ティトゥーリアのギフトボックス

コーヒーに続いて、お茶もこれからは「スペシャルティ」がキーワードになるかもしれません。

 

スペシャルティコーヒーと同じように、人にも環境にもやさしく、茶園から消費者に届くまでしっかり管理された、高品質の商品がトレンドになりそう、ということです。

 

スペシャルティという言葉がおなじみになる前から、人・自然・社会にやさしいお茶を手掛けているティーブランドがあります。それがティトゥーリア。バングラデシュで唯一、オーガニックティーを作っています。

 

ティトゥーリアは社会事業としてスタートしました。お茶事業を立ち上げ、安定した経営をすることで、雇用を生み、働く人の生活と健康を支え、教育の普及も支援しています。高品質なお茶を作るのは通過点でしかなく、目指すゴールは人とコミュニティーをよりよくすること。

 

商品よりも、人と社会への貢献が先にあったのは、他のティーブランドと一線を画するユニークさではありませんか? ティトゥーリアの活動とお茶について、今回はご紹介します。

 

関連記事:【高品質・最高峰】サードウェーブの代名詞『スペシャルティーコーヒー』の歴史と定義とは?

関連記事:12月15日【国際紅茶の日(International Tea Day)】は、紅茶生産者の現状を考える日。

ティトゥーリアは脱貧困をサポートする茶園

ティトゥーリア茶園で働く女性たちティトゥーリアは、ブランド名であると同時に、茶園の名前でもあります。

 

ティトゥーリア茶園は、インドのダージリン地方から南へ50kmの場所に位置します。バングラデシュ北端の辺鄙な地で、かつては経済活動から取り残された、飢えと貧困にあえぐ地方でした。

 

事業を興すことで雇用を生み、人々の生活水準を改善しようとしたのが、社会事業家カジ・シャヒド・アハメド氏。社会事業として茶園を開拓することから始め、2000年にティトゥーリア茶園がオープンします。

 

ティトゥーリアのポリシーは、環境を害することは一切しないこと。有機農法を徹底し、無農薬なのはもちろん、施肥や害虫駆除にも化学品を使用しない、自然な方法のみを採用しています。茶園で働く800人以上の労働者にとっても、安全に働ける環境だということですね。

 

茶業のほか、有機野菜の栽培や、乳業、茶の生産に使う堆肥の生産も行っています。元手がなくても農家が仕事を始められるよう、牛乳や堆肥を作るための乳牛を貸し出したり、有機農業の技術や販売ノウハウを伝授したりと、設備や知識のサポートも万全です。

 

ティトゥーリア茶園のおかげで、これまで数千人が貧困から脱したといわれています。

「子供たちに教育を」母親たちの願いを叶えるティトゥーリア

子供たちの教育環境も整えます貧困から抜け出し、よりよい暮らしをするためには、教育と安定した仕事は必須ですよね。子供たちにはよい教育を受けさせたい、という願いは貧困家庭でも当然のこと。

 

ティトゥーリア茶園で収入を得ることで、子供を大学にまで行かせることができた例もあるそうです。一方、仕事を得たばかりでは、すぐに子供たちを学校へ通わせられない家庭だってあります。

 

ティトゥーリアは、学校に通えない子供たちのための学習センターをつくり、読み書きや算数などを敎えています。

 

子供たちだけでなく、これまで教育を受けられなかった茶園労働者、特に女性たちが学ぶ機会だってあるんです。読み書きの授業は週に2回、勤務時間中にやっているそうですよ。

 

また、生活のクオリティーを改善するのに大切な、健康や衛生について学ぶ機会も用意されています。ティトゥーリアでは、健康に関わることは最優先事項なのだとか。

商品としての魅力づくりもバッチリ! 米国でのブランド展開

ティトゥーリアのパッケージは100%エコティトゥーリアのバングラデシュでの貢献は、素晴らしいものですよね!

 

とはいえ、どんなに社会的にすぐれていても、商品を消費者にアピールできなければ立ち行かなくなってしまいます。ただ、ティトゥーリアについては、その心配はなさそうです。

 

ティトゥーリアのお茶が販売されているのは、おもに米国。市場開拓を担ったのは、ティトゥーリアの共同創業者でCEOのリンダ・アペル・リプシウス氏でした。

 

ティトゥーリア茶園のお茶は、オーガニック100%で高品質な商品。それをさらに、バリエーション豊かな品揃えにし、おしゃれなパッケージでプロデュースすることで、米国でティーブランドとして確立させました。

 

南アジアで作られるお茶は紅茶が中心ですが、ティトゥーリアは烏龍茶や白茶などの中国茶や緑茶、ハーブティーやブレンド茶も提供しています。ブローカーなどを介さず、バングラデシュから直送されるので、鮮度や品質も良好なままです。

 

パッケージには、すべてリサイクルの、100%自然に還るエコ素材だけを使用。ティーバッグやパッケージに使う接着剤なども、環境に配慮したものばかりです。

これからもっと増えてほしい! ティトゥーリアのようなブランド

ティトゥーリアのお茶は無農薬で安心ティトゥーリアのお茶は、北米の品評会などでも高く評価されています。また、オーガニックはもとより、フェアトレードレインフォレスト・アライアンスからも認証され、公益性の高い企業に与えられるB-Corp認証も付与されています。

 

昨今よく聞かれるようになった、サステナビリティやトレーサビリティなど、ビジネスに求められるあり方や、シングルオリジンやスペシャルティなど、作物に関わるキーワードなど、ティトゥーリアはとっくに先取りしていたようですね。

 

筆者にとって、ティトゥーリアは知れば知るほど好きになるティーブランドです。ティトゥーリアのようなブランドが増えていけば、生産者と企業と消費者の間に、商品とお金のよい循環が生まれそうではありませんか?

 

関連記事:コーヒーの生産者と栽培環境を守る『認証ラベル』各団体の活動を知る理由とは?

関連記事:私たちがフェアトレードコーヒーを買って飲むメリットについて

 

 

Teatulia

https://www.teatulia.com/

関連キーワード
  • カフェ
    オシャレカフェでの過ごし方。お一人様だと何をする?
  • 冬こそまったりおうちカフェ。~贅沢時間の始まりです~
  • ママ会まとめのイメージ
    都内でママ会を開きたい人に教えたい!子連れ歓迎のカフェ5選
  • ホウジチャカンパニー創業者のふたり
    ほうじ茶の魅力を世界に! 北米初のほうじ茶専門ショップ【ほうじ茶カンパニー(Hojicha Co.)】
  • コーヒーの香りの香水は、ちょっと大人の香りがする?
  • カフェで働いている人の様子
    【経験者が語る】カフェのバイトって実際どう?主な仕事内容とメリット・デメリットを紹介!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
聞いてちょうだい、うちの鈍感女(母親)のこと。 と、誤解を生む前に。私は母親のこと、マザコンかって位、大好きですからね?♡ ただ、今日は同...