるタイプの商品もぜひ検討してください。

カフェラテとはミルクの割合が違うため注意!

「カフェオレとカフェラテって何が違うの?」

 

そう疑問に思っている方もきっと多いでしょう。

 

カフェオレとカフェラテの違いは、牛乳の割合にあります。

 

カフェオレと牛乳の割合は半々ですが、カフェラテの場合牛乳の量が圧倒的に多くなります。

 

カフェラテの牛乳の割合は、コーヒーの4倍。

 

牛乳が多い分、カフェラテの方が口当たりが滑らかで柔らかい味わいを楽しめるんです!

 

厳密にカフェラテとカフェオレの違いを表現すると、コーヒーの違いにも明言しなくてはなりません。

 

しかしインスタントコーヒーの場合は、あまりコーヒーの違いにはこだわっていない商品がほとんどです。

 

そのためスティックカフェオレを選ぶ際には、牛乳の量の違いを押さえておけば充分でしょう。

スティックカフェオレの魅力

スティックカフェオレは一般的な商品と比べてどこが魅力的なのでしょうか?

 

気になる方のために、ここではスティックカフェオレの魅力を3つ紹介します。

 

  • 抽出やブレンドが必要なくすぐ飲める
  • 携帯しやすいから外出先でもカフェオレを楽しめる
  • 安くておいしい商品もたくさんある

 

スティックコーヒーの魅力は利便性や携帯性、おいしさなどさまざまです。

 

以下から始まる解説を読んで、スティックカフェオレに関する知識をぜひ身に付けてくださいね。

抽出やブレンドが必要なくすぐ飲める

スティックカフェオレは一般的なコーヒーと違い、抽出やブレンドが一切必要ありません。

 

「スティック商品はインスタントコーヒーと一緒じゃないの?」と感じる方も、多いかもしれませんね。

 

スティックカフェオレとインスタント商品を使ったカフェオレの違いを表にまとめたので、確認してみましょう。

 

スティックカフェオレ カップにお湯を注ぐだけでカフェオレがすぐできあがる
インスタントコーヒーのカフェオレ
  1. インスタントコーヒーをはかる
  2. 水やお湯でコーヒーを少し溶かす
  3. ミルクを注ぎよく混ぜて完成

 

スティックカフェオレはカップにお湯を注げばすぐ作れるのに対し、インスタントコーヒーのカフェオレは計量やコーヒーをあらかじめ溶かす工程が必要。

 

ミルクのみでコーヒーを溶かそうとすると、ダマになってしまう可能性が高いからです。

 

すぐに本格的なカフェオレが楽しめるのは、スティックカフェオレの大きな魅力といえるでしょう!

携帯しやすいから外出先でもカフェオレを楽しめる

スティックカフェオレは細長いパッケージで、カバンの中に入れやすい商品。

 

小型のポーチなどに入れて持ち運べば、いつでもどこでもカフェオレが飲めますよ。

 

商品パッケージには、手でもカットがしやすいマジックカットが多いのも特徴。

 

ハサミを使わなくてもパッケージを開けられるので、利便性が抜群です。

 

オフィスなどでおいしいカフェオレを味わいたい方は、ぜひスティックカフェオレを購入してみてくださいね。

安くておいしい商品もたくさんある

スティックカフェオレのなかには、コスパに非常に優れたものもたくさんあります。

 

もし自販機でカフェオレを買おうとすると、確実に100円以上のコストがかかりますよね。

 

スティックカフェオレを持ち歩いておけば、1杯あたり数十円でカフェオレが飲めちゃいますよ!

 

喫茶店さながらのカフェオレが楽しめる高級品でも、1杯100円台に抑えられるのは大きなメリット。

 

「おいしいカフェオレが飲みたいけど、お金は極力節約したい…。」

 

そう考える方に、スティックカフェオレはぴったりといえるでしょう。

スティックカフェオレの選び方

スティックカフェオレを選ぶときには、以下のポイントに注意してください。

 

  • 砂糖の有無やカロリーは必ず確認しよう
  • 安価にカフェオレを楽しみたいならコストも確かめて
  • 水やお湯だけで美味しく飲めるかは要チェック!

 

自分の好みの味になるかはもちろん、コストや飲みやすさを確認するのも大切ですよ。

 

各ポイントをこれから詳しく解説するので、スティックカフェオレを買おうか迷っている方はぜひご覧ください。

砂糖の有無やカロリーは必ず確認しよう

スティックカフェオレの味を決めるポイントは、なんといっても砂糖の量。

 

販売されている商品は、砂糖がしっかり入った甘いものや、少なめにしたほろ苦いものなどさまざま。

 

特にスティックカフェオレで多い砂糖の量は、以下の通りです。

 

  • 味わいを重視した通常品
  • 砂糖を半分に抑えたハーフ
  • 砂糖が一切入っていない無糖

 

なお、砂糖の量は各メーカーで異なります。

 

コーヒーの風味なども若干異なるため、味をチェックしてご自分の好みのものを見つけてくださいね。

 

現在ダイエット中の方は、カフェオレのカロリーを確認しておきましょう。

 

カロリーそのものをカットしている商品を選べば、糖質だけでなく脂質を抑えられる可能性もありますよ。

安価にカフェオレを楽しみたいならコストも確かめて

リーズナブルにスティックカフェオレを楽しみたいなら、1杯あたりのコストも確認してください。

 

一般的なスティックカフェオレは、1杯当たりのコストが30円程度です。

 

コストが30円以下に抑えられていれば、そのカフェラテは安いといえるでしょう。

 

数十本~100本のまとめ買いができる商品を選べば、コストは一気に下がります。

 

味が美味しい有名メーカーの商品でも、まとめ買いならリーズナブルに味わえますよ。

 

スティックカフェオレを安く手に入れるポイントを押さえて、お気に入りの商品のコストをぜひ下げてみてくださいね。

水やお湯だけで美味しく飲めるかは要チェック!

スティックカフェオレでよくありがちなトラブルが、水やお湯だけで飲んで美味しくなかったというものです。

 

外出先やオフィスで牛乳を持ち歩き、カフェオレを作るのは現実的に不可能ですよね。

 

素早くお湯を使ってカフェラテが作れるかどうかは、必ずチェックしておきましょう。

 

カフェラテが作れるかどうかだけでなく、お湯で溶けやすいかどうかもしっかり確認するのが重要です。

 

アイスカフェラテを素早く作りたいなら、水で溶ける商品を選択するのもおすすめですよ。

安くておいしいスティックカフェオレおすすめ5選

コストを抑えて飲めるカフェオレスティックのなかには、味が非常においしいものもあります。

 

味を重視しつつ、良コスパを叶えたい方に特におすすめなのは以下5つの商品です。

 

ネスカフェ ゴールドブレンド スティックカフェラテ コーヒーの風味が強いしっかりした味わい
ブレンディ カフェラトリー スティック ザ・カフェラテ ミルクとコーヒーのコクがしっかりしているボリューム感が強い商品
株式会社たていし園 泡立つ カフェオレ お湯だけでクリーミーで本格的なカフェオレが仕上がる
片岡物産 匠のカフェオレ 濃厚ミルク ミルクの風味が濃厚で柔らかな甘さが特徴
キーコーヒー カフェオレ 贅沢仕立て

 

各商品をこれから詳しく解説するので、ぜひご覧ください。

ネスカフェ ゴールドブレンド スティックカフェラテ

1本あたりのコスト 19円
セット本数 100本
溶かせるもの お湯
甘さ

3.0

苦み

4.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーオフ

4.0

33キロカロリー

 

コーヒーの芳醇なコクと苦味が味わえる、本格的なカフェオレスティックです。

 

挽きたて豆を抽出液でしっかりと包み、酸化を抑えた挽き豆包み製法を採用しています。

 

インスタントでありながら、コーヒーの香りや味わいは一切損なわれていません。

 

使用されているコーヒーは、種類ごとに焙煎度を分けたゴールドブレンド。

 

家やオフィスにいながら、カフェながらのおいしいカフェラテを楽しめる商品です。

 

1本あたり33キロカロリーであり糖質も3.9gと控えめなため、糖分やカロリーの摂り過ぎが心配な人でも安心して飲めますよ。

 

コストが1杯あたり19円と非常に安いのも、嬉しいポイントです。

ブレンディ カフェラトリー スティック ザ・カフェラテ

1本あたりのコスト 66円
セット本数 5本×4箱(20本)
溶かせるもの お湯
甘さ

2.0

苦み

4.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーオフ

1.0

81キロカロリー

 

ブレンディスティックの高級品に該当する、カフェラトリーシリーズの人気商品です。

 

厳選されたアラビカ種のコーヒーを、商品には100%使用。

 

香りや風味がしっかりしたコーヒーに、濃厚な泡立ちミルクを併せた贅沢な逸品です。

 

甘さを控えた商品のため、甘い物が苦手という方でもおいしく飲めますよ。

 

高級カフェオレに該当する商品のため、1杯あたりのカロリーは81キロカロリーと非常に高め。

 

コストも66円とかなりかかるため、ティータイムやおやつ時などに飲む特別な1杯として味わうのがおすすめです。

株式会社たていし園 泡立つ カフェオレ

1本あたりのコスト 50円
セット本数 20本
溶かせるもの お湯
甘さ

2.0

苦み

4.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーオフ

3.0

41キロカロリー

インスタントであるにもかかわらず、泡立つ本格的なカフェオレが楽しめる商品です。

 

お店のような本格カフェオレが味わいたい方には、たまらない商品といえるでしょう。

 

コストは1杯あたり50円とやや高めですが、柔らかなミルクの高級感あふれる口当たりを存分に楽しめますよ。

 

この商品は苦味が強く、甘さはやや控えめ。

 

カフェオレに対し、コーヒー感を求める方にもおすすめの商品といえるでしょう。

 

甘みが少ないため後味もすっきりしており、口の中に嫌な風味が残らないも嬉しいポイントです。

片岡物産 匠のカフェオレ 濃厚ミルク

1本あたりのコスト 37円
セット本数 6本×30箱(180本)
溶かせるもの お湯・水
甘さ

4.0

苦み

3.0

コーヒーの風味

3.0

カロリーの高さ

1.0

61キロカロリー

 

コーヒー鑑定士が監修にかかわっている、ブレンドにこだわったイタリアンロースト焙煎のカフェラテスティックです。

 

焙煎度の非常に高いコーヒーを使用し、豆の香ばしさをしっかり引き立てているのが特徴。

 

カフェオレのミルク煮は北海道産の全粉乳を、砂糖には国産きび糖・焦がし砂糖を使用しています。

 

素材の味を生かしたスティックカフェオレであるため、雑味がなくクリアで濃厚な味わいです。

 

カロリーや価格は高いので、飲みすぎには注意してくださいね。

キーコーヒー カフェオレ 贅沢仕立て

1本あたりのコスト 35円
セット本数 8本×12箱
溶かせるもの お湯
甘さ

3.0

苦み

4.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーの高さ

3.0

33キロカロリー

 

創業100年以上の歴史を誇るコーヒーメーカー、キーコーヒーが販売しているスティックカフェオレです。

 

カフェで飲むようなカフェオレをコンセプトに作られた商品であり、入っているコーヒーにはフリーズドライ品を使用。

 

焙煎したてのコーヒーのおいしさを閉じ込めたフリーズドライ豆が、香り豊かで香ばしい味わいを生み出しています。

 

北海道産生クリーム入りのクリーミングパウダーがしっかりと泡立つため、口当たりが滑らかで、非常に柔らかいのも魅力ですよ。

 

高級カフェオレとしては珍しく、カロリーがしっかり抑えられているのも嬉しいポイントです。

低カロリーなスティックカフェオレおすすめ5選

「カロリーを控えて、おいしいカフェオレが飲みたい!」

 

そんな願いを叶えてくれる、低カロリーなカフェオレスティックをここでは紹介します。

 

ラインナップは、以下の5種類です。

 

ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし コーヒーとミルクのコクをしっかり生かした飲みごたえがあるカフェラテ
ドトール インスタントスティック ほろにがカフェ・オ・レ 有名コーヒーチェーンが販売する、コーヒーの苦さ際立つ本格品
ブレンディスティックエスプレッソオレ 深いエスプレッソを使用していおり、苦味とコクが際立つ
ラカント 低糖質カフェインレスカフェオレ 代替糖類であるラカントを使用しており徹底した糖質制限ができる
ブレンディ スティック カフェオレ カロリーハーフ カロリーそのものを半分に抑えたブレンディスティック

 

各商品をこれから詳しく解説するので、カロリーを抑えてカフェオレを楽しみたい方はぜひご覧くださいね。

 

なお、コーヒーにダイエット効果を期待している方には、こちらの記事もおすすめですよ。

 

【ダイエットで話題の緑茶コーヒーとは?】作り方と飲むときのポイントを紹介します!

ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし

1本あたりのコスト 22円
セット本数 100本
溶かせるもの お湯
甘さ

1.0

苦み

2.0

コーヒーの風味

3.0

カロリーカット

3.0

42キロカロリー

 

甘さは控えめでミルク感を強くした、ブレンディスティックの人気商品です。

 

苦味が少なく、かつ甘さは控えめという独特の味わいが特徴。

 

バランスを考え、特殊なミキサーでコーヒーとミルクを混合しています。

 

AGFの社内技術を活用してできあがったこのスティックカフェオレは、まろやかミルクの濃厚な味わいが楽しめる逸品。

 

「コーヒーが苦手だけと、甘さを控えたカフェオレが飲みたい。」

 

そんな願いを叶えてくれる、ミルク系カフェラテ好きにはたまらない商品ですよ。

 

コーヒーには深煎りを使用しているため、コクがしっかりしており飲みごたえがあるのもメリットといえます。

 

1杯あたり42カロリーですが糖質の量は4.7gに抑えられており、砂糖の摂取量が気になる方におすすめです。

ドトール インスタントスティック ほろにがカフェ・オ・レ

1本あたりのコスト 22円
セット本数 30本
溶かせるもの お湯
甘さ

1.0

苦み

4.0

コーヒーの風味

4.0

カロリーの低さ

3.0

31キロカロリー

 

人気のコーヒーメーカーチェーンドトールコーヒーが販売する、ほろ苦い風味が特徴のインスタントカフェオレです。

 

1杯あたり21円程度とコストがよく、気軽においしいカフェラテが飲みやすいのもメリット。

 

苦味が強いキリッとした味わいのカフェラテを楽しめるため、オフィスなどで目を覚ましたい方にもおすすめですよ。

 

ローカロリー商品には該当していないため、1杯あたりのカロリーは31kcalとやや高め。

 

しかし、商品の甘さを抑えていると公式サイトでは明言されています。

 

通常10g程度入っている砂糖が4gしか入ってないため、防湿だけを抑えたいという方にぴったりです。

ブレンディスティックエスプレッソオレ

1本あたりのコスト 23円
セット本数 100本
溶かせるもの お湯
甘さ

1.0

苦み

5.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーオフ

3.0

31キロカロリー

 

糖類を従来ブレンディスティックの半分に抑えている、ビターな味わいの商品。

 

コーヒーには、苦味やコクが際立つエスプレッソを使用。

 

非常に苦味がはっきりしているため、コーヒーの風味が強いカフェラテを飲みたい方にぴったりですよ。

 

100本入りの大容量パックで、思う存分カフェラテを味わえるのメリット。

 

1本あたりのコストも、23円と非常に低く抑えられています。

 

