カスタマイズできるKeep Cup

全世界でさまざまな環境問題への取り組みがおこなわれていますが、コーヒー業界でも使い捨てカップを減らそうという動きがあります。実は、使い捨てのコーヒーカップは、ほとんどがリサイクルされないという事実をご存知ですか?
 
欧米諸国のカフェでは、マイカップを持参した方に割引をしたり使い捨てカップの有料化を検討したりして、使い捨てカップを減らす対策を少しずつ始めています。
 
今回ご紹介したいのは、世界65か国で使用されているオーストラリア発のコーヒータンブラー『Keep Cup』。地球にやさしくおしゃれなKeep Cupの魅力について、早速見ていきましょう!

 

関連記事:テイクアウト用コーヒーカップも再利用の時代!【リカップ(RECUP)】

関連記事:“コーヒーかす”から生まれたタンブラー KAFFEEFORM.『WEDUCER CUP』

デザインと目的がコーヒーラバーの心を掴むKeep Cup

View this post on Instagram

 

KeepCupさん(@keepcup)がシェアした投稿 -


Keep Cupは、メルボルンでカフェを運営していたオーナー夫婦によって作られたコーヒータンブラーです。始まりは1998年にさかのぼり、毎日大量に出る使い捨てカップのゴミに頭を悩ませて、エコにつながるタンブラーを商品化しました。
 
2007年には従来のカップを改良して、デザイン性を加えたKeep Cupを生み出すことに成功。カスタマイズが自由にできるコーヒータンブラーは、他にはないデザイン性とオリジナル性、環境問題への取り組みもあり、多くのファンの心を掴みました。
 
今では、世界各国で愛されるコーヒータンブラーとして人気を集め、毎日何百万個もの使い捨てカップのセーブを実現しています。Keep Cupは、一人ひとりの行動が大きな違いを生み出すというコンセプトをもとに、使い捨てカップフリーを目指すブランドです。

Keep Cupのカスタマイズ方法!自分だけのタンブラー

View this post on Instagram

 

KeepCupさん(@keepcup)がシェアした投稿 -


Keep Cupは、自分の好きなようにカスタマイズできるので、オリジナリティあふれるエコタンブラーが作れちゃいます! ここでは、Keep Cupのデザイン方法をくわしくご紹介。毎日飲むコーヒーだから、おしゃれにアレンジして自分だけのKeep Cupを持ちたいと思いませんか?
 
公式ウェブサイトでは、シンプルな手順でカスタマイズ・注文できるようになっています。人気の組み合わせカラーのKeep Cupは、ワンボタンで選ぶことも可能です。オリジナルタイプのKeep Cupのカスタマイズの手順については、以下を参考にしてくださいね。
 
1. カップのタイプを選ぶ
 
タイプはBREW、BREW CORK、ORIGINAL、CLEAR、LONGPLAYの5種類から選べます。カップを選ぶと画像が出てくるので、カスタマイズを間違えることはありません。また、プラスチック素材のカップはBPA / BPS フリー、ガラス素材はカドミウムフリーなど、安全性にも配慮されて作られています。
 
2. サイズを選ぶ
 
ORIGINAL(オリジナル)を選んだ場合、5種類のサイズが選択できるようになっています。118ml、177ml、227ml、340ml、454ml、お好みのサイズを選びましょう。また、Keep Cupは世界のバリスタ基準の規格に合わせて製造されているので、海外旅行にも持参できます。
 
3. カップの色を選ぶ
 
カップ本体の色が選べるようになっており、好みの色を選択するとカップ画像の色も変わるので、イメージを比較しながらカスタマイズできます。
 
4. バンドの色を選ぶ

View this post on Instagram

 

KeepCupさん(@keepcup)がシェアした投稿 -


Keep Cupは持ちやすいようにバンドが付いており、バンドも色が選択可能です。
 
5. フタの色を選ぶ
 
カップの色やバンドの色とのバランスを考えながら、フタの色を選びましょう。
 
6.プラグの色を選ぶ
 
プラグは飲み口の穴を開閉するためのもので、こちらも色をカスタマイズできます。
 
7. 数量を選ぶ
 
注文したい数を選べば、自分だけのKeep Cupのできあがり!

Keep Cupはどこで購入できる?公式サイトの価格

View this post on Instagram

 

KeepCupさん(@keepcup)がシェアした投稿 -


オーストラリアの公式サイト(英語)から注文して、送料はかかりますが日本に送ってもらうことが可能です。ちなみに177mlのオリジナルカップを一つ注文すると、商品のみで※12ドル(オーストラリアドル)になります。送料については住所を入力すると表示されるシステムになっており、日本への送料は14ドル~が目安です。
 
Keep Cup
https://au.keepcup.com/
 
また、アマゾンでKeep Cupと検索すると、いくつかの商品がヒットします。カスタマイズはできませんが、自分から公式サイトへ注文するのが不安な方は、アマゾンからも購入可能です。

 

※12ドル = 約1,000円(2018年11月現在)

世界が注目するKeep Cupをゲットしよう!プレゼントにもおすすめ

View this post on Instagram

 

KeepCupさん(@keepcup)がシェアした投稿 -


Keep Cupは、まだ日本では手に入りにくいため、コーヒー好きの方へプレゼントしても喜ばれることはまちがいありません。カフェでコーヒーを飲むのが日課の方は、Keep Cupを手に入れて、環境にも配慮したコーヒーライフを送りませんか?

 

おしゃれなコーヒータンブラー・Keep Cupを自分好みにカスタマイズして、いつでも持ち歩きましょう!

 

関連記事:【珈琲がお得に飲める】コーヒータンブラーの割引紹介とおすすめ商品は?

関連キーワード
  • 逆に新鮮!?最近話題のレトロで渋い"純喫茶"のススメ
  • “アイスコーヒー”は日本の文化?
  • カフェイン
    【飲み過ぎダメ絶対!?】ブラックインソムニアコーヒーに迫る
  • コーヒーを女性に例えると…? コーヒーメニューに想像力を働かせてみた件
  • 【資格】コーヒーが美味しくなるプロの仕事!バリスタの職業とは?
  • coffee
    【栽培・収穫・精製・焙煎】たった1杯のコーヒーができるまでの物語

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
カフェっ子リカちゃん
会社の近くにできたカフェ。 朝、コーヒー片手に出勤すると同僚たちがやけに増えたと思っていたら なるほど。このお店の影響ね。? 私も早速行...
カフェっ子リカちゃん
今年のGWは天気の良い日が続きましたね。 最高で9連休だっていうんだから、あぁうらやましい限り。 そんなに休めない私は、まぁ少しでもGW気...
カフェっ子リカちゃん
恋愛に限らず、人間関係において「信頼関係」ってかなり重要。 相手を信じられるか否か。そして、相手も自分を信じてくれているか否か。 それっ...