舌を出した犬

ある日、食事の席で愛犬があなたの飲んでいるコーヒーに興味を示したらどうしますか? 愛犬にせがまれるままコーヒーをあげてしまうでしょうか、それとも「待てよ、コーヒーって犬にあげても良かったんだっけ? と思うでしょうか。

 

雑食性の人間とは違って、犬は本来肉食です。そのため、食べるとアレルギー症状や中毒症状を引き起こしてしまう食品があります。本記事では、コーヒーを犬に与えても大丈夫なのかどうかについてご紹介します。

中毒症状の危険性!犬にコーヒーを飲ませてはいけない理由

見つける犬

どんなに愛犬がコーヒーを欲しがったとしても、コーヒーは与えないようにしましょう。「こんなに欲しがっているんだから、ちょっとぐらいあげても大丈夫だろう」などという考えは、捨て去るべきです。

 

コーヒーに含まれているカフェインにより、中毒症状を起こす可能性があります。

カフェインが犬の心筋と中枢神経を刺激する

カフェインには覚醒作用や強心作用のほか、脂肪を分解する効果やシミを防止する効果があります。しかし、カフェインを過剰摂取すると、わたしたち人間でも睡眠障害や倦怠感などの副作用を経験したり、ひどい場合は急性中毒を引き起こしたりする可能性があります。

 

人間よりも小さな犬たちの場合、カフェインがもたらす影響は想像以上に大きいものです。カフェインが犬の心筋と中枢神経を刺激し、さまざまな中毒症状が起きます。カフェイン中毒の症状としては、興奮状態に陥ったり、嘔吐や下痢をしたり、けいれんや硬直、呼吸不全などが起こったりします。

 

液体であるコーヒーは体内吸収が早く、飲んでから1時間か2時間ほどで症状が現れます。重症の場合には命にかかわる恐れがあり、けいれんやてんかんの発作を発症したことがある犬の場合には特に注意が必要です。

 

関連記事:コーヒーを飲んだあとに動悸を感じたら要注意!その原因や対処法・治し方を解説します

関連記事:頭が痛い時にコーヒーは大丈夫?頭痛のタイプを見極めてカフェインを摂る!

犬のカフェイン致死量は?

犬のカフェイン致死量は体重1kg当たり150mgですから、体重3kgの犬の場合には450mgが致死量となります。一般的に、インスタントコーヒー100mlには約60mgのカフェインが含まれています。体重3kgの犬の場合だと、コーヒー(カップ1杯100ml)を7杯半以上飲まなければ命の危険はないことになります。

 

ドリップコーヒーやエスプレッソコーヒーはインスタントコーヒーよりもカフェイン含有量が多く、100mlのうち130mg以上のカフェインが含まれています。いずれにせよカフェインの影響には個体差がありますから、「少しだけならコーヒーをあげても大丈夫だろう」などと安易に考えないようにしましょう。

 

致死量には至らないにせよ、カフェインによる症状が出てしまう可能性があります。

コーヒー豆やコーヒーゼリーも控えよう

コーヒー豆をはじめ、コーヒー豆チョコレートやコーヒーゼリーなど、コーヒーを使ったお菓子も犬に与えないようにすべきです。加工品だとカフェイン含有量が少ないイメージがありますが、うっかり与えてしまわないように注意しましょう。

 

犬はコーヒーだけでなくチョコレートもNGなので、人間用のお菓子は与えない! と決めておいた方が良いでしょう。

犬も飲めるコーヒー「Rooffee」とは

座る犬

犬にコーヒーを与えてはいけないことが理解できましたが、実は犬でも飲めるコーヒーというものが存在します。

すべての哺乳類向けのコーヒー

ペットのための自然製品を製造している会社「Shoo」を運営しているAgota Jakutyteさんが開発した「Rooffee」。「すべての哺乳類」のためのコーヒーとして作られたRooffeeは、犬はもちろん、人間やほかのペットも飲むことができるコーヒーです。

 

Rooffeeは、北欧の野生植物の根を原材料に作られた添加物フリーかつカフェインフリーのコーヒーで、食欲抑制効果があるためダイエット中のペットに最適です。Rooffeeはいわば、ハーブコーヒーで、タンポポやチコリ、ニンジンの種など5種類の植物の根から作られています。

 

Rooffeeにはダイエット効果だけではなく、心臓を強くし、皮膚と被毛をより健康に保つ効果があります。また、消化器官に優しく、免疫力アップを期待できます。安全性の高いコーヒーではありますが、Rooffeeを愛犬に飲ませようと思う場合には、かかりつけの獣医師に事前に相談することをおすすめします。

 

関連記事:デカフェで注目!チコリコーヒーとは? 効能や作り方と飲み方

もしかすると製品名が変わるかも

この製品がプレスリリースで発表されたとき、「Rooffies」と聞こえたため、その場が凍り付いたんだとか。実はRooffiesとは睡眠導入剤のことで、デートレイプドラッグの一種です。当然ながら、このコーヒーには睡眠導入剤としての作用はなく、デートレイプドラッグでもありません。

 

原材料である「Roots」と「Coffee」を掛けあわせて、「Rooffee」という製品名に決定したと開発者のAgota Jakutyteさんは説明しています。イギリスを拠点に活動するAgotaさんは、Rooffiesのことをまったく知らずにRooffeeと命名してしまったと後悔しています。

 

いまのところRooffeeという製品名ですが、やはり製品名を聞いて「ギョッと」驚く人が多いとのこと。このままでは将来的に製品の売れ行きに影響することが考えられるため、別の製品名に変更しなければならない、とAgotaさんは述べています。

 

「あれ? 将来的に? 」と不思議に思った方、ご名答です。残念ながら、Rooffeeはまだ世間一般での販売はされていません。しかし、すでにプレスリリース済みの商品ですから、愛犬と一緒に朝のコーヒータイムを楽しめるようになるのも、そう先のことではないでしょう。

犬にカフェイン入りのコーヒーは絶対にダメ

たとえ愛犬があなたの飲んでいるコーヒーを欲しがったとしても、絶対に与えてはいけません。わたしたち人間には、やる気を出させ、眠気を追い払い、シャキッとさせてくれるカフェインですが、犬たちにとっては危険なものです。

 

もしもどうしても愛犬と一緒にコーヒーを飲みたいというのであれば、犬のために開発されたというRooffeeの一般販売を待ってみてはいかがでしょうか。

 

参照サイト:https://www.huffpost.com/

コーヒー, 知識の関連記事
  • cafe
    【コーヒーの基本マナー!?】カップに注いで飲むだけがコーヒーじゃない!
  • 酸味?コク?香り?コーヒー豆の種類について知る
  • マグを持つ女の子
    グリーンコーヒーでダイエット!痩せる飲み方の5つのポイント
  • 世界一のコーヒー豆はブラジル産!?おすすめはアラビカ種で中挽き!
  • マグカップ
    【おすすめ商品10選】コーヒーカップじゃ物足りない人へ!『マイ・マグカップ』始めませんか?
  • 【クールなビジュアル×マイルドな味わい】今注目のブラックラテとは?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事