カロリーは一杯当たり31kcal、炭水化物の量は3.3gとかなり少なめです。

 

糖質を抑えたい方はもちろん、少し体重が気になっており、カロリーを控えたい方にもおすすめですよ。

ラカント 低糖質カフェインレスカフェオレ

1本あたりのコスト 113円
セット本数 7本×4箱(28本)
溶かせるもの お湯
甘さ

3.0

苦み

3.0

コーヒーの風味

2.0

カロリーオフ

3.0

37キロカロリー

 

「糖質制限を行っているが、甘いカフェラテが飲みたい。」

 

そんな願いを叶えてくれるのが、ラカント入りの低糖質カフェラテです。

 

カロリーは37kcalとやや低めですが、1本あたりのスティック量は10gとボリューミーなのが特徴です。

 

ラカントのすっきりした甘みが楽しめるこの商品には、葉酸や鉄分も含まれています。

 

カフェインレスコーヒーなので、寝る前やカフェインを摂取したくない時にも飲めて安心ですよ。

ブレンディ スティック カフェオレ カロリーハーフ

1本あたりのコスト 22円
セット本数 100本
溶かせるもの お湯
甘さ

3.0

苦み

2.0

コーヒーの風味

3.0

カロリーオフ

5.0

21キロカロリー

 

1杯あたり21カロリーであり、従来品よりも摂取エネルギーを半分に抑えたブレンディスティックです。

 

商品に入っている糖質のうち、約半分は食物繊維。

 

糖質は実質1.7gしか入っておらず、とことんカロリーや糖質を抑えたい方にぴったりですよ。

 

コーヒーミルクの中に含まれているアロマを特定し、カプセルとして閉じ込めるエンハンサー技術を活用。

 

香りや風味はカフェオレそのままの状態で、摂取カロリーだけを抑えた商品を自社技術で実現しているんですよ。

 

「おいしいカフェオレを楽しみながら、摂取カロリーをできるだけ少なくしたい!」

 

そんなわがままな願いを、きっとカロリーハーフは叶えてくれるでしょう。

そのほかのおすすめスティックカフェオレ5選

スティックカフェオレには価格やカロリーなど以外にも長所がある商品がたくさんあります。

 

ここではその他のおすすめスティックカフェオレを紹介しますので、ぜひご覧ください。

 

ラインナップは以下の5種類です。

 

ブレンディ スティック カフェオレ スティックコーヒー 水でも溶けやすくコスパも良い、ブレンディスティックの定番商品。
牛乳屋さんの珈琲 濃厚な甘さとミルクの旨味が楽しめる、贅沢カフェオレ
イニックコーヒー ギフト モーニングアロマ 牛乳を使って作る、コーヒーの芳醇アロマが贅沢な逸品
AGF GIFT ブレンディスティックカフェオレコレクション さまざまなカフェオレがセットになった、ギフトにぴったりの商品
スヌーピー コーヒー スティック カフェオレ かわいいスヌーピーの絵柄が特徴の、本格スティックカフェオレ

 

外出先でおいしいアイスカフェオレが飲める、水で溶かせるタイプの商品は2種類をラインナップ。

 

お世話になっている人の送りたいギフトスティックカフェラテも、3種類ラインナップしました。

 

これから、各スティックカフェオレを詳しく解説します。

水ですぐ溶ける飲みやすいスティックカフェオレのおすすめ

水で簡単に溶かせるスティックカフェオレを使えば、どこでもアイスカフェオレを楽しめます。

 

水で溶けやすいスティックカフェオレとして知られているのは、非常に有名なブレンディです。

 

ここではブレンディの中でもアイスカフェラテにおすすめな商品と、水を使用してカフェラテを作れると明言している商品を各1種類ずつ紹介します。

 

ブレンディ スティック カフェオレ スティックコーヒー

1本あたりのコスト 19~22円
セット本数 100本
溶かせるもの 水・お湯
甘さ

3.0

苦み

2.0

コーヒーの風味

3.0

カロリーオフ

2.0

47キロカロリー

 

ブレンディの定番商品であるカフェオレスティックは、水で溶かしやすい商品。

 

家庭でもオフィスでも気軽にホット・アイスでカフェラテを楽しめる商品として、非常に人気があります。

 

水飲みで一気にカフェオレスティックを割ると、ダマができやすい傾向にあります。

 

焦らずまず初めに少量の水でカフェオレスティックを溶かし、その後に水を注げばおいしくカフェラテを楽しめますよ。

 

スティックカフェオレのなかでも、この商品は非常にコスパに優れています。

 

100本一気にまとめ買いをすれば、なんと20円以下でカフェラテが楽しめちゃいますよ!

 

美味しく本格的なカフェオレをコスパ良く味わいたいなら、まず選択肢に入れたい商品といえますね。

 

エネルギーは1杯あたり47kcalと高め。

 

糖質をしっかり摂って目を覚ましたいときや、カロリーをきっちり摂取したい朝食時に飲むのがおすすめです。

牛乳屋さんの珈琲

1本あたりのコスト 29円
セット本数 8本×6箱(48本)
溶かせるもの 水・お湯
甘さ

5.0

苦み

1.0

コーヒーの風味

3.0

カロリーオフ

1.0

61キロカロリー

 

水でも簡単に溶けやすい、スティックカフェオレとしては珍しい商品です。

 

しっかりとしたミルクの風味と、こってりした甘さが堪能できる満足感の高いスティックカフェオレ。

 

ふんだんに使用した北海道産の生クリームが、口の中で滑らかにとろける贅沢なおいしさです。

 

かなり濃厚な味わいが楽しめる商品であるため、カロリーは1杯当たり61kcalと非常に高め。

 

仕事の休憩時間やおやつ時に味わう、贅沢カフェオレとして飲むのがおすすめといえるでしょう。

 

糖質の量も11gと多いため、おいしいからといって飲み過ぎないよう注意してくださいね。

ギフト向きカフェオレスティックのおすすめ

大切な人に贈りやすい、カフェオレスティックギフトを知りたい方はいませんか?

 

簡単に飲めて、しかもおいしいカフェオレをインスタントタイプで贈れたら良いですよね。

 

カフェオレスティックには、ギフトにおすすめの高級商品もあります。

 

ここではおすすめの商品を3種類ラインナップし、それぞれの特徴を解説するので、ぜひご覧くださいね。

 

イニックコーヒー ギフト モーニングアロマ

1本あたりのコスト 120円程度
セット本数 12本
溶かせるもの 牛乳
甘さ

5.0

苦み

3.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーオフ

1.0

107キロカロリー(牛乳150 ml+1本)

 

ギフトとして特におすすめのスティックカフェオレメーカーは、イニックコーヒーのモーニングアロマ。

 

非常に濃厚で、インスタントとは思えないカフェオレが楽しめる商品です。

 

香り高いコーヒーのアロマが牛乳としっかり調和し、上質なとろける甘みを生み出します。

 

苦味を抑えているにもかかわらずコーヒーの香ばしさやコクはしっかり残った商品のため、コーヒーが苦手な方にも安心して贈れますよ。

AGF GIFT ブレンディスティックカフェオレコレクション

1本あたりのコスト 63円
セット本数 32本
ラインナップ ・深煎焙煎仕立て×6
・深煎焙煎仕立て 甘さ控えめ×5・深煎焙煎仕立て ミルクたっぷり×5
・紅茶オレ×5・抹茶オレ×5・ココアオレ×6

 

カフェオレスティックの定番である、ブレンディからもギフト商品は販売されています。

 

ラインナップされているカフェオレは、上位ランク品である深煎焙煎仕立て。

 

しっかりとした濃厚コーヒーのコクが楽しめるスティックカフェオレばかりが揃っているので、高級感のあるコーヒーギフトが欲しい時におすすめですよ。

 

ラインナップの中に紅茶オレやココアオレ、抹茶オレなどのスイーツ系カフェオレもあります。

 

コーヒーをメインにしたカフェオレと一緒に、さまざまな風味のオレを楽しめるのは嬉しいですね。

スヌーピー コーヒー スティック カフェオレ

1本あたりのコスト 183円
セット本数 3本
溶かせるもの 牛乳
甘さ

5.0

苦み

2.0

コーヒーの風味

5.0

カロリーの高さ

1.0

107キロカロリー(牛乳150 ml+1本)

 

スヌーピーの絵が描かれた、可愛らしいパッケージが特徴のスティックカフェオレです。

 

薄いペーパータイプのパッケージに入っている商品のため、気軽にギフトとして送れるのが嬉しいポイント。

 

大切な人に贈るささやかな贈答品として、おすすめのスティックカフェオレです。

 

中に入っているコーヒーは、カフェオレ専用にイニックコーヒーが開発したもの。

 

エチオピア産の濃厚で香り高いコーヒーが入っており、牛乳を注げばまろやかでおいしいカフェオレが簡単に味わえますよ。

 

スティックカフェオレの美味しい淹れ方

お金を払って購入したスティックカフェオレ。

 

せっかくだから、一番おいしい状態で味わいたいですよね?

 

そこで、ここではスティックカフェオレをおいしく淹れるコツを紹介します。

 

押さえるべきポイントは以下の3つです。

 

  • はじめに少し水を入れて溶かす
  • きれいに乾燥したコップを使う
  • カフェオレを溶かすお湯や水の量を調整する

 

各ポイントをこれから詳しく解説するので、おいしくカフェラテを楽しみたい方はぜひご覧くださいね。

はじめに少し水を入れて溶かす

カフェラテを一気にお湯で溶かすと、溶けなかった粉が残りダマになってしまいます。

 

スティックカフェラテを入れる前には粉に少し水を加え、お湯を入れる前の下準備をしましょう。

 

カフェラテの粉が濃厚な液状になる程度の水を入れて、スプーンなどで軽くかき混ぜてください。

 

粉がしっかり溶けたのを確認したら、お湯を素早く注ぎましょう。

 

ちょっとした下準備を行うだけで、ダマのないなめらかなおいしいカフェラテが作れますよ。

きれいに乾燥したコップを使う

水滴がついているコップでは、スティックカフェオレがダマになりやすいです。

 

食器乾燥機などに入れており、外気との気温差が激しい場合にコップが湿気ているのもNG。

 

もしコップに水滴が付いているのが見つかったら、しっかりとふきんなどで拭き取ってください。

 

付着した水滴などの些細なことに気を配り、カップを用意できればよりカフェラテをおいしく飲めますよ。

カフェオレを溶かすお湯や水の量を調整する

カフェオレを溶かすお湯や水の量にも、ぜひこだわってください。

 

市販されているカフェオレのパッケージには、推奨するお湯や水の量が記載されています。

 

初めてそのスティックカフェオレを飲むときには、ルールに従ってお湯や水を用意しましょう。

 

カフェラテを飲みなれてきたら、自分好みの濃さや味になるようにお湯や水を調整するのもおすすめ。

 

お気に入りのカフェラテがよりおいしくなるよう、自分流のレシピをぜひ見つけてください!

スティックカフェオレに関するよくある質問

ここでは、スティックカフェオレに関するよくある質問に回答します。

 

NG事項や、カフェオレを楽しむ際に役立つ豆知識を取り揃えたので参考にしてくださいね。

スティックカフェオレを水筒に入れても大丈夫?

スティックカフェオレを水筒に入れるのは、実は危険です。

 

その理由はスティックカフェオレに入っている、牛乳にあります。

 

牛乳と金属の水筒は相性が悪いと知っていましたか?

 

水筒をもし洗い忘れてしまい、中にカフェオレを放置してしまったとしましょう。

 

すると水筒の中で牛乳が腐敗してしまい、ガスで中栓

が開かなくなります。

 

このガスが曲者で、水筒の中のものを噴出させたり、最悪の場合水筒を破損させ事故に繋がったりする可能性があります。

 

牛乳の成分による腐敗を防ぐためにも、水筒にスティックカフェオレを入れて行くのは絶対にやめてくださいね。

スティックカフェオレは体に悪いって本当?

スティックカフェオレが体に悪いというよりは、入っている砂糖を摂取しすぎると生活習慣病のリスクがあるとされています。

 

甘くするために、スティックカフェオレは平均約5~10gの砂糖が入っています。

 

これは砂糖小さじ1~大さじ1杯分であるため、スティックカフェオレを飲みすぎると糖尿病や肥満などの心配があるのです。

 

香料や乳化剤などの添加物が心配という方も、きっといるでしょう。

 

しかし、一般的なスティックカフェオレの中には非常に危険な添加物は一切入っていません。

 

砂糖や添加物については、たくさんスティックカフェオレを飲みすぎない限り、リスクは低いため安心してください。

 

どんな嗜好品でも、摂りすぎると危険というのは同じことです。

 

よって、スティックカフェオレだけが非常に危険な飲み物というわけではないといえるでしょう。

スティックカフェオレのおすすめアレンジレシピは?

スティックカフェオレのアレンジレシピはたくさんあります。

 

そのまま飲むのはもちろんのこと、アレンジドリンクを使ったり、お菓子を作ったりできますよ!

 

ブレンディスティックで知られるAGFの公式サイトでは、スティックカフェオレを使ったオリジナルレシピを多数公開しています。

 

その中でも特に人気があるのは以下のレシピです。

 

  • かぼちゃ団子のカフェオレソース
  • カフェオレスイートポテト
  • アーモンドミルクカフェオレ
  • カフェオレとホワイトチョコのホットサンド
  • オレンジ風味カフェオレ
  • エスプレッソオレワッフル

 

公式サイトで公開されているレシピは、スタンダードな飲み物から意外性のある料理までさまざま。

 

ぜひチェックして、自分のお気に入りのレシピを見つけてみてくださいね。

まとめ

お湯を注ぐだけで簡単にカフェオレが飲める、スティックカフェオレについて解説しました。

 

最後に記事内で紹介した、おすすめのカフェオレを忘れないように復習しましょう。

 

  • ネスカフェ ゴールドブレンド スティックカフェラテ
  • ブレンディ カフェラトリースティック ザ・カフェラテ
  • 株式会社たていし園 泡立つ カフェオレ
  • 片岡物産 匠のカフェオレ 濃厚ミルク
  • キーコーヒー カフェオレ 贅沢仕立て
  • ブレンディ スティック カフェオレ 甘さなし
  • ドトール インスタントスティック ほろにがカフェ・オ・レ
  • ブレンディスティックエスプレッソオレ
  • ラカント 低糖質カフェインレスカフェオレ
  • ブレンディ スティック カフェオレ カロリーハーフ
  • ブレンディ スティック カフェオレ スティックコーヒー
  • 牛乳屋さんの珈琲
  • イニックコーヒー ギフト モーニングアロマ
  • AGF GIFT ブレンディスティックカフェオレコレクション
  • スヌーピー コーヒー スティック カフェオレ

 

記事内でおすすめしたカフェオレスティックを購入し、気軽においしいカフェラテを楽しんでみてくださいね。

関連キーワード
コーヒーの関連記事
  • テーブルの上のコーヒー
    【2021年版】ダイエットやテレワークのお供に! 海外のおすすめフレーバーコーヒー7選
  • 水出しで作るコールドブリュー専用のおすすめコーヒー5選
  • 『コーヒー豆を保存する袋』どんなものがあるの?〜クラフト素材やバルブ付きまで〜
  • リキッドコーヒーのおすすめランキング15選!ギフトにぴったりの高級品も紹介
  • 寝る前に飲んでもOK! デカフェコーヒーの種類と楽しみ方

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう