近年コーヒーは、認知症や糖尿病の予防・脂肪燃焼・アンチエイジングなどの健康面でも注目されている食品の1つです。しかし、健康面に良いと言われているのは鮮度が高く、酸化していないコーヒーのことを指します。酸化しているコーヒーは逆に胃への負担が大きく、体に様々な影響を与えるとも言われているのです。

 

焙煎されたコーヒーは、見た目からして乾燥した食品と思う方もいると思いますが、実は生鮮食品の1つです。つまり、コーヒーが入っている袋を開封したときから、豆や粉の新鮮さが徐々に失われ、酸化が進む食品ということです。

 

そこで今回は、酸化が進行したコーヒーを見分ける方法と、それを飲むことで生じる身体への影響についてご紹介します。せっかくコーヒーを飲むなら、酸化していない鮮度のいいコーヒーを飲みたいですよね。ぜひ参考にしてみて下さい!

コーヒーの酸化を進める2つの要因とは?

コーヒーは、どんな豆でも焙煎した後に空気に触れると酸化が進むものです。そして、それに伴い老化の原因とされている活性酸素が発生する食品でもあります。やはり生鮮食品である以上、新鮮な状態でコーヒーは飲むほうがいいでしょう。

 

コーヒーはどんな環境で酸化しやすくなるか、湿気・温度の2つの要因について書いていきます。

湿気

焙煎豆の表面は目視ではわかりにくいですが、実は細かい穴が空いている多孔質の構造となっているため、水分を吸収しやすい性質となっています。焙煎豆を保存する上で、湿気や水分は酸化を促してしまいます。

 

温度

コーヒーが置かれている場所が常温だと化学変化が早くなるので、早いタイミングで劣化します。
気温が低めだと酸化がやや遅めになります。保存する温度によって、酸化スピードも変化してくるということを覚えておきましょう。

 

※記事の後半で、どのように保存したら酸化を防げるのか、説明は書いていきます。

【飲用前】酸化したコーヒーの見分け方のポイント

お家やオフィスなどで使っているコーヒーが酸化しているかいないかは、飲用する前に自分の視覚・嗅覚を使って見分ける参考になると思いますので、ご紹介します。

視覚

コーヒーを飲む前に酸化していることがわかる方法は目視で判別できます。焙煎したコーヒー粉をフィルターでドリップしたときに上部が泡で盛り上がっている場合は、コーヒーがまだ新鮮であることのサインです。

 

ドリップして膨らみがない場合は、酸化が進んでいるサインとなります。

嗅覚

市販されている焙煎豆は鮮度を保つ意味もあり、真空でパッキングされています。
開封したときに芳醇なコーヒーの香りがしているどうかという点も、酸化しているかどうかを判断する1つの基準となります。

【飲用後】酸化したコーヒーを飲むと生じる身体への影響とは?

酸化したコーヒーを飲むと必ず悪い!という訳ではありませんが、体質によっては酸化したコーヒーを飲むことで、不快感を覚えるということもあるようです。

 

ご参考までに酸化したコーヒーを飲むと生じる身体への影響についてまとめておきます。

コーヒーの後味が舌に残る時間が長くなり、喉がイガイガする

もともとコーヒーは苦みと酸味が強い食品ではありますが、飲んでしばらくすると苦みや酸味が消えていくものです。

 

しかし、飲んだ後に喉が何となくイガイガし、後味がいつまでも舌に残った場合も酸化しているコーヒーを飲んでしまったという可能性が考えられます。

お腹の調子が悪くなる・下痢なども?

人それぞれ体質は違いますが、コーヒーを飲むとお腹の調子が悪くなる、気持ちが悪くなったという方もいるかもしれません。

 

コーヒーを飲んでからお腹の調子が悪くなる理由として過敏性腸症候群なども考えられますが、実は酸化したコーヒーを飲むことで、お腹の調子が悪くなると言われることもあります。

酸化をなるべく避けるうえで知っておきたいこと

酸化したコーヒーの劣化を止めることは不可能ですが、酸化を遅らせることはできるので、お家やオフィスで豆を保存するポイントについてまとめています。

いつ焙煎し、挽いたか、ドリップしたかをチェック

コーヒーの賞味期限は、豆を焙煎してから半月程度です。
酸化したコーヒーをなるべく飲まないためにも「焙煎豆をいつ焙煎したか、挽いたか」を頭に入れておくと良いでしょう。

 

【参考:コーヒーをおいしく味わうベストタイミング】
焙煎してから7日・挽いてから3日・ドリップしてから30分以内

配置(保存)場所について

開封した焙煎豆を常温で保存すると酸化が早くなり、特に夏季は室内の温度も高くなる場合があります。開封したらすぐにタッパーやジッパーに移し、冷蔵庫や冷凍庫に保管することをおすすめします。

 

*本サイトではコーヒーの鮮度や保存に関する記事がありますので、下記のリンクをクリックし、併せてご覧ください。

コーヒー豆は生鮮食品!? 意外と知らないベストな飲み頃と保存方法とは
2018.2.21
毎日、口にする食材だからこそ「鮮度」にはこだわって買い物をしているという方、とても多いと思います。 とくに果物や野菜、お魚といった生鮮食品は、収穫してから時間が経つほど味が落ちてしまうので、フレッシュな“食べ頃”を逃さず、おいしくいただきたいですよね。 実はこれ、コーヒー豆もまったく同じ。鮮度とお...…

コーヒーをおいしく飲むなら「酸化」について知識を深めましょう

焙煎したコーヒー豆は酸化が進みやすい食品です。
それを飲むと後味がしばらくの間残ったり、体調を崩したりすることもあります。

 

このような事態を避けるには酸化したコーヒーを視覚・嗅覚で見分ける方法、コーヒーを飲むベストタイミングを知り、そして酸化を遅らせる保存方法についても理解を深めることをおすすめします。

 

 

参考サイト:
オフィスコーヒーサービスの正しい情報|珈琲工房サントス
朝のコーヒータイムがトイレタイムになってしまう...コーヒーとお腹の関係。| Doctors Me(ドクターズミー)
コーヒーのメリットとデメリット。飲むだけで老化、認知症、ガン予防効果が期待できる、良いコーヒーの選び方~その珈琲は安全ですか?~|しちだ・ライフ公式WEBマガジン

珈琲の賞味期限や保存方法についてカフェ・ヴェルディが説明

関連キーワード
コーヒー, 知識の関連記事
  • cafe
    これホント?コーヒーのカフェインが日本人には効かないはなし
  • 【パーチメント】珈琲雑学・コーヒー豆を守る大切な殻
  • 「フレンチプレス」でコーヒーを淹れる方法。簡単なのにしっかり抽出!
  • 【別名モーニングコーヒー】アメリカンコーヒーは本当に薄い?アメリカ―ノとの違いを知る
  • コーヒーと健康の関係
    頭が痛い時にコーヒーは大丈夫?頭痛のタイプを見極めてカフェインを摂る!
  • hawaii
    コナコーヒーやカウコーヒー?ハワイに行ったらお土産に買いたいおすすめのコーヒー

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事