ザ・バーン

2010年にベルリンで創業した「The Barn Coffee Roasters(ザ・バーン・コーヒーロースターズ)」は、ドイツ国内だけではなくヨーロッパを代表するスペシャルティコーヒー専門のロースターです。

 

高品質なコーヒー豆を入手するためにコーヒー生産に情熱を注ぐ農家としか契約せず、妥協のない品質への取り組みで、トレーサビリティなプレミアムコーヒーのみを扱っているドイツ・ベルリンのコーヒーロースターをご紹介します。

クオリティに妥協なし『The Barn Coffee Roasters(ザ・バーン・コーヒーロースターズ)』

ラルフ

クリエイターや外国人移住者が多いベルリン東部に本店を構える「The Barn Coffee Roasters(ザ・バーン・コーヒーロースターズ)」(以下、The Barn)は、国内外問わず人気のコーヒーロースターです。

 

ここでは、世界的に有名なコーヒーロースター「The Barn」について創業者の言葉を交えてご紹介します。

 

新しいことへの挑戦

2008年、イギリス・ロンドンからドイツ・ベルリンに生活の拠点を移したRalf Rüllerさん。リーマン・ショックで世界中が金融危機に陥り、たくさんの人が失業した当時、ドイツでなにか新しいことをはじめようと彼は考えます。そうしてベルリン郊外の地に降り立った後、自分の情熱の矛先をどこに向けるべきかを探りはじめました。

 

Ralfさんは当時を振り返って、

「ロンドンに住んでいたときは、コーヒーを飲む時間が楽しみだった。 でもドイツでは、コーヒーを飲みながら寛げるような場所がないように感じたんだ。 それに当時のベルリンには、すばらしいと評価できるコーヒーロースターなどひとつもなかった。」

と語っています。

 

こうして2010年、「The Barn」がベルリン東部に誕生しました。

 

最高級のコーヒーを提供するために

ほほ笑み

The Barnは、ドイツのサードウェーブコーヒーの立役者です。創業当初は唯一無二のスタイルを築き上げるために何度も何度もテイスティングを繰り返し、膨大な時間を費やしましたが、それらの努力は一切無駄にはなりませんでした。

 

「コーヒーは炭を水に溶かしたような、ミルクや砂糖を入れないと飲めない飲み物なんかではないことを理解してもらいたかった。スーパーマーケットでは、2年前に焙煎したコーヒー豆が平気で売られている。でも、本当においしいコーヒーっていうのは鮮度が大切で、なにも加えなくたって僕たちを満足させてくれるものなんだ。

例えばケニアのJim Wendelのコーヒーなんかはトマトスープ、ハイビスカス、ルバーブのフレーバーとほのかな甘みが混ざり合っているけど、後味も悪くない。最高級のコーヒーを提供することこそ、僕たちの使命なんだ。」

と、Ralfさんは語ります。

 

Ralfさんの言葉通り、The Barnは最高品質のコーヒー豆を入手するために、大量消費用に買い叩かれるだけのコーヒー豆を生産するコーヒー農家ではなく、プロ意識の高いコーヒー農家としか契約しません。適性な価格でコーヒーを提供することで生産者に還元し、彼らが常に質の良いコーヒー豆を生産できるように努めています。

 

現在、The Barnのコーヒー豆はドイツ国内だけではなく、バンクーバーからニューヨーク、パリ、ロンドン、ドバイ、そして日本など、世界中の多くのコーヒーショップで提供されているのだそう。

 

スペシャルティコーヒームーブメントを代表するコーヒーロースターの創業者でありながらも、気さくな人柄で知られるRalfさんは、

「口ひげとタトゥーがある人間しかコーヒーを語る資格がないだなんて、とんだ間違いさ。 The Barnでは、どこにでもいる普通のおじさんが飲んでもおいしいと思ってもらえるものを提供したいんだ。」

と述べています。

「The Barn」のおすすめコーヒー

コーヒー豆

The Barnでは、常に旬のコーヒー豆がローストされ提供されています。

 

ここでは、The Barnで販売されているおすすめのコーヒーをご紹介します。

 

エスプレッソにおすすめ「CHELBESA(チェルベサ)」

エチオピア・イルガチェフのチェルベサ村で収穫されたコーヒー豆は、ピーチやジャスミン、チョコレートのフレーバーが特徴です。イルガチェフェといえば、世界最高峰のコーヒーを生産することで有名ですが、The Barnで取り扱うコーヒーはゲデブ地区出身のHailu Figaさんによって作られました。

 

フィルターコーヒーにおすすめ「CORDILLERA DEL FUEGO(コルディエラ・デル・フエゴ)」

コスタリカ・タラスで生産されたコーヒーは、シナモンやバニラ、ラズベリーやチェリー、ブランデーやグレープフルーツなどのフレーバーが特徴で、甘さと酸味のすばらしいハーモニーが味わえます。標高2,000m級の山が続くタラス地区では、コスタリカ国内の約30%を占めるコーヒーが生産されています。

「The Barn」流のコーヒーの淹れ方

ヘッドバリスタ

The BarnのヘッドバリスタであるJake Riley-Davisさんから、おいしいペーパードリップ式コーヒーの淹れ方を教わりましょう。

 

今回用意するのは、「ドリルドリッパー」とルワンダ・フエ山産のコーヒー豆(挽いて粉にしたものを16g)、94℃のお湯(250g)です。

created by Rinker
KOANDRO
¥1,800 (2021/12/05 08:51:48時点 Amazon調べ-詳細)

(※amazonでの購入が最安です)

焦らずじっくり抽出

  1. ドリッパーにペーパーフィルターをセットしたら、お湯を注いで濡らしておきます。
  2. ドリッパーをサーバーの上に置き、コーヒーを入れて蒸らすために33gのお湯を注ぎます。均等にお湯がかかるよう、ポットをジグザグ動かしながら注ぐのがポイントです。
  3. 30秒待った後、1回目のお湯67gを7、8秒かけて注ぎ、2回目はお湯50gを10秒かけて注ぎます。お湯を注ぐときには、ゆっくりと同じ湯量を中心から外側に向けて時計回りに注ぐのがコツ。
  4. ドリッパーにお湯がなくなり、コーヒーの粉が見えるまで待ってから次を注ぎます。蒸らしから1分15秒経過したら3回目のお湯50gを10秒かけて注ぎ、最後に4回目のお湯50gを注ぎきります。蒸らしからコーヒーを淹れる作業が完了するまで、2分30秒ほどかけて行うのが理想的です。

コーヒーを淹れるときに気をつけたいこと

The Barn流コーヒーの淹れ方では、蒸らした後にお湯を4回に分けて注ぐのがポイントです。

 

時間配分が分からない場合、蒸らす前からタイマーをセットしてコーヒーを淹れてみましょう。また、使用するお湯の温度を94℃に保つため、温度調節機能が付いた電気ケトルを使用すると良いかもしれません。

 

コーヒーの抽出中に温度が下がってしまわないよう、ドリッパーやマグカップ、サーバーを事前に温めておくことも大切です。

 

ベルリンから世界へおいしいコーヒーをお届け

ショップ

旬の新鮮な、最高品質のコーヒー豆しか提供しない「The Barn Coffee Roasters(ザ・バーン・コーヒーロースターズ)」は、2018年にヨーロッパ・ベストインディペンデント・コーヒーショップ」、および2019年にはヨーロッパと中東・ベストスペシャリティコーヒーロースター賞を受賞しています。

 

The Barnのコーヒーが気になった方には、毎月焙煎したての傑作コーヒーが手元に届くサブスクリプションサービス『MASTERPIECE SUBSCRIPTION』がおすすめ。公式ホームページからサブスクへのお申込みが可能です。

 

条件さえ承諾すれば世界中に発送してくれるとのこと。グローバルに展開しているコーヒーロースターです。

 

 

国内最高品質のコーヒーをお探しなら

▼BeansExpress▼

 

参照サイトURL:https://thebarn.de/

関連キーワード
  • 騎乗のナポレオン
    偉業を成し遂げたのはコーヒーのおかげ?フランス皇帝ナポレオンが愛したコーヒー
  • カフェ
    大ブレイクの可能性あり? 2019年に注目したい3つのコーヒートレンド
  • 【はちみつコーヒーの作り方】はちみつコーヒーがもたらす効果や効能とは?
  • “アイスコーヒー”は日本の文化?
  • coffee_beans
    コーヒーの知られざる歴史。日本にコーヒーが広まった理由とは?
焙煎後、翌日配送!新鮮なコーヒーをご自宅へ!今なら電動ミルをプレゼント『Beans Express』
お得だからといって、まとめて大量のコーヒーを販売しては、お客様が飲みきる前にコーヒーは酸化し味も風味も劣化してしまいます。焙煎したてのコーヒー豆をいつでも楽しんでいただけるようなサービスをどんなものだろうと考えスタートさせたのがコーヒーブランド「BeansExpress」です。
そして、ご自宅に電動ミルをお持ちで無い方にも気軽に楽しんでいただけるよう、初回電動ミルを無料でプレゼントしています。コーヒー初心者の方からコーヒーマニアという方まで、『-Beans Express-』の焙煎したてのコーヒーの味を是非一度お試しください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう