カフェイン

突然ですが、あなたはコーヒーを飲みすぎて体調を崩したことはありますか?

私は何度も経験しています。コーヒーショップを渡り歩いた時や、エスプレッソのショットを何度も何度も調整した時、退屈な長い会議をコーヒーでごまかそうとした時などなど。

 

あの二日酔いともまた違う、だるくてフラフラする感覚はあまり体験したいものではありません……。

これは、コーヒーに含まれる「カフェイン」によるもの。もはや誰でも知っている有名な成分ですよね。

 

そんな私の耳に、cafend編集部からの「ブラックインソムニアコーヒーって知ってる?」というタレコミが。今回はコーヒー業界をやんわりと震撼させた、その超カフェイン過多コーヒーをご紹介します。

『ブラックインソムニアコーヒー』ヤバめのカフェイン濃縮コーヒーとは一体?

『ブラックインソムニアコーヒー』直訳すると「黒い不眠症のコーヒー」という不穏な名前のこの製品は、南アフリカにて生まれました。

 

世界で一番カフェイン含有量の多いコーヒーという称号を手にした、かなりトガったプロダクトです。

 

メーカーサイトにて、「安全なレベルを超えている」とまで謳う、超ストロングコーヒーの新進気鋭ロースター。気になるカフェイン含有量は、メーカー公称でコーヒー100mlあたり約198mg。

 

ちなみに、文部科学省の「五訂日本食品標準成分表」によると、レギュラーコーヒーのカフェイン含有量は100mlあたり約60mgとのことなので、なんと3倍以上ものカフェインがこのブラックインソムニアコーヒーには含まれていることになります。

 

「CAFFEINATED」、つまりカフェインを増やすことを目的としたプロダクトなのですが、ブラジルやエクアドル、グアテマラやルワンダなどの高品質な豆をブレンドし、ナッツの風味や甘みを引き出しているそう。そのカフェイン増強方法などは公開されていません。

 

ブラックインソムニアコーヒーが製品化する前までは、カフェイン世界一の称号は「デスウィッシュコーヒー」が持っていました。こちらは直訳すると「死にたがりのコーヒー」という意味だそう……

 

実際に『ブラックインソムニアコーヒー』を飲んだ人の感想は?

味よりもカフェイン量にフォーカスした商品なので、気になるのは飲んだ人の感想ですよね。

海外twitter上では実際に飲んだ人がこんなツイートをしており、お気に入りだという人もたくさん。

 

みなさん、眠気覚ましとしてかなり効いている様子です。

その一方、カフェインには身体的リスクがあるとの意見のツイートもありました。

 

 

日本で実際に飲んでみた人からは、味については「案外、普通のコーヒー」「癖がなく、まろやかで美味しい」という意外な意見が見られました。人によっては後味に癖を感じる様子で、ロブスタ種の苦味に近いとのことです。ロブスタ種には比較的カフェインが多く含まれるので、この口コミには納得。

 

全体的に名前ほどトガったような意見は見られないので、日常的にコーヒーを好む人には「ちょっとストロングなコーヒー」程度のテイストなのかもしれません。

 

これ1杯でアウト!? カフェインの許容摂取量について

実は、日本ではカフェインを1日に摂って良い量は規定されていません。

 

欧州食品安全機関(EFSA)によると、健康な成人が摂って良い量は、体重によって違います。

参考:欧州食品安全機関(EFSA)、カフェインの安全性に関する科学的意見書を公表

 

その量は、体重40kgの人は1日228mg、体重60kgの人は1日342mg

 

ブラックインソムニアコーヒーは100mlで198mgのカフェインを含んでいるので、200ml、つまりマグカップ一杯で1日に飲んで良いカフェインの量を超えることに。

 

カフェイン中毒の症状は、軽度なものでは興奮や不眠、顔面紅潮、悪心、頻尿、頻脈など。重症になると錯乱や不整脈など様々な症状を引き起こし、稀に死亡例もあるというものです。

 

先ほどの規定量を超えると誰でもすぐにカフェイン中毒になるということではありませんが、カフェイン不耐症の人は一杯でも危険な可能性も。

 

くれぐれもブラックインソムニアコーヒーを飲んでみようという方は飲み過ぎに注意してください。

 

カフェイン

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイト:ブラックインソムニアコーヒー

 

 

 

頭が痛い時にコーヒーは大丈夫?頭痛のタイプを見極めてカフェインを摂る!

コーヒーのカフェインは風邪に効果あり?風邪のときの効果的な飲み方

ホント?コーヒーのカフェインが炎症になるリスクを低くする。

これホント?コーヒーのカフェインが日本人には効かないはなし

 

関連キーワード
  • 私たちがフェアトレードコーヒーを買って飲むメリットについて
  • 『レジェンドたちの味覚流儀』 コーヒーと料理の化学反応を体験【後編】
  • 【コーヒーの歴史】サードウェーブコーヒーの本当の意味と味とは
  • ネタバレ『本・コーヒーが冷めないうちに』あらすじ&超辛口個人的感想・レビュー
  • 渋谷変なカフェ
    馴れ馴れしい接客無し! というより従業員無しの『変なカフェ』に行きました。
  • 意外や意外のくり返し!日本のカフェの歴史とは

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事