女子力なんて言葉があるように、男にも男子力が問われるときがある。

男子力とは「スポーツが得意、重たい物を持てる」といった肉体系や、「ホラー映画や虫などを怖がらない」といった精神系、「特定のジャンルに詳しい」といった知識系の三つに分けられる。僕は百人一首に詳しいので、知識系に分けられるのだが、女子から羨望の眼差しを送られたことは一度もない。おそらく、男子(女子)力といったものは、異性の興味を惹かなければなんの意味もないのだ。

では、「紅茶に詳しい男子」はどうだろうか? 30歳を超えたおっさんが男子などと言っているのは実に滑稽なのだが、そりゃモテたい。紅茶の種類や味の違いをサラッと語りたい男子に読んでほしい記事です。

代表的な紅茶の種類を解説します


紅茶の種類や銘柄は数多くありますが、三つに大別することができます。

流通量が一番多い紅茶の種類は「ブレンドティー」です。
ブレンドティーは別地域の茶葉を掛け合わせたもので、代表的なものにブレックファストやプリンス・オブ・ウェールズが挙げられます。

もう一つが「フレーバーティー」。
フレーバーティーは茶葉に香料やハーブ、ドライフルーツなどを混ぜたもので、代表的なものだと「アールグレイ」が挙げられます。

フレーバーティーと対極の位置にあるのが「ピュアティー」です。
ピュアティーは香料や別地域の茶葉の混合をしないので、紅茶本来の味を楽しむことができます。茶葉の産地が固定されていることから別名エリアティー、クラシックティーとも呼ばれ、代表的なものに「ダージリン」や「ウバ」「キーモン」などがあります。

世界三大紅茶「キーモン」「ダージリン」「ウバ」とは?


紅茶の元となるチャノキは世界各地で栽培されていますが、生産国の土壌や気候などにより味が大きく異なります。

中国の「キーモン(祁門紅茶)」は甘い香りに、若干焦げた匂いが混ざっていますが、渋味はほとんどなく甘味が強い紅茶です。

インドの「ダージリン」は渋味が強く、香り高い紅茶と言われています。特にセカンドフラッシュと言われる夏に摘まれたダージリンはマスカットの香りが強くでるので「紅茶のシャンパン」と評されています。

スリランカの「ウバ」は産地によって香りが様々で、花の香りに例えられるものもあれば、ミントのような爽やかな香りを感じさせるものもあります。また、味わいは適度な渋味を持ち、ミルクとの相性も良いことからミルクティーとしても親しまれています。

紹介したキーモン、ダージリン、ウバは紅茶の国際品評会で味や香りを高く評価されているため世界三大紅茶と言われています。

紅茶のグレードは茶葉の形状です


紅茶のパッケージに「オレンジペコ」と表記されていることがあります。オレンジペコとは紅茶の種類ではなく紅茶のグレードです。紅茶のグレードは細かく分類されていますが、例を挙げると……

●フルリーフ
茶葉を切断、粉砕していないもの(オレンジペコはフルリーフにあたります)

●ブロークン
茶葉を切断、粉砕したもの(ブロークンオレンジペコなど)

●ファニングス
茶葉を細かく切断、粉砕した粉状のもの(ブロークンオレンジペコファニングスなど)

●CTC
茶葉を切断、粉砕し、さらに丸めたもの

グレードの違いによって香りの出方や抽出時間が変わります。また、グレードは味の違いを示すものではありませんので、自分好みの茶葉を見つける目安にしましょう。

ちょっと紅茶を語れる男を目指して

「忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで……って言うからね」
よく考えれば、これほど気持ち悪い男はいないのではないだろうか。友人の恋愛相談に百人一首を持ち出すなど正気の沙汰ではない。

男子力の高い人なら「そんな情けない顔すんなよ」と友人の肩をポンっと叩き、アールグレイなどを淹れてあげるはずだ。なので、自分のためにも、読んでくださる人のためにもしっかり紅茶を勉強していきます。

関連キーワード
ハーブ・紅茶の関連記事
  • ハーブティー 入れ方
    初心者にもオススメ!癒しのハーブティーの淹れ方と楽しみ方
  • 秋の紅茶アレンジレシピ
    秋の紅茶アレンジレシピ3選!
  • 親子で楽しめる!夏の水出しハーブティー
  • 春のムズムズケアにおすすめのハーブ「ネトル」
    ネトル茶で血液をキレイに! アレルギーにも効果的なハーブティー
  • 夏までにスリムなボディ!ダイエットサポートハーブ ~デトックス編~
  • 重曹+アロマのお掃除術
    重曹+アロマの抗菌&消臭お掃除術 二選!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事