モカやブルマン(ブルーマウンテン)、キリマン(キリマンジャロ)など、産地や地方によって銘柄に独特な名称がつけられているコーヒー豆は数多くあります。最近ではサードウェーブコーヒーの流行で、国と農園・地方で豆が飲み比べられる事が多くなりましたが、古くからあるこだわりの純喫茶などではいまだこのような名称が使われているお店がたくさんあります。

 

その中でも、モカやハワイコナと並び特徴的なフレーバーで人気があるのが「マンデリン」です。今回は、このマンデリンの産地・特徴などについてご紹介します。

マンデリンの産地と名前の由来。インドネシアとコーヒー文化

マンデリンは、インドネシアのスマトラ島にて栽培されています。インドネシアでは、20世紀初頭に流行した病害によって病害に弱いアラビカ種の数が減ってしまった事から、ロブスタ種のコーヒーの生産がメインでした。そんななか残った、少数のアラビカ種のコーヒーを栽培を進めたのが「マンデリン族」という部族だったとされ、そこからマンデリンの名前が取られました。マンデリンは、現在もスマトラ島の限られた地域で生産され、独特な風味を持つことから日本には根強いファンが数多くいます。

 

インドネシア全体のコーヒー生産量は、世界でも5位以内に入るほど大規模なものですが、そのうちの90%がロブスタ種。残りの10%がアラビカの豆です。これらのロブスタ豆は世界中で安価なコーヒーに使用されるだけでなく、イタリア南部などでは高級なブレンド豆として苦味や香り付けに使用されている事でも有名です。

マンデリンの風味と特徴

インドネシアのスマトラで栽培されているマンデリンですが、いったいどんな風味や味の特徴があるのでしょうか?

マンデリンの風味特性

マンデリンのコーヒー豆は、よく「重厚なコクと苦味」などと評されます。重めの質感と少し強めの苦味を感じやすいのですが、特徴的なのは深煎りにしても消えないシナモンやハーブのような香りと、エグみがやや出にくいところでしょう。深煎りにしても個性がなくならない豆は貴重で、日本で古くから人気がある事も頷けます。

 

深煎り信仰のある日本では、深煎りにすると酸味が消えやすいという特徴も、人気の理由の1つかもしれません。あまり知られていませんが、マンデリンは浅煎りにしてもユニークな風味で、柑橘とスパイスを感じる事が出来る鮮やかな酸味を持っています。

マンデリンの製法とグレーディング

マンデリンは、インドネシアのスマトラ島で生産されることは前述しましたが、スマトラでは少し特殊な豆の精製方法を使用しています。通常、収穫後のコーヒーチェリーは種子部分の皮(パーチメント)を残したまま乾燥し、脱穀して生豆を作るのですが、スマトラではこのパーチメントをまず除去してから乾燥工程に入ります。スマトラ式と呼ばれる方法で、世界的にも特殊な製法とされています。

 

また、メインではないものの、パルプドナチュラル(ハニープロセスなんて呼び方も)製法で精製されている豆も流通しているようです。こちらは生産量がそれほど多くないため、やや希少な豆と言えるでしょう。

 

インドネシアでは欠点豆のスクリーニングによって、コーヒー豆のグレーディングがなされています。300gの豆に含まれる欠点豆の数によって等級が判断され、最高峰は「G1」という名前で取引されています。喫茶店でも時折、この表示を見る事ができます。

マンデリンの特徴 まとめ

古くから重厚なコクと苦味・香味で人気の高いマンデリンですが、近年の浅煎りブームでまた新たな個性が評価されつつあります。また、酸味だけでなくユニークな香りを感じやすい銘柄なので、浅煎りのコーヒーが苦手な方にも楽しみやすい銘柄であると言えるでしょう。

 

余談ですが、私は酸味のあるコーヒーが苦手な方と喫茶店などに入った場合、マンデリンをおすすめする事が多いです。

関連キーワード
  • 自宅でアイスコーヒーをおいしく作るための3つのポイントは?
  • 【別名モーニングコーヒー】アメリカンコーヒーは本当に薄い?アメリカ―ノとの違いを知る
  • 話題の超高級コーヒー「ゲイシャ」
    話題の超高級コーヒー「ゲイシャ」の価格の秘密とは
  • 『コーヒーのブログ』を一挙紹介するよ!「好きだからこそ伝えたいことがある」
  • hawaii
    コナコーヒーやカウコーヒー?ハワイに行ったらお土産に買いたいおすすめのコーヒー
  • 贈り物に最適なコーヒーギフト
    【ケース別】贈り物に最適なコーヒーギフトの選び方

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
この前、職場の先輩が習っているフラメンコの発表会を主人と見に行ってきたの。 もともと1人で観に行く予定だったんだけど、主人が「え、フラメン...