アルコールを飲む人であれば、程度の差はあれ二日酔いを経験したことがあるのではないでしょうか?

 

誰でも好き好んで二日酔いになりたいとは思いませんが、ついつい飲み過ぎてしまうことも誰しもがあるかもしれません。実は、二日酔いをコーヒーが緩和してくれるという噂が……。

 

本記事では、コーヒーがなぜ二日酔いに良いのか理由とともに、二日酔いに効く正しい飲み方をご紹介します。

 

お酒を飲むと、なぜ二日酔いになるの?

じつは二日酔いになる仕組みはまだハッキリとは解明されていませんが、一般的に、肝臓の機能と関係があると考えられているようです。

 

アセトアルデヒドを分解しきれないから

アルコールを飲むと胃で20%、小腸で80%吸収されてから、それらの大部分が肝臓で代謝されます。通常、体内に摂取されたアルコールは、肝臓内の酵素の働きでエタノールからアセトアルデヒドという物質に分解されるのだとか。

 

その後、酢酸であるアセテートに分解され、全身の筋肉や脂肪組織で二酸化炭素と水に分解されてから体外へ排出されます。

 

ところが、飲酒量が多すぎると肝臓の処理能力が追いつかず、アセトアルデヒドの血中濃度が高くなってしまうことに。すると、毒性のあるアセトアルデヒドが胸やけや吐き気、頭痛や胃痛といった不快な症状を引き起こすと一般的に考えられています。

 

さらに、アルコールの利尿作用で脱水症状が起きると、二日酔いの症状が益々ひどくなる場合があるようです。

 

二日酔いの諸症状について

アルコールの飲み過ぎは、二日酔いに繋がります。一度でも二日酔いを経験したことがある人なら、次の日に遅いくるであろう辛い症状を思い、飲酒量を調整するのではないでしょうか。

 

飲酒量のみならず体調にも大きく左右される二日酔いですが、疲労感やのどの渇き、吐き気や頭痛、胃のむかつきや胃痛などが主な症状です。

 

二日酔いを防ぐにはアルコールを飲み過ぎないことのほかにも、食事や水分を摂取しながらの飲酒を心掛けることなどが助けになります。

 

また、睡眠不足は二日酔いを悪化させますから、「飲み過ぎたな…」と感じたときには、しっかり体を休ませるようにしましょう。

 

コーヒーが二日酔いの辛い症状を緩和する理由

二日酔いにコーヒーを飲むと良いといわれる理由についてご紹介します。

 

肝臓の働きを高める

肝機能を高めることができれば、アセトアルデヒドの分解を促進し、二日酔いから早く回復することが可能です。じつはコーヒーには、飲酒による肝機能の低下を抑える働きがあるといわれているそう。

 

コーヒーに含まれているクロロゲン酸には強い抗酸化作用があり、肝臓に良い影響を与えることが明らかにされています。

 

血管収縮作用が二日酔いの頭痛を緩和

二日酔いになると、血流に乗って全身に行き渡ったアセトアルデヒドによって頭痛が引き起こされます。

 

アセトアルデヒドが血管を拡張させたり、広がった血管から水分が漏れて脳をむくませたりすると、神経が圧迫されて痛みが生じることに。

 

血管を収縮する作用を持つカフェインは、拡張された脳の血管を収縮させて頭痛を抑えるといわれています。

 

そのため、二日酔いで頭痛がひどいときには、カフェインを含んだコーヒーを飲むようにしましょう。さらに、二日酔いの頭痛を緩和するためにも水分補給を心掛け、目・頭周辺を冷やしたりツボを押したりできます。

 

二日酔いに良いコーヒーは?

「濃いブラックコーヒーを飲めば、二日酔いでもシャキッと気合いが入るのでは?」と思うかもしれませんが、どのようなコーヒーが二日酔いに効くのでしょうか?

 

二日酔いにはカフェラテがおすすめ

二日酔いをはじめ、アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変になるのを避けるためにも、普段から肝機能を高める、肝臓に良い食べ物をバランスよく食事に取り入れましょう。

 

肝臓に良い食べ物のひとつに良質なタンパク質が挙げられますが、二日酔いの頭痛を和らげたいときには、タンパク質を含んでいる牛乳、もしくは豆乳で作ったカフェラテがおすすめです。

 

牛乳も豆乳もタンパク質の種類は違えど、どちらも優秀なタンパク質源で、タンパク質量やカロリーはほとんど同じ。牛乳のタンパク質には、肝臓を強化するのに役立つアミノ酸がすべて含まれています。

 

一方、植物性タンパク質の代表格である豆乳のタンパク質には、血流を促す働きがあるのだとか。

 

豆乳入りのカフェラテを飲めば肝機能を高めつつ、脳の血液循環をよくして、辛い二日酔いの頭痛を軽減できるでしょう。

 

胃腸の調子が悪いときはコーヒーを避けて

コーヒーに含まれるカフェインには、胃酸の分泌を活発にする作用があります。これは脳神経のひとつで、運動や知覚、分泌をつかさどる迷走神経をカフェインが刺激するためです。

 

ですから、胃がムカムカしているときや吐き気があるときなどにコーヒーを飲むと、二日酔いの症状を落ち着かせるどころか、胃を荒らすことになりかねません。

 

もし、どうしてもコーヒーを飲みたいのであれば、胃壁に粘膜を張るためにも牛乳などを入れて、少しでも胃への負担を減らすようにしましょう。

 

二日酔いにおすすめのコーヒー

アルコールを飲むなら、最後まで楽しく飲みたいもの。二日酔いにならないためにも、飲み過ぎないことがなによりも大切です。それでも二日酔いになってしまったなら、胃に優しく、アルコール性の頭痛に効くカフェオレを飲むようにしましょう。

 

カフェオレ以外にもおすすめなのが、置き換えダイエットコーヒーとして、販売されているMCTオイルやグラスフィッドバターが入った完全無欠系バターコーヒーです。

 

こちらは、食欲のない二日酔いのときや、ミルクなどの乳脂肪が苦手というときに、バターコーヒーは凄くおすすめ。

 

オイル成分で胃の粘膜を保護しながら、カフェインも配合されているのでカフェオレよりも飲みやすく、ブラックコーヒーより体に優しくお飲みいただくことができます。もちろんコーヒーに欠かせないクロロゲン酸もしっかりと入ってるものがほとんどです。

 

現在、Amazonでも色々な商品が販売されているようなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

\話題のチャコールバターコーヒーはこちらから/

チャコールバターコーヒー

 

参照サイトURL:https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/

 

コーヒー好きにおすすめのダイエットドリンク↓↓

ダイエット_ウエスト
ダイエットコーヒーのおすすめランキング6選!置き換えもできる市販のコーヒーも合わせて紹介
2021.10.8
コーヒーを飲みながらダイエット効果を期待できるダイエットコーヒー。コーヒー好きにとっては、毎日飲むもので手軽にダイエット効果が得られたらとても嬉しいですよね。 コーヒーのダイエット効果が世に知られてから、非常に多くのダイエットコーヒーが販売されているため、どれを選んだらいいのか迷っている人も多いで...…

置き換えダイエットを試したい方はこちらの記事↓↓

ほんとに痩せるの?【ケトスリムバターコーヒーを正直レビュー】口コミとダイエットに効果的な飲み方を紹介します!
2021.7.7
テレビ番組や雑誌でも取り上げられている、バターコーヒーを使ったダイエット方法。その中でも20代〜30代の女性に人気の商品が「ケトスリムバターコーヒー」です。 作り方も簡単で、コーヒーが苦手な人でも飲みやすいとの噂もあり、楽しんでダイエットしたい人にもおすすめの商品なんです。 バターコーヒーで本当...…

 

 

\話題のC COFFEEもおすすめ/

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • イマドキカフェでよくみるショートブラック、ロングブラックの違いとは?
  • スターバックス
    悪ふざけ?スターバックスでカスタムしたモンスタードリンクが話題!?
  • マキネッタ
    【砂糖無しは狂気の沙汰!?】エスプレッソの起源と歴史【知るともっとおいしくなる雑学も】
  • 高栄養価で注目の『コーヒーフラワー』に迫る【環境に配慮したスーパーフード】
  • マグとコーヒー豆
    コーヒーのカビ毒って? 体への影響とカビ毒の摂取量を減らす方法をご紹介します!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう