ラッセルホブス_ケトル温度調整

2020年10月1日より、ラッセルホブスから温度調整機能付きケトル『T ケトル7106JP』が発売されることが決定いたしました。

それに際して、商品を提供していただいたので早速使用してレビューしていきます!

 

ラッセルホブスの人気ケトルといえば、この形。

 

ラッセル_従来のモデル

 

武骨なデザインが人気のケトルです。

 

しかし、今回新しく出るケトルは、ラッセルホブス従来のモデルとは大きく異なる、日本の伝統的な『やかん』の形

 

 

果たしてどんな使い心地なのか……

7段階の温度調整もできるとのことで、ワクワクしながら試していきたいと思います!

【レビュー】ラッセルホブスの新型ケトル『T ケトル7106JP』の使い心地はいかに

早速、ラッセルホブスの新型ケトル『T ケトル7106JP』を使用してレビューしていきます!

 

ラッセルホブス_ケトル1

 

カラー展開はホワイト・ブラックの2色。

 

今回提供していたいたのは、ブラックカラーのもの。

容量は600ml、日常で使いやすいサイズ感です。

 

光沢感の無いマットな質感がおしゃれ。

 

ラッセルホブス_温度調整部分

 

こちらはケトルを載せる部分。

ディスプレイ付きで温度調整が可能になっています。

 

ラッセルホブス_ケトル設置1

 

ケトルのお尻部分と設置部分はストレスなく接続することが可能

毎日使う物だからこそ、このあたりの操作感は意外と大切。

 

ラッセルホブス_間口

 

まず、以前のものよりも使いやすいと思ったのは、間口が広くなっているところ。

蛇口からダイレクトに水を注ぐのがとても楽になっています。

 

ラッセルホブス_パッキン2

 

また、蓋はパッキンタイプなので緩まることなく、安心して使えそうです。

 

ラッセルホブス_パッキン3

 

隙間なくピタッと蓋が閉まっていて気持ちが良い。

従来のタイプも締まりは良かったけど、少しハマりづらかった印象があるのでこれは大きな改善点。

 

ラッセルホブス_ケトル電源

 

電源を入れてみると可愛らしい音とともにディスプレイが点灯

ディスプレイ箇所が青白く照らされていてカッコいいです。

 

もちろんタッチセンサーで、センサーの反応も◎

ボタンを押すたびに音が出てうるさい!と感じる方は、ミュート機能もあるのでご安心を。

 

ラッセルホブス_ケトル温度調整

 

温度調整は、50・60・70・80・90・95・100℃の7段階の設定が可能。

 

コーヒーを淹れるのに最適といわれている90、95℃が設定できるのもありがたいですね。

そのほか、紅茶(100℃)、煎茶(80℃)、玉露(60℃)、白湯(50℃)といった飲み物を快適に淹れることができそうです。

 

少しだけ希望を言うと、ディスプレイの操作がもう少しわかりやすいと良いかな……と思いました。

 

ラッセルホブス_ケトル持ち手

 

持ち手の部分は熱くなりません

やかんタイプのものは取っ手部分が熱で熱くなってしまうイメージがありますが、『T ケトル7106JP』は問題なさそう。

 

ラッセルホブス_蒸気

 

ただ、蒸気が出る箇所と、ケトルの側面は熱くなるので注意が必要です。

 

ケトルを持った感想としては、従来の縦に長いタイプよりも重心が下にあるため、持つのが楽な気がします

女性の方はこちらの形のほうが使いやすいのではないでしょうか(サイズ的にもコンパクトで可愛い!)。

 

ラッセルホブス_ケトル注ぎ口

 

口の部分も適度な細さで、汎用性が高く、使いやすい

お湯の量も調整しやすく、コーヒーの抽出はもちろん、インスタントラーメンなんかを作るときでもストレスなく使えそうです。

 

 

しかも保温機能も付いているので、お湯が冷めてしまったからもう一度沸かしなおし……なんてこともありません。

 

ラッセルホブス_保温機能

 

電源をつけっぱなしで出かけてしまった!!…なんて時のために、自動電源オフ機能も

忙しい方、おっちょこちょいな方には持って来いの商品ですね(笑)

『T ケトル7106JP』の商品スペック

『T ケトル7106JP』製品仕様
〇品名・型番:T ケトル ブラック・7106JP-BK T/ケトル ホワイト・7106JP-WH
〇本体価格:12,000円+税
〇電源:100V 50/60Hz
〇消費電力:800W
〇サイズ本体:W19.5×D13.5×H20.5cm
〇サイズ台座込:W20.5×D18.5×H23.0cm
〇重量本体:760g
〇重量台座込:1200g
〇コードの長さ:0.7m
〇材質:ステンレス
〇容量:600ml
〇発売日:2020年10月1日
私自身、従来のケトル(1Lタイプ)を愛用していましたが、こちらに浮気しそうなぐらい使いやすい
これからケトルを買おうと思っている人は、ぜひ検討してみてくださいね!
created by Rinker
ラッセルホブス(Russell Hobbs)
¥12,000 (2020/10/31 18:18:59時点 Amazon調べ-詳細)
関連キーワード
ニュース, 商品紹介の関連記事
  • 安納芋パフェ
    「ほろ酔い芋パフェ」新感覚の大人パフェがシュガーマーケットに期間限定で登場!
  • 「パンとエスプレッソと」のムー専門店が浅草ミズマチに6月25日オープン!
  • 川栄李奈
    川栄李奈さん登場!回転スイーツカフェ「MAISON ABLE Cafe Ron Ron」が原宿にオープン!
  • 【内側から輝く美しい私を創る】オーガニックカフェTHE BOWLがリニューアル FOOD×YOGA×ETHICALがテーマの『THE_B』誕生!
  • 創業120年の老舗がカジュアルな「日本茶カフェ」 虎ノ門・新橋エリアにOPEN

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう