ドリップ

コーヒーのおいしさにはさまざまな要素が関係していますが、もしも、おいしいコーヒーを追求したいのなら、フィルターにもこだわってみてはいかがでしょうか? 普段何気なく使っているフィルターですが、じつは種類ごとに異なる特徴があります。

 

それぞれのフィルターの特徴を理解して、ぜひ最高の1杯を淹れてみましょう。

 

関連記事:コーヒードリッパーはどれがオススメ? 人気の5種を比較してみました!【前編】

関連記事:コーヒードリッパーの選び方 ~ドリッパーの形と味の関係性とは~

手軽に使用できる「ペーパーフィルター」の種類と特徴

ペーパードリップ

使用後は捨てるだけで、面倒な手入れなど一切不要なペーパーフィルター。手軽さがなによりの魅力ですが、コーヒーオイルを通さないため、繊細な味わいのコーヒーを淹れるのには少々不向きかもしれません。ペーパーフィルターを使用するときには、ドリッパーの形状に合わせたものを選びましょう。

安定した味に仕上がる「台形型」

台形型のペーパーフィルターは、コーヒー粉にむらなくお湯を注ぐことができるため、安定した味のコーヒーを淹れることができます。また、台形型でドリップするとお湯が対流するため、しっかりと濃いコーヒーに仕上がります。

すっきりした味になる円錐型

円錐型のペーパーフィルターはその形状から、粉の層が厚くなり、コーヒーの粉とお湯が接する時間が長くなります。そのため、台形型のペーパーフィルターに比べると、コーヒーの成分をより多く抽出できるのが特徴です。円錐型はお湯が一直線に落ちていき、フィルターが濡れるとコーヒーオイルが吸着されるので、すっきりした味わいのコーヒーになります。

漂白か未漂白、どちらを選ぶ?

ペーパーフィルターには、白い漂白済みのものと茶色い未漂白のものがあります。漂白されているフィルターは木の香りがコーヒーに移りにくく、未漂白のフィルターは木の香りが移りやすいといわれています。好みにもよりますが、コスパを求めるのであれば未漂白のものを、コーヒーの味にとことんこだわりたいというのなら漂白されているものを選べるでしょう。

 

関連記事:【コーヒー生活を始めよう】お家でハンドドリップするための3つのアイテム

関連記事:おうちカフェをもっと楽しく!ペーパードリップのおいしい淹れ方

滑らかな口当たりを楽しめる「ネルフィルター」の特徴

街の景色

ネルフィルターは、布(フランネル)素材のフィルターです。ネルフィルターを使ったネルドリップは、口当たりが滑らかなコーヒーを淹れることができます。

繰り返し使えて経済的

何度も繰り返し使用でき、経済的でエコなネルフィルター。ネルフィルターには細かく挽いたコーヒーよりも、中挽きか粗挽きのコーヒーがおすすめです。ペーパーフィルターよりも目が粗いネルフィルターは、コーヒーの微粒子がフィルターに留められるため、舌触りが滑らかなコーヒーに仕上がります。

 

よく使用されているネルフィルターでコーヒーを淹れると、コーヒー成分がしっかり抽出された濃いコーヒーになります。これは、コーヒーの成分が付着したフィルターがお湯を通しにくく、コーヒー粉とお湯に接する時間が自然と長くなるためなのだとか。すっきりしたコーヒーよりも濃いコーヒーがお好きなら、ネルフィルターを使ってみてはいかがでしょうか。

手入れと保管に手間がかかる

コーヒーオイルを通しやすいネルフィルターを使えば、おいしいコーヒーを淹れることが可能です。しかし、手入れと保管に手間がかかるというデメリットも。使用後のお手入れをしっかりしないと、フィルターに在留したコーヒーの粉が酸化し、次に淹れるコーヒーの味が悪くなってしまいます。

 

関連記事:コーヒー豆通販のおすすめ比較人気ランキング!コーヒーメディアが口コミ・価格・品質を徹底調査!

コーヒーの風味をダイレクトに味わえる「金属フィルター」の特徴

コーヒー豆

金属フィルターはフィルター部分が金属メッシュになっており、コーヒーの味わいを引き出しやすいのが特徴です。

繊細な風味のコーヒーにおすすめ

環境に優しく、コーヒーをよく飲む人にとってはコスパも最強の金属フィルター。ペーパーフィルターに比べれば、購入費用は少しかかりますが、壊れるまで使えるのが良いところです。使用後は洗剤でサッと洗えるのでネルフィルターよりも衛生的で、手入れにもそれほど手間はかかりません

 

金属フィルターはコーヒーオイルをはじめ、コーヒーの成分がそのまま抽出されるため、コーヒー本来の味と風味を楽しむのに最適です。風味の豊かさが特徴のコーヒー豆や、優雅で繊細な味わいのコーヒー豆が手に入ったら、金属フィルターでドリップしてみることをおすすめします。コーヒーの酸味が好きな人であれば、金属フィルターを使ってコーヒーを淹れてみてはいかがでしょうか。

粉っぽさが気になることも

金属フィルターでコーヒーを淹れると粉が混入してしまい、粉っぽさのあるコーヒーになる場合も。舌触りが良く、滑らかな口当たりのコーヒーを飲みたいのなら、ドリップする前のコーヒー粉を茶こしでふるってから、金属フィルターにセットすると良いでしょう。

 

関連記事:【珈琲特急便体験】おうちで本格カフェが楽しめる!珈琲特急便は果たして美味しいのか!?

関連記事:【コーヒーで始める新しい生活】上質な味覚体験を貴方に伝えたい。

好みに合わせてフィルターを変えてみて

コーヒーの湯気

フィルターが変われば、コーヒーの味も変わります。どのフィルターもメリットとデメリットがありますから、自分のコーヒーの好みに合わせてフィルターを選んでみてはいかがでしょうか。また、コーヒー豆の種類や味わいの違いによって、使用するフィルターを変えることで、コーヒーのおいしさを最大限に引き出すことができるでしょう。

 

関連記事:【コーヒー用語集】意外と知らないコーヒーにまつわるキーワード!いくつ知ってる?

関連記事:ドリッパーもフィルターも不要!?茶こしを使ってコーヒーをおいしく淹れる方法

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • 【高級コーヒー:コピ・ルアク】味や特徴は?気になることについてまとめてみた
  • 『コーヒーのブログ』を一挙紹介するよ!「好きだからこそ伝えたいことがある」
  • 山の写真
    【焙煎は自宅で!が基本スタイル】コーヒーの名産地インドネシア・スンバ島のコーヒー事情
  • コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
  • ペーパードリップ
    【おしゃれギフトに最適】おすすめコーヒードリップパックを紹介します!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう