コーヒードリップの量って何か正解なの?

自宅で美味しいコーヒーをドリップをしてみよう! と思い立ったら、まずは道具を揃えなければなりません。ケトルとドリッパーを用意し、いざ説明書通りにコーヒーを淹れてみると、なんだか量が少ない。

 

きっちり量ったはずなのに……カフェで飲むコーヒーはもっと多くて、マグカップにちょうど良い量だったのに! と、こんな思いを経験した人は案外多いはず。

では、ドリップでコーヒーを淹れる場合の「量」について考えてみましょう。

 

関連記事:おうちカフェをもっと楽しく!ペーパードリップのおいしい淹れ方

ドリップコーヒーの量について ~メーカーによって量が違う?~

ドリップコーヒーの量 ~メーカーによって量が違う?
冒頭の経験談のように、道具の説明書やコーヒーサーバーに書いてある量でドリップしてしまうと、ほとんどの場合お気に入りのマグカップにはちょっと少なくなることがしばしば。

 

実はこのコーヒーの「量」は、コーヒー器具のメーカーによって規定量が異なります。歴史のある有名メーカーの器具などは喫茶店で目にするコーヒーカップをベースに量が設定されているため、アメリカ規格のマグカップではちょっと足りない量になりやすいのです。

 

関連記事:【コーヒードリップの入れ方】ヒントは器具を変えること?

ドリップコーヒーの量について ~最近は200ml前後が主流~

ドリップコーヒーの量について 〜最近は200ml前後が主流
では、一体どのくらいの量が最近のカフェでは一般的なのでしょうか。
コーヒーカップを使用しているお店では160~180ml(サイズS等)、マグカップを使用しているお店では200~300mlが最近のトレンドになっています。やはりアメリカ出身カフェの規定量は多く、チェーン系のカフェではやや抑え気味に設定されているようです。

 

自宅でマグカップを使用する場合は、コーヒーの量は200ml前後でちょうどいい量になるでしょう。アンティークなコーヒーカップなどを使用する際は、180mlほどがぴったりの量でしょう。

ドリップコーヒーの量について ~量はどうやって量るのか~

ドリップコーヒーの量について ~量はどうやって量るのか~
200mlと言われても、コーヒーサーバーにはそんな目盛りはないことがほとんど。目分量で淹れていては毎回美味しくするのは難しいので、なにか量る方法が欲しいですよね。

 

一番確実な方法はメジャー(はかり)を使用することです。しかし、ドリッパー内の重さも一緒に量ってしまっては意味がありませんので、ドリッパースタンドを使用するといった工夫が必要です。

 

他の容器で200ml量った水をコーヒーサーバーに移し、マスキングテープなどで目安をつけておくのも簡単でおすすめ。水で洗っても案外剥がれにくいので筆者のようなズボラな人には大変便利なのです。

ドリップコーヒーの量について ~まとめ~

ドリップコーヒーの量について ~まとめ~
困ったことに、「200mlにはコーヒー豆は何g」という目安が決まっていません。もちろん好みによりますので、16〜25g程度で自分の好きな量を研究してみましょう。

 

挽き具合にも左右されるため最初は難しいですが、どちらかを固定して美味しいところを探ってみるとそれほど時間もかからないでしょう。「18gで中挽きにしたら酸っぱかったから同じ18gで細挽きにしてみよう」といった感じ。

 

余談ですが筆者はコーヒーサーバーとして、理科室で使うようなビーカーを使うのがお気に入り。50ml単位で量れて耐熱、しかもなかなかオシャレという優れものなのです。気になった方はぜひ。

 

関連記事:コーヒードリッパーはどれがオススメ? 人気の5種を比較してみました!【前編】

関連記事:【コーヒー生活を始めよう】お家でハンドドリップするための3つのアイテム

関連キーワード
  • 【実は知らない?】コーヒーの焙煎(ロースト)はなぜ必要なのか
  • え、コーヒーって資格があるの?そんなあなたにおすすめする3つの資格
  • 【手編みとガスコンロだけで簡単自家焙煎】コーヒーを自宅で焙煎する方法!
  • メリタ×脳科学
    <コーヒー×脳科学>挽きたてコーヒーの香りに秘められた驚きの効果とは?
  • 【世界の産地8選まとめ】コーヒー豆の種類と特徴とは?
  • カプチーノ
    運命のコーヒーに出会う方法! 自分に合うコーヒー豆を選ぶ5つのポイント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
昔働いていた職場の同僚たちと久しぶりにカフェで女子会をした時のこと。入社時期は違うから厳密に言えば先輩後輩ではあるんだけど、年齢が一緒だから...