本

コーヒーについてもっと学びたいなら、コーヒー関連の洋書を読んでみるのはいかがでしょうか? コーヒー関連の英語の本には、残念ながらまだ翻訳されていないものがたくさんあります。「英語が苦手なんだけど…」という人でも、辞書さえあれば、新しいレシピや自分の好きなコーヒー豆の知識を深めることができるでしょう。

 

本記事では、コーヒーについての知識を得ながら、英語力をアップさせてくれる洋書をご紹介します。

 

関連記事:これで完璧!海外のカフェでコーヒーを注文する時に役立つフレーズをご紹介【英語・スペイン語・マレーシア語】

関連記事:コーヒーについて勉強したいと思ったら?知識を深めるおすすめの本もご紹介【学ぶ方法】

コーヒーにまつわるおすすめの英語本7選

英語の本

英語で書かれたコーヒーにまつわる本を読めば、新しい発見があるかもしれません。

コーヒーの教科書『The Craft and Science of Coffee』 by Britta Folmer

created by Rinker
Academic Press
¥12,602 (2021/09/17 17:32:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

ネスレネスプレッソのコーヒーサイエンスマネージャーであるブリッタ・フォルマー博士が書いたこの本を一読すれば、カップ一杯のコーヒーに対する見方が大きく変わるのではないでしょうか。「The Craft and Science of Coffee」には、コーヒー農家から消費者、バリスタから科学者まで、コーヒー業界を構成している専門家の興味深いインタビューが載っています。

 

コーヒーや科学分野で使われる英語の業界用語がたくさん登場しますが、一度覚えてしまえば、読み進めるのもそれほど苦痛ではないはず。コーヒー業界について詳しく学びたい人や、「コーヒーの教科書」をお探しの人におすすめの一冊です。

 

最高の一杯を淹れるための『Craft Coffee: A Manual 』by Jessica Easto

created by Rinker
Agate Surrey
¥2,652 (2021/09/17 17:32:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

本当にコーヒーが好きな人なら、いつだって自分の手で最高の一杯を作り出すことにこだわりたいのではないでしょうか。世の中にはたくさんのマニュアル本がありますが、こちらは自宅で素晴らしいコーヒーを淹れたい人のためのコーヒー専用マニュアルです。

 

この本から、ハンドドリップのコツやフレンチプレスでコーヒーを淹れるときのコツなどを学べます。しかし、なぜかエスプレッソの淹れ方は載せられていないので、エスプレッソ以外のコーヒーが好きな人におすすめです。英語のレシピ本を読み慣れている人なら、スイスイ読めてしまうでしょう。

 

関連記事:【栽培・収穫・精製・焙煎】たった1杯のコーヒーができるまでの物語

好みのコーヒーに出会うための手引書『The World Atlas of Coffee』 by James Hoffman

 

「The World Atlas of Coffee(コーヒーの世界地図帳)」と題されたこちらの本を読めば、コーヒー博士になれること間違いなしです。本書では、ボリビアからグアテマラ、ザンビアなど35ヵ国以上の国や地域で栽培されているコーヒーの特徴と製造方法が詳しく書かれています。

 

まだ一度も飲んだことのないコーヒー豆を手に取るのはワクワクするものですが、「もしも好みに合わなかったら…」と不安がよぎることも。ですが、この本を読んで事前にコーヒー豆の特徴を知っておくなら、自分の好みに合ったコーヒー豆を選ぶことができるでしょう。

 

関連記事:【コーヒー豆の製造過程や方法】コーヒーはどうやって作られる?

すべてのコーヒー好きのための『Coffee Obsession』 by Anette Moldvaer

 

「Coffee Obsession」はワールドカップテイスティングのチャンピオンで、国際コーヒー鑑定士である著者が、コーヒーの虜になってしまったすべてのコーヒー好きに向けて書いた本です。世界中のコーヒーの詳細な情報やコーヒーに関する知識のほか、レシピやそのほかのコーヒーにまつわるノウハウがぎっしり詰め込まれています。英語のレベルは高めですが、コーヒービギナーはもちろん、バリスタなどコーヒーの専門家にもおすすめの一冊です。

 

関連記事:【バリスタに資格は不要?】コーヒー業界のおすすめ資格まとめ

アイデア満載のレシピ集『I Love Coffee! Over 100 Easy and Delicious Coffee Drinks』 by Susan Zimmer

created by Rinker
¥1,176 (2021/09/17 17:32:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

新しいドリンクメニューを開発したい人にぜひ手に取っていただきたいのが、こちらの一冊。なんと、100以上ものコーヒーベースのドリンクレシピが載せられています。この本さえ手元にあれば、エスプレッソ・マティーニやコニャック・モカチーノなど、ひと味もふた味も違うコーヒードリンクを作ることが可能に。

 

レシピ本を読むのが好きな人なら、ただ眺めているだけでも想像力を搔き立てられるのではないでしょうか。比較的簡単な英語で書かれているため、コーヒー好きな英語学習初心者におすすめです。

 

関連記事:アイリッシュコーヒーの基本レシピ【ウィスキーを使った大人のカクテルとは?】

関連記事:ダンディ男子が隠れて作るアレンジアイスコーヒーレシピ

バリスタにおすすめ『The Professional Barista’s Handbook』 by Scott Rao

created by Rinker
¥14,300 (2021/09/17 17:32:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

バリスタを目指している人、すでにバリスタとして第一線で活躍している人におすすめなのが、こちらの「The Professional Barista’s Handbook」です。著者であるスコット・ラオ氏は経験豊富な現役のバリスタで、カッピングや焙煎、フレーバーの開発に関する役立つ情報が載せられています。

 

本の中には、コーヒーのプロフェッショナルが使う業界の専門用語がたくさん登場するので、初心者には少々読みづらいかもしれません。とはいえ、コーヒー業界の専門用語を英語で学ぶのには最適な本ですし、素敵なブックジャケットなのでインテリアとして飾っておくのにもいいでしょう。

 

フェアトレードについて学ぶ『Brewing Justice』 by Daniel Jaffee

created by Rinker
¥3,281 (2021/09/17 17:32:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

フェアトレードコーヒーと聞いて、中には、その意味を正確に説明できる人がいるかもしれません。しかし、知識としては知っていても、フェアトレードの現状を把握している人はどれほどの数いるでしょうか。「Brewing Justice」は、フェアトレードの現状を調査した社会学者が、フェアトレードの社会的、経済的、環境的現実を教えてくれます。フェアトレードの市場は拡大傾向にありますが、本書を読んでフェアトレードコーヒーへの認識をさらに高めてみてはいかがでしょうか。

 

関連記事:私たちがフェアトレードコーヒーを買って飲むメリットについて

おわりに

洋書とコーヒー

英語の本を読むのは、なかなか大変なことかもしれません。しかし、「好きこそものの上手なれ」で、コーヒーのことをもっと知りたいという知識欲があれば、洋書でもがんばって読めてしまうものです。コーヒーにまつわる英語の本を読めば、コーヒーの知識に加えて、英語力向上にもひと役買ってくれるのではないでしょうか。

 

関連記事:コーヒー初心者が学ぶべき「歴史・淹れ方・道具・楽しみ方・始め方」すべてをご紹介!

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • coffee
    初心者でも簡単!おうちで美味しいコーヒーを淹れる秘密のコツ
  • 【フレーバーコーヒーとは?】おすすめの飲み方と種類について
  • coffee
    コンビニのコーヒーはなぜ安く、そしてなぜ売れたのか
  • 太陽と女性
    コーヒーとビールで毎日が絶好調!? コーヒービールの作り方をご紹介!
  • コーヒーツアー
    コーヒーに魅せられて!海外でおすすめのコーヒー農園ツアー3選

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう